ゼロキューブ(ZERO-CUBE)の耐震等級は?購入者が回答します!

ゼロキューブ(ZERO-CUBE+FUN)が欲しい!けど、地震に強い家でないと不安という事からゼロキューブの耐震等級について知りたいと思う方は多いのではないでしょうか?

ここでは私がゼロキューブ(マリブ)購入する際に確認した「ゼロキューブの耐震等級」について聞いた事や調べた事など情報を発信出来たらと思います。

ゼロキューブの耐震等級についてはネット上で色々と書かれているが、もうこの記事で終止符が打たれるのか…「オラ、ワクワクすっぞ!」と思って頂けたら嬉しいです!
注意事項について
この記事では、あくまで私がゼロキューブ(マリブ)を購入した時の内容となります。工務店様やゼロキューブの商品(性能)がアップデートされた場合には当てはまりません。予めご了承いただけると助かります。

そもそも耐震等級とは?

まず、耐震等級と呼ばれる性能表示項目について説明します。耐震等級とは地震に対する構造躯体(建物)の倒壊、損傷のしにくさを等級1から3に分けて表示するものです。最も倒壊や崩壊がしにくいとされるのは耐震等級が【3】と表示されます。

耐震等級が【1】と認定された建物が地震に対して貧弱なのか…というと実はそんな訳ではなさそうです。

ごくまれに(数十年から数百年に一度程度)発生する地震の強さ(スケール)が建築基準法に設けられているそうで、耐震等級が【1】の建物はこの【建築基準法で定められている数十年から数百年に一度程度発生する地震に耐えられるもの】と判断されます。

そのような観点から、耐震等級についてまとめてみると以下のようになります。

耐震等級1
耐震等級2
耐震等級3
建築基準法で定められている数十年から数百年に一度程度発生する地震に耐えられるもの
建築基準法で定められている数十年から数百年に一度程度発生する地震の1.25倍に耐えられるもの
建築基準法で定められている数十年から数百年に一度程度発生する地震の1.5倍に耐えられるもの

いかがでしたか?耐震等級とは数十年から数百年に一度発生すると想定されている地震について、それぞれ建築基準法を基に対象の建物がどれくらい強度を持っているのかを表した指標という事がお分かりいただけたと思います。

そう考えると、もちろん耐震等級が【3】の建物が地震に強いという事にはなりますが、耐震等級が【1】でも悪い事ではありませんよね!

ゼロキューブの耐震等級は3?それとも2?

耐震等級の概要について理解頂けた上で、本題のゼロキューブの耐震等級についてお話させて頂きます。

インターネット上では「ゼロキューブの耐震等級は3だった」「建築を担当する工務店からは耐震等級2と伝えられた」といったように様々な情報が掲載されていましたが、実際はどうなのでしょうか?

ゼロキューブの耐震等級について長い論争(?)があったが…それも今日で終わりにしよう!

我が家のゼロキューブは耐震等級2だけど1…

えっ!?と思う方がいらっしゃるかもしれません。そうなんです。我が家のゼロキューブ(マリブ)は書面上の耐震等級が【1】となっています。

ここから先は私が工務店の方と話した事をまとめます。

ゼロキューブの耐震等級について

ゼロキューブの耐震等級は本来であれば耐震等級【2】の性能を持っています。ただし、当社では耐震等級を計算する構造計算を行っていないので耐震等級【1】とさせて頂いています。
構造計算を行えば、耐震等級【2】と証明が出来るのですが、構造計算を行うだけで約30万円から50万円のコストが発生します。
耐震等級【2】を証明出来れば地震保険が20%~30%割引となりますが、トータルで考えるとマイナスになります。
当社としては、なるべく費用が発生しないようにご提案するといった観点から耐震等級を【1】とさせて頂いています。

つまり、ゼロキューブ自体は耐震等級が【2】だけれども、それを証明するとお金が掛かるのでしていません。という事でした。むぅ…それって良いのか悪いのか…(笑)

建築を行う工務店によって異なる事に注意!

注意しなければいけない事はゼロキューブの家は全て耐震等級が【2】という訳ではないという事です。

ご存知の通り、ゼロキューブはゼロキューブに加盟している各工務店様が建築を行います。

従って、各工務店様が地震に強い家づくりを得意とされている場合、任意で耐震等級が【3】となるゼロキューブづくりをされている事があります。これが、インターネット上でゼロキューブの耐震等級が【3】だったと記載されている理由の1つです。

ここが凄いよ!ゼロキューブの耐震性

ゼロキューブの耐震等級について、説明させて頂きましたがいかがでしょうか?

実はゼロキューブは耐震性がある(と言われている)とされています。そのゼロキューブの耐震性について、いくつか紹介させて頂きます。

地震に強い家づくりを望んでいる方はきっと多いはず。そんなみなさんにゼロキューブの耐震性についてお伝えします。

2×4(ツーバイフォー)住宅のメリット

2×4(ツーバイフォー)住宅とは木造住宅の建築方法で「木造枠組壁工法」に分類される工法です。

平たく言うと、箱を組み合わせて作り上げるのがツーバイフォー住宅の特徴です。

また、古くから日本の建築工法である「木造軸組工法」と決定的に違うのが、木造軸組工法がいくつもの柱(線)で家づくりを行うのに対して、ツーバイフォー(木造枠組壁工法)が面(壁)で家づくりを行うのが決定的な違い。

この「線」より「面」で家づくりを行うツーバイフォー住宅は、その強度の高さから耐震性も強いと言われています。

火災保険も安くなる!

そして、このツーバイフォー住宅は壁の室内側には石膏ボードを貼り、屋外側は不燃材を利用する事で、防火性能も高いのがポイント。

ツーバイフォー住宅であるゼロキューブは省令準耐火構造となり火災に強い構造から火災保険も割引対象に!

実際に火災保険に加入する際もツーバイフォー住宅であるゼロキューブは「省令準耐火構造」により火災保険における2番目に防火性能が高い「T構造(耐火構造)」として割引を受ける事が出来ました!やっぱり割引って嬉しいです(笑)

いかがでしたか?今回はゼロキューブの耐震等級について説明をさせて頂きましたが、ゼロキューブの耐震性能だけでなくツーバイフォー住宅における防火性能もある事は初めて知った方も多いのではないでしょうか?

地震や災害に強い家づくりを行う事で、長年にわたり家族を守ってくれる家づくりを行う事が出来ます。

シンプルながら住む人の希望も叶えるゼロキューブですが、耐震性や防火性能も満足が高い家づくりを行う事ができますよ!

是非、ゼロキューブでみなさんの夢を叶えてくださいね!


たった60秒の手間で50万円以上も差が出る!?
住宅ローン一括審査サービス利用のススメ!

ゼロキューブ購入に切っても切れない「住宅ローン」ですが、知識不足や準備不足により、住宅ローン契約が終わってから後悔したことがある方が多数!
そんな後で後悔しないように我が家が利用したサービスが【住宅ローン一括査定サービス】です。
忙しい方や後で後悔したくない方にお勧めのサービス!是非利用していただいて少しでもお得にゼロキューブを購入してくださいね!

60秒の作業で金利の支払額が50万円も差が!?やらなきゃ損!住宅ローン一括審査のススメ

2018.06.12

ABOUTこの記事をかいた人

住宅王に俺はなる!

つい最近一戸建てを購入。家を購入してからの口癖が、某有名海賊マンガを意識して「住宅王に俺はなるっ!」。家を建てるという事は、大海原に冒険に出るようなもの。その冒険にはいろいろと準備が必要ですよね?そのやり方を実際の経験を生かしてお伝えします。「オラ、ワクワクすっぞ~!」 あれっ!?それはまた別のキャラクターでは…