引っ越し代も!住宅ローンが諸費用組み込みで借りられる銀行を紹介

手元に貯金を残したい、もしくは十分な頭金がなく、マイホーム購入に関わる諸費用を用意しづらい人もいるのではないでしょうか。昔であれば頭金含めて諸費用を用意するのが一般的でしたが、昨今はそうではありません。最近は諸費用まで住宅ローンでを借りることも可能になりました。今回は諸費用を住宅ローンに組み込みで借りる方法をご紹介していきます。

本記事のまとめ
諸費用込みで住宅ローンを借りると、金利が上がったり、諸費用組み込みの場合はそもそも紹介される住宅ローン商品が違うことがあります。その点で不利になることがあるのですが、そうしたデメリットが嫌な場合はじぶん銀行」がオススメです。じぶん銀行ではマイホーム購入に関わる諸費用を住宅ローンで一緒に借りることができます!なんと、「じぶん銀行」では引っ越し代費用も組み込むことが可能です!

住宅ローンを諸費用組み込みで借りるとは?

住宅ローンを借りる場合に現金が足りていない場合には、大きく二つの場合があります。一つは頭金がないこと、二つ目は諸費用がないことです。頭金とは、家の購入金額に対して現金で支払う分の費用ですが、諸費用はマイホーム購入に関わる経費を指します。

マイホームを購入するには、頭金と諸費用を現金で用意するのが一般的になります。最近ではそこまでではないですが、一昔前ではマイホームを購入する場合、不動産価格の3割や4割を用意して頭金や諸費用を支払うことが一般的でした。

少し昔だとそれぐらいの資金を用意しなければマイホームは中々買うことができなかったのです!

ところが、昨今は低金利で銀行間の住宅ローン申込者の奪い合いも激化していることから、金利が下がり、住宅ローン申し込みの条件が緩和されてきました。

条件が緩和されてきたことの1つに、「頭金」や「諸費用」があります。昔は十分な現金が必要でしたがそうではなくなりました。つまり、頭金や諸費用なしでも住宅ローンを申し込むことができるようになってきました。

昔は頭金がなければ住宅ローンを借りることは諦める人が多かったですが、今は諦める必要はありません!

住宅ローンの諸費用組み込みの審査はどうなる?

住宅ローンを諸費用組み込みで申し込む場合、審査に有利不利はあるでしょうか?この辺り不安な方は下記の説明を確認していってほしいと思います。

前提:年収と返済負担に無理がある場合は審査が不利に

住宅ローンを諸費用組み込みで借りる場合、借りいれる総額と年収の返済負担次第で審査に有利不利が発生します。例えば3000万しか借りられない人が、諸費用含めて3200万借り入れしたい場合は、審査に落とされる可能性があります。

年収によって借り入れ可能な金額というのは変わるので、諸費用を含めて住宅ローンを借りる場合は、諸費用も含めた借り入れ金額で返済負担に問題があるのかどうかを気にする必要があります。

住宅ローン借入は年収5倍と年収8倍どっちが本当?

2018.09.23

住宅ローン返済負担率は何%が理想?銀行員や不動産会社が教えない真実!

2018.09.24

5年ルールと125%ルールで変動金利は怖くない?そのメリットとデメリットを解説

2018.10.20

諸費用まで住宅ローンで借りるとデメリットはある?

諸費用を組み込みで住宅ローンを借りると、審査面以外に不利な面があるかというと他にもあります。多くの銀行では、諸費用組み込みで住宅ローンを借りると、金利が上がる可能性があります。もしくは諸費用組み込みの場合の住宅ローン商品を紹介される場合があります。

つまり、金利や商品サービス面で不利になる可能性があります。銀行側からすると、諸費用も含めて住宅ローンを貸すことは貸し倒れリスクが増えるので、そのリスクを考慮して金利が上がることがあるのです。

諸費用組み込みでも商品が変わらないのは「じぶん銀行

もし、諸費用組み込みで住宅ローンの紹介商品を変えられるのが嫌なのであれば、「じぶん銀行」がオススメです。「じぶん銀行」では諸費用込みで住宅ローンを借りることができ、なんと引っ越し代も含めて申し込むことが可能です!「じぶん銀行」は低金利で評価も受けているのでオススメです。

ローンで諸費用までを住宅ローンで借りた場合の条件で不利なデメリット4つ!

2018.10.03

諸費用組み込みで住宅ローンを借りる方法

では実践編として、諸費用組み込みで住宅ローンを借りることができる銀行を紹介していきます。昔ほどマイホーム購入時の現金は必要なくなりましたが、それでも諸費用までを組み込んで住宅ローンを申し込むことができる銀行は限られています。

フラット35は諸費用込みOKに!

諸費用を組みで住宅ローンを借りたい場合には、フラット35も選択肢の1つです。フラット35では様々な諸費用を借りることが可能です。引っ越し費用は該当しません。

フラット35で諸費用組み込みで住宅ローンを借りる場合、気にするべきは返済負担率です。フラット35の場合、年収に対して30%の基準があります。諸費用も含める場合は注意が必要です!

引っ越し代も組み込めるオススメ住宅ローンは「じぶん銀行」

じぶん銀行

諸費用も込みで住宅ローンを借りるのであれば、「じぶん銀行」は選択肢から外せません!なぜなら「じぶん銀行」は住宅ローン金利が低金利でありながら諸費用も込みで住宅ローンを借りることが可能だからです。ネット銀行ならではの魅力的な住宅ローン商品です。

じぶん銀行の住宅ローン金利
変動金利 10年固定金利

0.457%

※2019年10月時点

0.590%

※2019年10月時点

変動金利も安いですが、じぶん銀行の10年固定金利は一番安いです!
2019年10月時点の金利です。
じぶん銀行の住宅ローンで諸費用に含められるもの

印紙税、登録免許税、司法書士、土地家屋調査士の手数料、火災保険、地震保険料、仲介手数料、引っ越し費用などがじぶん銀行の住宅ローンの中に諸費用として含めることができます!

じぶん銀行は価格コムの調査ランキングで人気第一位を獲得したこともありますよ!

借り換え住宅ローンの諸費用組み込みは上乗せ可能?

今の住宅ローンを借り換えする場合の諸費用にも注意が必要です。借り換えの場合、今の住居を打っても住宅ローンが残ってしまい、さらに借り換えにかかる諸費用が発生するからです。

借り換えで発生する住宅ローンの諸費用組み込みも可能ではありますが、返済額が増えすぎて返済に困ることがないように注意が必要です。

住宅ローンの借り換えで手数料や諸費用組み込みで借りる方法

2018.07.15

住宅ローン借り換え諸費用や手数料について分かりやすく徹底解説!

2018.07.10

借り換えの場合、強力な味方になるのは「モゲチェック」



借り換えで諸費用組み込みを行う場合、強力な味方になるのが「モゲチェック」です。「モゲチェック」は、ネット非公開になっている低金利の銀行も含めて、もっとも借り換えでお得になる銀行を紹介してくれるサービスです。中には1200万もダウンした人もいます!

モゲチェックの特長
  • 全国124金融機関の中から最も低金利の住宅ローンに申し込むことができて、No.1金利保証!
  • サービス利用実績は2019年5月現在で7,384名!
  • 「モゲチェック」は住宅ローンの見直し(借り換え)をオンラインサービス

まとめ

住宅ローンを諸費用組み込みで借りることは、昔に比べて珍しくなくなりました。そして、住宅ローンに組み込みで申し込むことは可能です。ただ、諸費用組み込みの場合、金利や審査で不利になることもある点に注意が必要です。そうした観点から住宅ローンの諸費用組み込みでオススメな住宅ローンは「じぶん銀行」です。「じぶん銀行」は金利も低いことが魅力でありながら、諸費用組み込みだからと言って住宅ローン商品を変更されることはありません。サービスも充実しているので検討してほしいと思います。

住宅ローン借り換えの関連記事

あなたに最適な低金利住宅ローン探し

最新No.1金利 オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」


  • 最新版 No.1金利にて借り入れ
  • No.1金利がダメでも 次にベストなプランを提案
  • 人工知能(AI)を活用 35年間No.1金利をキープ


一括住宅ローンの審査申込「住宅ローン本舗」


  • 約80の銀行の中から最大6銀行に一括仮審査申し込で手間いらず
  • 金利・事務手数料・保障内容・総支払額で比較できる
  • 地元の銀行情報も掲載



ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!