諦めない!相続不動産の自分だけの共有持分を売却するためには!?

諦めない!相続不動産の自分だけの共有持分売却するにはどうする?

不動産を相続するときには、単独で相続するケースは少ないと思われます。つまり相続した不動産を相続人で共有持ち分として分割するということです。その場合に一般の住まいを探している購入者が分割された共有持ち分を買うのは難しいです。その時に自分だけの共有持ち分を売却するにはどうすればよいかを学んでいきましょう。ここでは共有持ち分の説明からどんなケースが考えられるか、売却するためにはどうするかを紹介しています。

共有持分の売却が難しくて諦めてしまう人も多いです。ただ諦めずに共有持ち分を売却するためにしっかりとした知識を学びましょう!!

相続不動産の共有持分とは

一般に相続する時の相続対象物に対して、自分だけでない複数の人が共同で不動産を所有しているケースを指す。
そして、それぞれが持つ不動産の所有割合を示すもの”共有持分”という。

不動産の場合の相続不動産の共有持分とは、相続した土地を2人が相続した時には2分の1ずつを相続することになる。その時にそれぞれが持っていることを不動産の共有持分という。

その他に夫婦で共同して購入したマンションの場合でも共同購入しているため、それぞれが共有持分を持つことになる。

相続をすることになると多くのケースが複数人で相続することになりますから、不動産は遺産分割の対象となり、相続の割合によって不動産を共有持分とする必要があります。

共有名義は、登記する際にその人数分の費用がかかります。そして住宅ローンを利用する際の諸費用も人数分に応じてかかります。
贈与税がかかるかもしれない

もし、共有者が仕事を辞めて収入が無くなれば、あなたが共有者の分も住宅ローンを払わなければなりませんよね。これはあなたから共有者への贈与とみなされ贈与税の対象となる可能性があります。

相続したときに発生する共有持分権について

一般に相続した不動産に発生する持分権とは、相続財産(この場合には不動産)の上に成り立つ各相続者それぞれの不動産所有権のことを指します。

土地を指す意味合いで言えば非常にわかりやすいですが、マンションの場合で区分所有している場合でも専有部分は区分所有権としてそれぞれの住人(号室ごと)に所有されておりますが、共有スペースや敷地はマンションに住む人全員で所有していることになっています。

相続した不動産を共有する場合には、必ずそれぞれ共有した不動産の持分ごとに登記をすることになっています。

登記をせずに故人の名義で売却をすることはできないですよ!相続をしたら登記をすることを理解しましょう!

相続した共有持分の不動産売却は可能か

相続した共有持分について、一方は住んでいたかったり所有し続けていたかったり、もう一方は売却して現金化したいと言うケースは往々にして多いと思います。

その時に相続した共有持分だけ売却することは可能なのでしょうか。

結論としては可能で他の持分所有者の同意なく、売却することはできますが果たして持分だけを購入してくれる第三者の購入希望者はいるでしょうか?探すのは非常に難しいことが容易に想像されます。

だからこそ既に共有持分化してしまった不動産を売却するには非常に大変な売却活動が待ち受けているのが多いケースです。

ただ、今回は売却を諦めないようにするためにするための知恵を紹介します。

その前に他の人がどういったケースで持分を売却したいのかを学びましょう。

ケース①:相続した土地の共有持分売却について

相続した不動産が土地である場合には、売却する時のイメージが湧きやすいことになります。

なぜなら、相続した土地を売却するには土地を分筆してしまえば持分に応じて土地を分けて(分筆)しまい、個別に売却活動をすることはイメージつきやすいのではないでしょうか。

ただし、土地の分筆する場合には注意が必要です。

それは、土地を分筆してしまった時に分筆した土地だけで購入する人が価値を見出して購入してくれるかどうかを確認する必要があります。具体的には、その土地にニーズに合致した家を建てることができるかを想定する必要があります。

広さだけで土地を分筆するのではなく、分筆された土地の価値も考慮した上で遺産分割しましょう!

ケース②:マンションの持分を売却するには

土地とは違い、マンションの場合は少し複雑です。土地は持分を分筆して売却すればよいのに対して、マンションは専有部を分けて売ることはできないからです。

マンションの一室をトイレはあなたの持分だから使わないけどキッチンは私の持分だから使わないで!なんてことはないですが、もし持分が複数人に分かれている時には一般の購入者は少ないということを意識しましょう。

多くの住まいを探している購入者は住めない片方だけの持分を購入するということはまずないと思います。

基本的な住まいとして探している購入者に売却するには、マンション持分全員の同意が必要だと言えるでしょう。

自分のマンション持分だけを売却するには全員の同意が必要であるハードルがある点に注意!

それでも自分の持分だけ売却したい場合には、専門の不動産業者に買い取ってもらうようにしましょう。

共有持分に抵当権設定がされている場合

この場合は、抵当権がついた理由など様々な要因と含めて解決策をすることが必要です。

はっきりと言えることはかなり高度な知識を持つ人でないと売却は難しいので早めに相談することが必要です。

まとめ:自分の共有持分だけを売るのは難しいが売却する方法もある

いままで説明した相続した不動産の共有持ち分を売却するのが難しいのが分かったでしょうか。1代で共有持ち分が分割されることもありますが、実際は更に孫の代へと相続されていくと共有持ち分は更に枝分かれすることになり難しいことになるでしょう。そういった場合には一般の購入者を探すことは難しいので、自分の持ち分だけを不動産業者に買ってもらう方法を積極的に検討しましょう。

一般の人に共有持ち分だけを売ることは難しいので、売却して現金化したい場合は自分の持ち分だけを売却できる不動産業者に依頼をしましょう!

相続不動産売却に強い不動産会社

相続不動産の共有持分売却に強い中央プロパティ

  • 相続不動産の共有持分売却に強い
  • 離婚した後の共有持分売却に強い
  • 共有不動産名義のトラブル解決実績2,000件以上
  • 共有持分だけの売却ができる
  • 不動産鑑定士による価格査定
相続や離婚により土地や建物など不動産の共有持ち分のみを所有した方からの売却の専門家集団です。

首都圏・関西の大手ノムコムの相続不動産サポート

  • 業界トップクラス!月間利用者数300万人
  • 【無料】相続税簡易試算サービス&税理士相談
  • 相続税の立て替えサービス
  • 売却に強い!「信頼」と「実績」の 野村の仲介+(PLUS)
ノムコムには「資産・相続マスター」と呼ばれるプロフェッショナルな専任担当者がいます。相続から不動産売買実務に関する知識が豊富なので、あなたの相続に対する不安を解消してくれます!!

全国直営仲介店舗No.1の最大手「住友不動産販売」の相続不動産サポート

  • 業界トップクラス!直営仲介店舗数全国No1
  • 相続診断サービス!!
  • 相続税立て替えサービス!
  • 充実した売却サポートサービス
所有不動産の価格査定に加え、不動産を含めた各財産について提携税理士が相続税評価額を簡易算出し、現状で相続が発生した場合に予想される相続税額をシュミレーション。将来の相続を見据えた事前対策をアドバイスしてくれます!!

相続不動産の関連記事

オリコン顧客満足度が1位!不動産売却ならノムコム

ノムコムなら2018年オリコン顧客満足度調査(不動産売却仲介のマンション・戸建て)で1位を獲得!




【野村の仲介+(プラス)】不動産売却ノムコムの口コミや評判

2017.12.28

ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!