オープンハウスの仲介手数料は値引きは可能!こんな割引方法があった!

仲介手数料は、費用の中でも高額な諸費用を占めます。そのため売買取引時に支払う仲介手数料は安くしたいのが本音でしょう。今回は、東京、神奈川県を中心に営業しているオープンハウスの仲介手数料を値引きする方法を紹介していきます。

本記事の結論

オープンハウスの仲介手数料を割引したい場合は「dエンジョイパスの利用でオープンハウスの仲介手数料を20%割引することができます。4000万円の不動産取引の仲介手数料130万円の20%割引だと約26万円節約することができます。

仲介手数料とは

そもそも仲介手数料がいくらなのか知らない人は、「いったいいくらなの?」と思うかもしれませんが下記の式で支払う上限を算出することができます。

仲介手数料の上限
(物件の取引価格×3%+6万)+消費税
例えば3,000万円で不動産取引する場合は、約103万円かかります。

不動産の売却や購入時に、それぞれ仲介手数料がかかってくる場合、3000万円の取引が売買で行われると仲介手数料が約200万円程度かかることになります。もし、仲介手数料を抑えることができれば、かなりの節約になります。

仲介手数料の割引ができない物件や不動産会社もあります。最初から仲介手数料を割引にしたい場合は、仲介手数料無料の不動産会社に最初から依頼がおススメ!!

売却向け業者紹介あり!仲介手数料無料のデメリットとメリットを徹底解説!

2018年4月21日

オープンハウスの仲介手数料はいくらか

オープンハウスとは
東京・神奈川に特化しているオープンハウスは他社には無い限定物件が豊富です。会員登録をすると非公開物件を紹介できます。年間1200ヶ所、3,000棟以上の物件を仕入れており、東京、神奈川でご希望の家が見つかります。

仲介手数料の上限は法律で定められており、上限金額の範囲内であれば不動産仲介会社はいくらでもいいことになっています。

では、通常不動産会社が仲介手数料をいくらで請求することになるかというと、基本は上限いっぱいに請求されることが一般的です。

オープンハウスの場合でも同様で、「仲介手数料の上限金額」をMAXとして費用がかかることになるでしょう!

特別な事情が無い限りは、仲介手数料の上限金額が請求されると思った方が良いですよ!

オープンハウスの仲介手数料の値引き方法

仲介手数料は高額なので、少しでも安くしたいと思う人は多いはずですが、多くは上限の仲介手数料を請求されることが多いです。そういった方のためにオープンハウスの仲介手数料を値引きする方法を紹介します。

推奨!!dエンジョイパス特典で仲介手数料割引!なんと20%!!

オープンハウスで仲介手数料を割引したいなら、まず最初にdエンジョイパスの利用がオススメです。

dエンジョイパスを活用すると、オープンハウスの仲介手数料を20%割引することが可能です。dエンジョイパスは月額500円で申込ことで様々な特典サービスが利用できますが、初回31日間お試しで無料利用ができます。

仲介手数料の20%割引特典を受けると、仲介手数料120万円なら約24万円も違ってきますよ!!
仲介手数料割引20%の特典を受けると、約3000万の物件であれば約20万円程度の仲介手数料割引が受けられます!初回31日間お試し登録で、利用すれば月額500円かからず更にお得です!

さらに、dエンジョイパスで仲介手数料20%割引の他に、dポイントが約10万ポイント貰えます!割引をするだけでなく、ポイントをもらえるので、オープンハウスをお得に利用するのであれば、下記をご確認のうえお申し込み下さい。

※初めてのオープンハウス会員登録、又は初めての予約来店時にクーポンを提示した場合のみ特典適用となります。

上記のようにオープンハウスの仲介手数料割引をするためには、上記の条件を満たすことが必要です。忘れて置かないように注意しましょう!

仲介手数料の交渉はいつ行うのか

金額が多いだけに、交渉をいつ行えば良いのか?ということを不安に思う人もいるかもしれません。

では、いつがいいかというと特別有利なタイミングはありませんが、売却時の場合には事前に相談をしても良いかもしれません。

一方、購入物件を探す場合の仲介手数料は、住む物件が決まっていない状態で交渉をするのは不毛なので、物件が定まった時に相談をしてみるのがいいでしょう。

売買の仲介手数料を交渉で値切るタイミングはいつが効果的?苦手な人でも減らす方法とは?

2019年4月15日

理由なき仲介手数料の交渉はモチベーションを下げる場合も

仲介手数料を頂くことは不動産会社にとって、大事な売上ですし、個人の担当者にとっても同様です。

そのため、特に理由がないのに仲介手数料の交渉をするとその後の活動のモチベーションが下がってしまうこともあるかもしれないのは、念頭に置いた上で交渉をする方がいいと思います。

ただ、通常の売買取引とは違って、特別に手間がかからないような取引の場合には、交渉してみても良いかもしれません。

購入物件がすでに決まっていて他の案内をしなくて良い状態で問い合わせ状態で、大和住販で契約を行ったことにより、一般の取引より手間が著しくかかっていない時など。

売却向け業者紹介あり!仲介手数料無料のデメリットとメリットを徹底解説!

2018年4月21日

キャンペーンいらずで売買仲介手数料無料の不動産会社を紹介!!

2019年2月7日

まとめ

オープンハウスの仲介で仲介手数料を割引にしたい場合は、比較的ハードルが低い「推奨のオープンハウスの仲介手数料割引方法」がおススメです。dエンジョイパスの利用でオープンハウス仲介手数料が20%割引することが可能です。もし、20%以上の仲介手数料値引きが必要なのであれば、仲介手数料無料の不動産会社に最初からお願いをするのがオススメです。


今TVで話題の仲介手数料最大無料のREDS!




TVや雑誌で掲載実績がある仲介手数料最大無料のREDSは不動産売買にかかる仲介手数料の費用を抑えることが可能です!!


新築戸建ての仲介手数料無料ならTVで話題のREDSがオススメ理由6つ

2019年5月19日

ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!