クレジットカードが住宅ローンの審査で影響があるポイントを解説!




クレジットカードはキャッシュレス決済が当たり前になった今では、皆さん使っているものと思います。だからこそ、住宅ローンを申し込みたい人は注意が必要です。クレジットカードの支払いが住宅ローンの審査に影響が出てしまうことがあります。今回は住宅ローン審査で影響があるポイントを解説していきます。

住宅ローンの審査で影響があるクレジットカードの支払い方法

住宅ローン審査に関する質問で最も多いのが、クレジットカードの支払いに関する問題です。QRコードや電子決済等が当たり前になった今では、クレジットカードの利用が当たり前になっている人も多いはずです。そんな普段から利用しているクレジットカードがは住宅ローンの審査に影響があるでしょうか。

住宅ローン審査で影響がないのは「一括払い」や「ボーナス払い」

住宅ローンの審査において、クレジットカードの支払いの中で問題がないのは一括払いやボーナス払いです。たとえ食料品や洋服、居酒屋の支払いなど、支払いが多くて、毎月の利用額が200,000円を超えていたとしても、一括払いをしていれば住宅ローン審査に影響はありません。

審査で影響があるのは「リボ払い」「分割払い」「キャッシング」3つの支払い方法

違いは利息の有無クレジットカードの支払いの中で、住宅ローン審査に影響があるのは、リボ払い、分割払い、キャッシング払いの3つです。これらは住宅ローンの審査に影響がでます。具体的な審査の影響範囲は、住宅ローンの返済負担率によるものです。

不動産のミカタ
先程の一括払いとボーナス払いで大きな違いは、利息の有無です。一括払いやボーナス払いは利息発生するとみなされず、一方「リボ払い」「分割払い」「キャッシング」は利息がガッツリ発生するので、借り入れをしているとみなされます。

 

クレジットカードの支払い遅延は全て審査に影響が出る

住宅ローン審査においてクレジットカードの一括払いやボーナス払いは、住宅ローン審査に影響がないと言いましたが、支払いの引き落としができない、支払いを何度か催促されて遅れてしまうと言う前歴を作ってしまうと審査に影響が出ることがあります。

延滞した日数や回数、頻度によっては住宅ローンの審査に影響が出て審査に落とされてしまうこともあります。

 

クレジットカードによる住宅ローン審査の影響は返済負担率

審査に影響があるクレジットカードの支払方法は「リボ払い」「分割払い」「キャッシング」です。それらの支払い方法は利息発生するので、借り入れしているものとみなされます。借り入れしていることで住宅ローン審査に影響が出るのは返済負担率です。

普段の買い物をリボ払いや分割払い、頻繁にキャッシングをしている人はクレジットカードの利用履歴を審査でチェックされることになるので注意が必要です。リボ払いや分割払い、キャッシングをしている人の住宅ローンの返済負担率は、これから借りる住宅ローンの年間返済額とクレジットカードの年間支払い額を合算した上で審査されます。

つまり、住宅ローンの審査による返済負担率が金融機関の定める上限に収まらない場合は、住宅ローンで希望する金額が借りられなくなる場合があります。

返済負担率の影響は利用枠の上限になる

金融機関によって定め方は異なりますが、リボ払いは借り入れた金額ではなく、極度額いっぱいの金額を借りているとみなして計算している金融機関が多いです。例えば、炊飯器10万円をリボ払いで購入したら、上限借り入れ金額が50万だと、50万円を借り入れているものとして金融機関は審査します。

限度額50万でリボ払いの月々支払は毎月2万と仮定すると、年間の支払い額は24万です。この支払い額を住宅ローンの返済に置き換えると、700万を借り入れした場合に相当します。

毎月2万で700万の借り入れに相当するのは、かなりの影響範囲です。住宅ローンの返済負担率ぎりぎりまで借り入れしたい場合、クレジットカードの支払いがあることで審査に通らなくなってしまうこともあるのです。

クレジットカードの借り入れは返済するのが住宅ローン審査では無難

住宅ローン審査をする場合、審査に影響するクレジットカード支払いはできるだけ返すのが無難です。返済をすることで返済負担率を最大限に使うことが可能です。ただし、無理をしていきなり返済をするのは一旦待ってください!

頑張ってクレジットカードの支払いをがんばってしたものの、住宅ローン審査で落ちたら元も子もないので、まず先に住宅ローン審査に通ったらローン契約前にカードの借り入れを完済すると言う条件のもとで審査を受けてみましょう。

カードの支払いあろうが、返済負担率に問題ない人は審査も問題ない

勘がいい人なら分かると思いますがキャッシングやリボ払いや分割払いをどれだけ使っていようと、その返済額が返済負担率に影響が問題ないようであれば気にする必要はありません。

まとめ

クレジットカードの支払いは住宅ローン審査に影響及ぼすこともあります。ただカードの利用が多いからダメと言うわけではありません。あくまでも、返済負担率が規定の範囲に収まっているか、過去の返済履歴に延滞がないかと言うところが1番重要です。

 

 




あなたに最適な低金利住宅ローン探し

最新No.1金利 オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」


  • 最新版 No.1金利にて借り入れ
  • No.1金利がダメでも 次にベストなプランを提案
  • 人工知能(AI)を活用 35年間No.1金利をキープ


一括住宅ローンの審査申込「住宅ローン本舗」


  • 約80の銀行の中から最大6銀行に一括仮審査申し込で手間いらず
  • 金利・事務手数料・保障内容・総支払額で比較できる
  • 地元の銀行情報も掲載



ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!