節約家必見!三井住友トラスト不動産の仲介手数料割引はこんな値引き方法があった!

三井住友トラスト不動産の仲介手数料を割引する方法

不動産会社を経由した売買取引において、仲介手数料は4000万円の価格だと約136万が上限手数料と高額な諸費用になります。そのため、仲介手数料を安くしたいと思う人は多いのではないでしょうか。基本的に、仲介手数料は上限金額が請求されることになりますが、仲介手数料割引をすることができる場合もあります。

今回は三井住友トラスト不動産の仲介手数料を値引きは可能かどうかについて説明していきたいと思います。

本記事の結論

三井住友トラスト不動産で仲介手数料を値引きしたい場合は、三井住友グループのお預かり資産によって会員ランクが変わるトラストプレミアムサービスになる必要があります。プラチナステージ会員なら仲介手数料が20%割引となります。ただ、仲介手数料をもっと値引きしたいのであれば、仲介手数料無料の不動産会社に最初からお願いをするのがオススメです。

節約家必見!住友林業ホームサービスの仲介手数料を割引は値引き方法があった!

2019.05.13

住友不動産販売の新築価格や仲介手数料値引きの可能性が広がる意外な方法を教えます!

2019.04.20

大成有楽不動産販売の仲介手数料を値引きするのは可能?!割引方法の裏ワザ紹介!

2019.04.01

東急リバブルの仲介手数料を値引きするのは可能?!値引きの裏技情報!

2019.03.23

三井のリハウスの仲介手数料を値引きするのは可能?!値引きしたい時に読む記事。

2019.03.18

住友不動産販売の仲介手数料を値引きするのは可能?!割引方法の裏ワザ情報!

2019.03.07

仲介手数料はそもそもいくら?

仲介手数料が売買取引において、いくらか分からない人もいるかもしれませんが、仲介手数料には法律で決まった上限の設定があります。下記の式で計算される仲介手数料の上限額を元に、取引の成果として仲介手数料を請求されることになります。

仲介手数料の計算式
(物件の取引価格×3%+6万)+消費税
仲介手数料は上限が法律で決まっています。仲介手数料無料の不動産会社じゃないい限りは多くのケースで上限金額を請求されることが多いです。
例えば4,000万円で不動産取引する場合は、136万800円が上限となります。

不動産を売却して新しく購入しようとする場合で、それぞれに仲介手数料がかかる場合、4000万円の取引を2回することになりますので、136万800円が2倍かかることになります。そのため、もし仲介手数料を抑えることができれば、かなりの節約になります。

仲介手数料の割引ができない物件や不動産会社もあります。最初から仲介手数料を割引にしたい場合は、仲介手数料無料の不動産会社に最初から依頼がおススメ!!

売却向け業者紹介あり!仲介手数料無料のデメリットとメリットを徹底解説!

2018.04.21

三井住友トラスト不動産の仲介の仲介手数料はいくらか

仲介手数料の上限ということは、上限内で不動産会社が設定しているわけですが、実態は仲介手数料の上限がその不動産会社の手数料となっていることが多いです。

つまり、上限金額の範囲内であれば不動産仲介会社はいくらでもいいことになっています。

三井住友トラスト不動産の場合でも同様で、「仲介手数料の上限金額」をMAXとして費用がかかることになります。

大手であればあるほど、仲介手数料は会社規定の金額を請求されます。そして、上限が会社規定の仲介手数料になっていることが非常に多いです。

三井住友トラスト不動産で仲介手数料の値引きや割引は可能か

では、上限金額は高いので支払いたく無いと思う場合に、値引きや割引交渉が可能かどうか気になると思いますが、交渉できる余地はありますが、基本的には上限金額の仲介手数料となることが多いと思われます。

ただ、特定の条件を満たすと規定の仲介手数料割引特典が受けられる不動産会社もあります。果たして三井住友トラスト不動産の場合ではどうでしょうか?

三井住友グループの三井住友信託銀行の預かり資産に応じた会員ステージで仲介手数料割引も可能

三井住友トラスト不動産の売買仲介取引成立時の仲介手数料の割引は、三井住友信託銀行の預かり資産に応じた「トラストプレミアムサービス」会員によって可能となります。

「トラストプレミアムサービス」会員のランクによって割引額が異なりますが、ゴールドステージなら仲介手数料割引が10%となり、プラチナステージなら仲介手数料が20%割引となります。

「トラストプレミアムサービス」会員のランク

ゴールドステージは、1000万円以上3,000万円未満。プラチナステージは3,000万円以上の預かり資産がある方が対象となります。

「トラストプレミアムサービス」会員のランクは毎年3月と9月にステージ判定が行われます。見直し月が決まっているので、すぐに仲介手数料割引を受けるにはハードルが特に高いかもしれません。

三井住友信託銀行の住宅ローン取引をしていれば仲介手数料割引が現実的

先ほどお伝えした、預かり資産に応じた会員ランクによる仲介手数料割引は、かなりハードルが高く感じられる人も多いと思います。そんな方のなかで、もし住宅ローンを三井住友信託銀行で借りていたら、チャンスです。預かり資産だけではなく、住宅ローンの残高も預かり資産としてカウントしてくれるのです。

売却の仲介手数料値引きは難しい?
売却活動にかかる費用は購入物件探しより不動産会社に負担がかかるので、売却の仲介手数料は割引しづらいのが現実です。それでも諸費用を抑えたいなら、仲介手数料無料の不動産会社に相談してみるのもいいでしょう。

仲介手数料値引きが難しいと感じたらdエンジョイパスの割引適用会社を探す!

お伝えしてきた三井住友トラスト不動産の仲介手数料割引が非常に困難であると感じた場合は、仲介手数料無料の不動産会社に最初からお願いする方法か、dエンジョイパスの会員なら仲介手数料が割引となる不動産会社に仲介を依頼する方法があります。dエンジョイパスで仲介手数料が割引になる不動産会社は下記から探せます。

節約家必見!住友林業ホームサービスの仲介手数料を割引は値引き方法があった!

2019.05.13

住友不動産販売の新築価格や仲介手数料値引きの可能性が広がる意外な方法を教えます!

2019.04.20

大成有楽不動産販売の仲介手数料を値引きするのは可能?!割引方法の裏ワザ紹介!

2019.04.01

東急リバブルの仲介手数料を値引きするのは可能?!値引きの裏技情報!

2019.03.23

三井のリハウスの仲介手数料を値引きするのは可能?!値引きしたい時に読む記事。

2019.03.18

住友不動産販売の仲介手数料を値引きするのは可能?!割引方法の裏ワザ情報!

2019.03.07
dエンジョイパスは月額500円で申込ことで様々な特典サービスが利用できますが、初回31日間お試しで無料利用ができます。
仲介手数料割引10%の特典を受けると、約3000万の物件であれば約10万円程度の仲介手数料割引が受けられます!初回31日間お試し登録で、利用すれば月額500円かからず更にお得です!

仲介手数料の交渉はいつ行うのか

金額が多いだけに、交渉をいつ行えば良いのか?ということを不安に思う人もいるかもしれません。

では、いつがいいかというと特別有利なタイミングはありませんが、売却時の場合には事前に相談をしても良いかもしれません。

一方、購入物件を探す場合の仲介手数料は、住む物件が決まっていない状態で交渉をするのは不毛なので、物件が定まった時に相談をしてみるのがいいでしょう。

理由なき仲介手数料の交渉はモチベーションを下げる場合も

仲介手数料を頂くことは不動産会社にとって、大事な売上ですし、個人の担当者にとっても同様です。

そのため、特に理由がないのに仲介手数料の交渉をするとその後の活動のモチベーションが下がってしまうこともあるかもしれないのは、念頭に置いた上で交渉をする方がいいと思います。

ただ、通常の売買取引とは違って、特別に手間がかからないような取引の場合には、交渉してみても良いかもしれません。

まとめ

三井住友トラスト不動産の仲介手数料割引を受けるためには、三井住友信託銀行の預かり資産に応じた会員ランクによって仲介手数料を最大20%割引することが可能です。ただ、割引が適用になる会員ランクになるには、非常にハードルが高く感じる人も多いと思います。そんな時は、dエンジョイパスで仲介手数料が割引になる不動産会社に取引を依頼するか、仲介手数料無料の不動産会社に相談するのがおススメです。

仲介手数料無料の関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!