三井のリハウスの仲介手数料を値引きするのは可能?!値引きしたい時に読む記事。

仲介手数料は不動産売買の諸費用の中で大きいシェアを占める費用です。そんな費用を抑えることができれば嬉しいものの三井のリハウスのような大手では仲介手数料は値引きしづらいものです。

3000万円の不動産購入の場合は、約100万円かかってきます。

できれば仲介手数料は払いたくないものですが、不動産会社にとっては重要な資金源なのが、仲介手数料です。今回は三井のリハウスの仲介手数料を値引きは可能かどうかについて説明していきたいと思います。

本記事の結論

三井のリハウスで仲介手数料を値引きしたい場合は、特に特典がないので、つど相談することなります。ただ、理由なき仲介手数料の値引きは不動産会社の心証を悪くする可能性があります。もし、仲介手数料を値引きすることが前提なのであれば、仲介手数料無料の不動産会社に最初からお願いをするのがオススメです。

仲介手数料とは

そもそも仲介手数料がいくらなのか知らない人は、「いったいいくらなの?」と思うかもしれませんが下記の式で支払う上限を算出することができます。

仲介手数料の上限
(物件の取引価格×3%+6万)+消費税
例えば3,000万円で不動産取引する場合は、約103万円かかります。
消費税が上がれば、仲介手数料の費用も上がります!売買を検討している方にとっては、消費税増税前の方がお得かもしれません!

不動産の売却や購入時に、それぞれ仲介手数料がかかってくる場合、3000万円の取引が売買で行われると仲介手数料が約200万円程度かかることになります。もし、仲介手数料を抑えることができれば、かなりの節約になります。

仲介手数料の割引ができない物件や不動産会社もあります。最初から仲介手数料を割引にしたい場合は、仲介手数料無料の不動産会社に最初から依頼がおススメ!!

売却向け業者紹介あり!仲介手数料無料のデメリットとメリットを徹底解説!

2018.04.21

三井のリハウスの仲介の仲介手数料はいくらか

 

仲介手数料の上限は法律で定められており、不動産会社が仲介手数料の上限金額を上回って費用を請求することはできません。

つまり、上限金額の範囲内であれば不動産仲介会社はいくらでもいいことになっています。

別途、取引成立にかかる費用がかかる場合もありますので、都度三井のリハウスの仲介担当者に確認するようにしましょう!

三井のリハウスの場合でも同様で、「仲介手数料の上限金額」をMAXとして費用がかかることになります。

特別な事情(先方の不手際や物件が決まった状態でお問い合わせするなど)が無い限りは、仲介手数料の上限金額が請求されると思った方が良いですよ!
よくある間違い(三井のリハウスと三井不動産販売)

良く勘違いされるケースとして、三井不動産と三井のリハウスを混同してしまう人がいます。三井不動産は新築をメインに取り扱っていて、三井のリハウスは中古の売買取引を行っています。今回の仲介手数料の話は中古の売買取引で関係する三井のリハウスの話がメインとなります。

三井のリハウスで仲介手数料の値引きや割引は可能か

では、上限金額は高いので支払いたく無いと思う場合に、値引きや割引交渉が可能かどうか気になると思いますが、交渉できる余地はありますが、基本的には上限金額の仲介手数料となることが多いと思われます。

ただ、特定の条件を満たすと規定の仲介手数料割引特典が受けられる不動産会社もあります。果たして三井のリハウスの場合ではどうでしょうか?

三井のリハウスの仲介手数料割引条件(売却時)

残念ながら私が探した限りでは仲介手数料が割引になるような得点を探すことはできませんでした。もしかしたらあるかもしれませんが、直接三井のリハウスにお問い合わせいただくことになります。

今回の三井のリハウスのようにぱっと見仲介手数料を値引きすることが難しそうな場合もあります!
仲介手数料を無料など極力抑えたい人は、仲介手数料無料の不動産会社に最初からお願いするのも1つの方法です。

キャンペーンいらずで売買仲介手数料無料の不動産会社を紹介!!

2019.02.07

売却活動にかかる費用は購入物件探しより不動産会社に負担がかかるので、売却の仲介手数料は割引しづらいのが現実です。それでも諸費用を抑えたいなら、仲介手数料無料の不動産会社に相談してみるのもいいでしょう。

仲介手数料の交渉はいつ行うのか

金額が多いだけに、交渉をいつ行えば良いのか?ということを不安に思う人もいるかもしれません。

では、いつがいいかというと特別有利なタイミングはありませんが、売却時の場合には事前に相談をしても良いかもしれません。

一方、購入物件を探す場合の仲介手数料は、住む物件が決まっていない状態で交渉をするのは不毛なので、物件が定まった時に相談をしてみるのがいいでしょう。

理由なき仲介手数料の交渉はモチベーションを下げる場合も

仲介手数料を頂くことは不動産会社にとって、大事な売上ですし、個人の担当者にとっても同様です。

そのため、特に理由がないのに仲介手数料の交渉をするとその後の活動のモチベーションが下がってしまうこともあるかもしれないのは、念頭に置いた上で交渉をする方がいいと思います。

ただ、通常の売買取引とは違って、特別に手間がかからないような取引の場合には、交渉してみても良いかもしれません。

購入物件がすでに決まっている状態で、野村の仲介に問い合わせてそのまま契約を行ったことにより、一般の取引より手間が著しくかかっていない時など。

売却向け業者紹介あり!仲介手数料無料のデメリットとメリットを徹底解説!

2018.04.21

キャンペーンいらずで売買仲介手数料無料の不動産会社を紹介!!

2019.02.07

オリコン顧客満足度が1位!不動産売却ならノムコム

ノムコムなら2018年オリコン顧客満足度調査(不動産売却仲介のマンション・戸建て)で1位を獲得!




【野村の仲介+(プラス)】不動産売却ノムコムの口コミや評判

2017.12.28

ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!