元営業マンが語る!仲介手数料を値引きする方法まとめ




仲介手数料はなんと高いことか?!と思ったことがある人もいるのではないでしょうか。そんな家計を悩ます仲介手数料を値引き方法のまとめを今回はご紹介していきます。

仲介手数料を値切って安くする方法はあります!この記事では仲介手数料を諦めずに値引き方法を探している人にオススメの記事です。

裏技!中古売買で仲介手数料以外に諸費用を安くする方法!

2019.11.27

仲介手数料が値引きできないのは嘘

仲介手数料を値引きしたいと思った時に、「そんなことは無理ですよ!」と不動産会社に言われて、諦めてしまう人もいるかもしれません。中には、良い不動産会社の営業マンであれば、仲介手数料を安くすることができる不動産物件を親切に教えてくれるかもしれません。

ただ、不動産会社からすると、仲介手数料は会社の重要な売上源となるので「安くすることはできません!」と言われてしまい、仕方なく納得して仲介手数料を満額支払う人も世の中にはたくさんいます。

事実、仲介手数料は不動産会社からすると、売上となるため値引きはしたくないのが本音です。

でも声を大にしてお伝えすると、仲介手数料が絶対に値引きできないというのは嘘だということです。

私自身、不動産営業を行っている時に、仲介手数料を値引き交渉を持ちかけられた時に、安くしてあげることはありました!その私がどうすれば値引きすることができるのか、その方法をお教えします!
もし、問い合わせをした不動産会社だけが知りうる物件で、他の不動産会社が仲介できないような物件であれば、無理となるかもしれません。

仲介手数料が値引きできないのは嘘!値引きを最大無料にできるオススメ方法!

2019.06.08

どうして値切れないと思う人がいるのか

  • 不動産会社が交渉に応じてくれないから
  • 周りが仲介手数料を支払ってきているから

仲介手数料を値引きする、しないでは出費に差が出る!

不動産の仲介取引をする場合、仲介手数料は契約時にかかる諸費用の中で高額な費用を占めます。賃貸の場合であれば、家賃の1ヶ月、売買であれば取引価格の3%以上と高額になります。特に売買で3000万円の契約を行うと、約100万円の仲介手数料がかかります。

賃貸でも売買でも不動産取引は一大イベント!その一大イベントにかかる費用の中で仲介手数料は大きな金額となるのです!
仲介手数料の上限が賃貸と売買契約でそれぞれ定められていますが、多くの不動産会社は上限目一杯に仲介手数料を請求することが多いです。

家計の出費を抑えるなら仲介手数料を値引きするのが賢明

仲介手数料は、賃貸では契約にかかる諸費用のうち3分の1~6分の1程度を占めることがあり、売買仲介では取引価格の3%に消費税がかかります。その金額はなかなかのものです。もし、家計の出費を抑えるなら仲介手数料を値引きすることができれば、家計が助かるはずです。

特に売買では3000万円に対する仲介手数料が約100万円で、10%でも割引できれば10万円の節約をすることが可能です。このように仲介手数料を安くすることは家計に大助かりになるのです!

仲介手数料を交渉して値引き方法とは

仲介手数料を値引きには、できるだけ不動産会社に対して失礼がないようにしてもらいたいと思っています。なぜなら、交渉ごとにおいて相手に失礼と感じるような印象を与えてしまうと、気持ちよく仕事をして貰えず対応が悪くなってしまう可能性があります。

特に不動産売却の場合、売却活動から引き渡しまで長い期間お付き合いをしていくものなので、その間よい買い主を探してもらうために協力的にしてもらうためにも、失礼がないように仲介手数料を安くする方法を実行してもらいたいと思っています。

仲介手数料を値引きする方法①:仲介手数料が最大無料の不動産会社に依頼する

仲介手数料無料の不動産会社は存在する!

仲介手数料を支払わなければいけない中で、信じられないかもしれませんが仲介手数料を最大無料にしてくれる不動産会社が存在します。

仲介手数料を無料にできる物件とできない物件がある点に注意してください!ただ、他の不動産仲介会社よりは値引きをしてくれる可能性が非常に高いです!

以下の不動産会社は仲介手数料を最大無料もしくは値引きをしてくれる会社です。

値引き交渉が不要な不動産会社

★★★仲介手数料無料のスターフォレスト

スターフォレストは、仲介手数料無料の不動産会社で首都一都三県と幅広いエリアを対応しています。経費削減の工夫とお客様のサービスという独自の特長で仲介手数料無料を実現しております。キャンペーン無しで仲介手数料無料のサービスを実現しております。

スターフォレストはこんな人にオススメ
  • 他社で紹介された物件が仲介手数料になるか知りたい・・・
  • 仲介手数料無料の物件を紹介してほしい・・・
  • 仲介手数料だけじゃなく、物件価格も交渉してほしい・・・
仲介手数料 無料
※取扱物件に限る
対応種別 マンション、戸建、土地
対応エリア 東京、埼玉、千葉、神奈川
オススメ度 ★★★
中にはサイトでは公開されていない物件も仲介手数料無料にすることができる可能性があります。検討している物件が仲介手数料安くなるかどうか相談しましょう!

仲介手数料を値引きする方法②:売買の不動産仲介会社で交渉不要で値引きする方法

仲介手数料を安くしてもらうために、値引きするには直接交渉を持ちかけることで下げられるかもしれませんが、交渉に応じない不動産会社や実際は交渉が苦手な人もいるので、うまくいかないケースがあります。そのため、交渉が不要で仲介手数料を値引きする方法があると助かるのではないでしょうか。

下記記事では、交渉不要で仲介手数料を値引きする方法を紹介しています。

え、こんなに?dエンジョイパスで仲介手数料の値引きできる仲介会社と方法は?

2019.07.20

無料にするなら新築戸建てが有望

仲介手数料を無料にしたいなら、新築戸建てがオススメかもしれません。新築戸建てで、不動産会社が売主になっている場合、仲介手数料が無料、もしくは交渉をすることができるかもしれません。

下記記事で紹介している不動産会社は、新築戸建てで仲介手数料を無料にしてくれる不動産物件をたくさん持っております。既に契約したいお部屋が決まった状態であっても無料で仲介手数料の相談が可能です。

住宅本舗の一括審査が危険は嘘!真の価値はプロに負けない住宅ローン探しの機能にあり!

2020.07.21

住宅ローン借り換え代行とは?返済額軽減で家計見直しできるって本当?!

2020.05.05

注文住宅の住宅ローンで使うつなぎ融資の探し方と資金計画の無料相談方法

2020.04.28

ガス料金高いと思ったら…最安値を見つけるガス料金比較サービスを利用しよう!

2020.03.27

平屋の間取りを知りたい人向け!お洒落な平屋住宅事例をまとめてみました!

2020.03.25

仲介手数料を値引きする交渉タイミングはいつがベスト?!

タイミングはいつがいい?

仲介手数料を値引きするタイミングを図る前に、まずは入居もしくは契約したい物件が決まっている状態が必要です。まだ、お部屋が決まっていないのに、交渉をしても有効とは言えません。なぜなら後もう少しで決めてくれそうだ!という状態のだからこそ、営業マンとしては契約を優先するでしょう。まずは、お部屋が決まっていることが前提条件です。

直接の交渉が心の中で決まっているのであれば、下記の記事を見て交渉タイミングを勉強して見ましょう!

売買の仲介手数料を交渉で値切るタイミングはいつが効果的?そのテクニックとは?

2019.04.15

仲介手数料は大手ほど交渉しづらい点に注意

仲介手数料を交渉するにあたって、大手であればあるほど仲介手数料の交渉は難しい可能性が高いです。

なぜなら、仲介手数料の値引きを行うにもかなり上層部の決裁が必要であると共に、会社としてルールが決まっているケースが多いからです。

そのため、会社規定の仲介手数料を支払わなければならないことが多いです。ただ、この記事で紹介しているdエンジョイパスで、仲介手数料を割引すると大手であっても仲介手数料を抑えることが可能です。

大手不動産の仲介会社で仲介手数料を値引きしたいと場合は下記の記事を参考にしてみてください。

不動産売却の仲介手数料値引きにはデメリットがある?

不動産売却を行う場合で仲介手数料を割引とするには注意が必要です。なぜなら仲介手数料値引きが前提だと、売却活動に積極的になってくれない可能性があります。

購入に比べて、売却活動は不動産会社からしても広告宣伝活動もすることになりますから、嫌がる可能性があります。その点も含めて交渉が不要です。

売却向け業者紹介あり!仲介手数料無料のデメリットとメリットを徹底解説!

2018.04.21

まとめ

仲介手数料を値引きする方法は、たくさんあります。直接交渉をする方法や、仲介手数料が最初から割引となる会社に相談、もしくはdエンジョイパスの会員特典を利用して、規定の仲介手数料を割引にする方法があります。どの方法が一番自分に適しているか考えた上で不動産会社との付き合いを行うようにしましょう。

仲介手数料無料の関連記事

裏技!中古売買で仲介手数料以外に諸費用を安くする方法!

2019.11.27




ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!