売却向け業者紹介あり!仲介手数料無料のデメリットとメリットを徹底解説!

皆さんは売却したい不動産を不動産会社に依頼して、買主との成約に至った場合に発生する仲介手数料を知っているでしょうか。

仲介手数料は、不動産会社が売主と買主を見つけるにあたっての正当な報酬です。ただし不動産会社の中には、仲介手数料が無料になったり半額にしてくれたりする会社もいます。

単純に仲介手数料が安いことは、費用が抑えられるのでメリットですが、デメリットもあります。それは一体どんなものでしょうか?

今回は以外と知られていない仲介手数料を無料にすることのデメリットをお教えします!

取引時に仲介手数料の費用が安くなるなら、メリットしかないようですが意外な落とし穴があります!

そもそも仲介手数料とは?

そもそも仲介手数料とはなんでしょうか。

仲介手数料とは
住宅の売買や賃貸のときに売主と買主(大家と入居者)を結びつけた不動産会社(仲介会社)に支払う手数料のことです。

仲介手数料の上限額

仲介手数料には下記の上限額があります。この金額を持って取引が成立した場合に不動産会社は売主及び買主に請求することができます。

仲介手数料の上限
(物件価格×3%+6万円)×消費税

例えば、下記の金額で不動産が売れた場合の仲介手数料は次のようになります。

3,000万円で売れた場合
(3,000万円×3%+6万円)×消費税8%
103万6,800円
5,000万円で売れた場合
(5,000万円×3%+6万円)×消費税8%
168万4,800円
上記の計算式は、取引額が400万円を超える場合となります。
仲介手数料の金額って契約にかかる費用の中で、高い金額がかかるんですね!

仲介手数料無料ってどうしてできるの?

上記のように仲介手数料は、高い報酬となっていますが、不動産会社に取って大事な報酬源です。

では、なぜ仲介手数料を無料や半額と言った具合にすることができるのでしょうか?

そこには下記の3つの理由があります。

  1. 不動産会社が売却活動の際に行う手間を極力抑えると言った企業努力によるもの
  2. 買主から仲介手数料を頂く想定
  3. 単純な値引き(完全無料は除く)

何れにせよ、企業努力があるからこそ仲介手数料を安くすることができるのです。

ただし、その聞こえは非常のよく聞こえますがそこにはメリットばかりではありません。一方でデメリットもあるということをしっかり認識しておく必要があるのです。

売却時の仲介手数料無料のメリット

仲介手数料のメリットを念のためお浚いしておくと、売却する時の仲介手数料無料の最大メリットは、費用が抑えられることです。

これ以上のメリットはありません。

3,000万円の物件を売却する時の手数料は103万6,800円かかります。この金額は決して安くはありません。

これを抑えることができるのであれば、売り主様にとって費用負担が減ります。

売却の仲介手数料無料の業者

では、いったいどこの不動産会社が売却時の仲介手数料を安くしてくれるのかというと、そうそう多くの業者はありません。

下記の不動産会社が仲介手数料を安くしてくれます。

TVでも話題の仲介手数料無料REDS

では、以降に仲介手数料を無料もしくは安くしてもらうデメリットを考えていきましょう。

仲介手数料無料のデメリット

先ほども言ったように仲介手数料を無料や安くしてもらうことには必ずしもメリットばかりではありあません。そこには次のようなデメリットがあります。

デメリット①:売主の仲介手数料無料の場合、買主仲介手数料負担は確定的

不動産会社がもらう仲介手数料は、買主と売主それぞれから上限の仲介手数料をもらうことができます。

もし、売主が仲介手数料無料に惹かれてしまった場合、不動産会社は買主からもらわないと完全に赤字になってしまいます。

つまり、不動産会社からすると無料で取引を行うわけにはいかないので、売り主から貰えないなら買い主から貰うしかないわけです。

もし買主が仲介手数料を抑えて購入したいという場合には、お互いが仲介手数料を安くしたいがために、売買の成約が遠ざかってしまう可能性があります。

売買仲介では、売り主と買い主に別の不動産会社が存在することもあります。その2社が買い主からの仲介手数料を2社で折半する場合、不動産会社が成約に積極的にならない可能性があります。
逆を考えると、もし売主が仲介手数料を支払ってくれたら、買主の仲介手数料を少なくしてあげて購入意欲をあげることもできるかもしれないですね!
ただし、上記のような話は売主と買主の仲介を一社のみで行った場合によくあることです。もし、売主と買主を結びつけた不動産会社が二社あった場合の調整は難しく、それぞれが仲介手数料を払うことになるケースが多いです。

デメリット②:売却活動に積極的になってくれない!?

もし、仲介手数料無料や半額を常に行っている不動産会社であれば、スキームが出来上がっているので、心配する必要がないかもしれません。

逆に一般の不動産仲介会社に、仲介手数料の無料や半額にすることを強いるようにしてしまうと売却活動を積極的に行ってくれない可能性もあります。

もし、仲介手数料を払ってくれる売主さんと払ってくれない売主さんの不動産売却をお願いされた場合、どちらを一生懸命に売却活動をしてくれるでしょうか?

つまり、仲介手数料は不動産会社のバイタリティの源泉とも言えます。それを支払わずして売却活動がうまくいかない場合もあるということを理解しておく必要があります。

仲介手数料を貰える場合と貰えない場合では、不動産会社の時間のかけ方も違う可能性がありますね!

デメリット③:売却サポートが充実してない!?

おそらくこのデメリットが盲点かもしれません。

仲介手数料は成約に至らないともらえません。そのため、もらうためには精一杯売却活動をする必要があります。

そして、仲介手数料をもらうためには、売却活動を注力する必要があります。

ただ、仲介手数料が少ししか貰えないのであれば、その活動に時間を割く投資の制限がかかる場合があります。

ここに大きな落とし穴があります。

仲介手数料をもらえるかもらえないかで、売却活動にかけられる労力が変わってきてしまうのです。

スーモなどポータルサイトも広告費の一つ

仲介手数料をもらえるのであれば、広告費をたくさんかけることも可能ですが、もらえないのにたくさんの広告費をかけてしまうと赤字になってしまう可能性もあるのです。

スーモやホームズ、アットホームなど様々なポータルサイトを無料で使えますが、掲載する方(不動産会社)が費用を負担しているのです。

そのため、仲介手数料の有無で売却の成否が決まってしまう可能性もあるということなのです。

だからと言って、仲介手数料は高いと思う人もいるのではないでしょうか?

確かに仲介手数料は高いですが、最近の不動産会社の中には仲介手数料を払うメリットを感じさせてくれる会社もあります。

正義なき仲介手数料より、正義ある仲介手数料があれば支払う価値があるというもの!仲介手数料を支払うことの価値を考えてみましょう!

ここで不動産会社に仲介手数料を支払うメリット(理由)を考えてみましょう!

仲介手数料を支払う理由(メリット)

少し前から、仲介手数料を安くする会社が増えてきて、仲介手数料を上限額までもらえないケースが多くなってきました。

そのため、仲介手数料を上限額までもらいたいと考える不動産会社は、仲介手数料をもらう理由(メリット)を作るために充実した売却サポートを提供するようになってきました。

つまり、仲介手数料を払う理由を感じさせてくれる売却サポートが充実したきたということです。

では、どんな売却サポートが受けられるというのでしょうか?

売却サポート①:売却物件の補修サービス

仲介手数料を支払うことで受けられ得る売却サポートの1つに補修サービスを提供している不動産会社があります。

売却活動を行う前に、売却物件を一定条件のもと補修してくれるサービスです。

売却活動を行う前に補修サービスを行ってくれるということは、高値で売却、もしくは減額交渉をされるリスクが減る可能性があります。

売却の際に上記のようなサービスが恩恵が受けられるのは、売主にとって強い味方となるのではないでしょうか。

不動産会社によってサービス範囲は異なります。

売却サポート②:ハウスクリーニング

売却物件の掃除を行うのを自分でやるのは、非常に体力が必要です。売却の内覧を迎える前には様々な掃除や片付けが必要です。

マンション売却時に避けられない内覧時の掃除方法

そのため、室内をクリーニングする労力を考えた時にハウスクリーニングのサービスを不動産会社から受けられるのであれば、非常に喜ばしいことではないでしょうか!?

自分では限界がありそうだし、プロに頼むと広ければ広いほどお金がかかってしまいますね?売れるかどうか憚かる時には嬉しいですね!

とはいえ、ハウスクリーニングは通常費用がかかります。そこを仲介手数料を規定の金額支払うことで無料で一定範囲行ってくれる不動産会社があります。

空き家クリーンサービスの住友不動産販売の不動産売却

売却サポート③:ホームステージングサービス

規定仲介手数料を支払うことで受けられるホームステージングサービスというものがあります。ホームステージングとは、売却する物件をモデルルームのようにコーディネートを行い、高く早く売れるようにするサービスです。

ホームステージングを行うべき4つのメリット

ノムコムのホームステージング

港区のホームステージング事例
ホームステージングを行うと、すごく入居後のイメージができていいですね!!!

ノムコムのホームステージングが無料で売却サポートに本気だった件について!

【野村の仲介+(プラス)】不動産売却ノムコムの評判・評価

売却サポート④:空き地草刈りなど土地のホームステージング

何も不動産を売却するのはマンションや戸建ばかりではありません。土地の売買でも仲介手数料はかかってきます。

そして、土地を売却するにあたって、草がぼうぼうに生えていたら購入希望者はどう思うでしょうか?

草刈りにお金がかかってしまうことや土地を綺麗な更地にすることの費用がかかってしまうなどデメリットを感じてしまうかも知れません。

綺麗に整備された土地の方が、早く高く売れそうなのはイメージつきます!!

そういったことがないように空き地の草刈や看板を立てることなど、早く売却するための仕掛けがあれば売買の早期成約の成功が近づきます。

そういった土地売却の売却活動を助ける売却サポートを行っている不動産会社があります。土地に対するサービスとして「草刈り、防草シート施工、立入禁止ロープ設置、売物件看板設置」をしっかりと行ってくれることで、買主の購入意欲を高めます。

住友不動産販売の空き地草刈りサービス

ノムコムの土地ステージング

どうでしょうか。仲介手数料を支払うことで、こういったサービスを受けることも可能なのです。費用を安くすることも大事ですが、高く早く売るために必要なこともあることがわかったのではないでしょうか。

今までで説明したノムコムと住友不動産販売は、仲介手数料の分だけ売却サポートが充実している会社です。ぜひ評判をチェックしてみてください。

ノムコムと住友不動産販売の評判

 【野村の仲介+(プラス)】不動産売却ノムコムの評判・評価
【住友不動産販売】全国直営仲介No1:不動産売却の評判

それでも売却の仲介手数料を安くしたい場合

ここまで、仲介手数料を無料もしくは安くすることのメリットとデメリットをお伝えしてきました。

ただ、それでも仲介手数料を安くしたいと背に腹は代えられない人もいると思います。そのため売却時に仲介手数料を抑えられる会社を下記に紹介しておきます。

まとめ

いかがでしたか?必ずしも仲介手数料はメリットだらけではなく、デメリットも存在するというのがわかったのではないでしょうか。

昔とは違って、不動産会社が売却サポートを充実させていて、仲介手数料を支払う意義が出てきました。

もし、仲介手数料を安くしてくれる不動産会社に頼んでは見たものの、なかなか売却活動がうまくいかない場合には仲介手数料を支払う代わりに売却サポートが充実している不動産会社に頼む方がうまくいくかもしれません。

オリコン顧客満足度が1位!不動産売却ならノムコム

ノムコムなら2018年オリコン顧客満足度調査(不動産売却仲介のマンション・戸建て)で1位を獲得!




【野村の仲介+(プラス)】不動産売却ノムコムの口コミや評判

2017.12.28

ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!