上乗せ可能?!借り換え手数料や諸費用込みで借りられる銀行の住宅ローン

住宅ローンの借り換えを検討した時に悩むのが、借り換え手数料は住宅ローンと併せて借りることができるのかということになります。

借り換えの手数料は、銀行によって異なりますがそれなりの頭金 (現金)を必要とすることになります。

今日はその借り換え手数料の相場や借り換えの諸費用を含めて住宅ローンに組み込むことができる銀行を紹介していきます。

住宅ローンの借り換え手数料は決して安くはありません。住宅ローンを返済しながらその頭金をためるのは大変です。今回は借り換え諸費用を住宅ローンに組み込める銀行を紹介していきます。
失敗しないための借り換え方法とは?

失敗しないためには、本当に借り換えで安くなるのかの精緻な診断が必要です。客観的に借り換えの診断を行いたいならモゲチェックがオススメです。モゲチェックなら自宅にいながら住宅ローンの3秒診断が可能です!

そもそも借り換え手数料の相場は?

そもそも借り換え手数料の相場はいくらぐらいになるのかとわかっていない人もいるかもしれません。借り換え手数料の諸費用は様々にかかってきますが、数十万から数百万になることもあります

借り換え手数料や諸費用の詳細は下記記事にてご確認ください。

住宅ローン借り換え諸費用や手数料について分かりやすく徹底解説!

2018年7月10日
借り換え手数料が住宅ローンに組み込めるのは、その場の現金負担がなくていいですね。

借り換え手数料は現金(頭金)が必要?!

以前は、借り換えにかかる諸費用の手数料は現金(頭金)で用意しなければならないことも多かったです。

ただし、昨今の低金利で従来のメガバンクだけではなく、ネット銀行も台頭し始めたので住宅ローンを扱う銀行間の競争がし烈になってきております。

そのため、住宅ローンの借り換え競争も加熱しておりますので様々なサービスが登場しています。その中に借り換え手数料の諸費用を住宅ローンに組み込める銀行が非常に増えてきています。

確かに百万単位で諸費用がかかるのであれば、借り換えに二の足を踏んでしまうのかもしれません。その時に借り換え手数料が住宅ローンに組み込めるのであれば、借り換えも前向きに考えられますね!

借り換え手数料無料はあるのか。

住宅ローンの借り換えには様々な諸費用がかかることもあり、結論から言うとすべての諸費用が無料になることはありません。

例えば、登録免許税は必ず必要になってくるものなので、諸費用含めて全てが無料というのはありえないことになります。

ただし、諸費用の中で銀行のサービス次第で手数料が無料であったり、保証料が無料であったりと銀行が提供する様々なサービスの中で一部が無料になるということはあります。

他にも印紙税などは必ずかかってくるものですね。

無料になるというのは難しいですが、その諸費用を住宅ローンに上乗せ(組み込んで)して借り換えるということは可能になります。

借り換え諸費用をローンに上乗せする

先ほどから借り換え手数料や諸費用について説明しましたが、それら諸費用を現金で支払うのは非常に家計に負担があります。

そのため、「諸費用を借り換えの住宅ローンに含める(上乗せ)することができる」と借り換えの行動がしやすくなります。

果してそれができるのかどうかということが気になると思います。

答えは。。。

借り換えにかかる諸費用を住宅ローンに組み込む(上乗せ)すること」は可能です。

ただし、その諸費用を借り換え時にどこまで含められるかは銀行によって異なります

では、どの銀行がどこまで借り換え諸費用を含められるのか、次に説明していきます。

借り換え検討している方は諸費用も組み込んでくれる銀行は要チェックです!!!

借り換え諸費用をローンに組み込むことができる銀行

借り換えにかかる諸費用を住宅ローンに組み込むことができる銀行は下記のとおりです。

各銀行が借り入れ可能な諸費用が、どれに含まれているかは下記を要チェック!!!

借り換え手数料が安い銀行
銀行名 借り入れ可能な諸費用
イオン銀行 取扱手数料、火災保険料、登記費用、印紙代、借り換え時に発生する諸費用
じぶん銀行 印紙税、登録免許税、司法書士、事務手数料、火災保険料、地震保険料など※じぶん銀行は、価格com住宅ローン人気ランキングNo.1!
新生銀行 ―※新生銀行は保証料や手数料が2017年オリコン調査No.1です。
トータルコストなら新生銀行!
新生銀行は、保証料や手数料が少ないことで、オリコン調査No.1を獲得しているんですね!
フラット35は2018年4月以降から融資手数料や司法書士手数料も借り換えることができるようになりました!フラと35でも借り換えで諸費費用を含めて借り換えすることができます。
いくら、借り換えでお得になるからといっても貯金をはたいて、借り換え諸費用を払ってしまうのはマネープラン上危険です!余裕を持った借り換えをするようにしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。住宅ローンの借り換え手数料にかかる費用感がわかったでしょうか。

そして、諸費用はそれなりに現金で必要になってくる場合には、諸費用込みで借り換えが可能な銀行を選ぶことをお勧めします。

借り換えで返済がお得になる場合は早期に動かれることをおすすめします。その時に、借り換えがお得な銀行を選ぶようにしましょう!

失敗しないための借り換え方法とは?

失敗しないためには、本当に借り換えで安くなるのかの精緻な診断が必要です。客観的に借り換えの診断を行いたいならモゲチェックがオススメです。モゲチェックなら自宅にいながら住宅ローンの3秒診断が可能です!

あなたに最適な低金利住宅ローン探し

最新No.1金利 オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」


  • 最新版 No.1金利にて借り入れ
  • No.1金利がダメでも 次にベストなプランを提案
  • 人工知能(AI)を活用 35年間No.1金利をキープ


一括住宅ローンの審査申込「住宅ローン本舗」


  • 約80の銀行の中から最大6銀行に一括仮審査申し込で手間いらず
  • 金利・事務手数料・保障内容・総支払額で比較できる
  • 地元の銀行情報も掲載



ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!