売れないあなたの共有持分不動産を売却する7つの方法

売れないあなたの共有持分不動産を売却する買取方法

あなたの不動産がもし共有持分であった場合に、売却はすることができるでしょうか。もちろん売却することができます。ただし、例えば片方の共有持ち分だけを売りたいときには売却活動は難航する可能性が高いです。

それは、多くの住居用のマンションや戸建てを探している購入者にとっては、あなたの共有持ち分だけの権利を購入するといったことはあまり現実的ではないからです。

では、あなたがあなただけの共有持ち分を売却したいと思ったときにどうすればよいでしょうか。一般の人に売却をすることは大体困難です。

今回のテーマでは、共有持ち分を売却するための解決施策として、あなたの共有持分だけを売却する7つの方法についてお話します。

そもそも共有持ち分だけを売ることは可能か

質問
不動産の共有持ち分だけを単独で売却することはできるでしょうか?
答え
はい。共有不動産の持ち分のみを単独で売却することは可能です。ただし、様々な困難を伴いますので、業者選びが重要となります。

突然の質問形式でしたが、不動産の共有持ち分だけを売却することは可能です。ただし、自分の共有持ち分だけの売却は、一般の不動産会社では相手にされない可能性があります。

持ち分がわからない場合はどうするか

自分の共有不動産持ち分がわからない場合は、法務局で不動産がどのように登記されているかを登記簿で確認するのが確実です。

登記簿とは

不動産の所有者を把握するために、法務局管轄で管理している帳簿のようなものです。だれがその不動産の所有者であるかを調べることができます。

登記簿で確認すると、その不動産の所有者の名義を知ることができます。一人だけが権利を持つ単独名義であれば、一人の名前が記載されて、二人以上であれば連名で所有者の名前が記載されています。

登記簿に記載されているイメージ

共有者

〇〇区〇〇町〇〇番地

持ち分2分の1

不動産 太郎

持ち分2分の1

不動産 次郎

上記の場合は、相続後に名義変更を済ませており、登記簿で確認できる状態の場合です。相続登記を行っていない場合は、この方法では確認できません。

共有持分の評価

そもそも売却しようとする共有持ち分の不動産はどのように評価されるのでしょうか。そこには公的な評価と市場としての評価で別れることになります。

公的な持ち分評価(*国税庁の説明)

例えば共有地の共有持ち分としての評価は国税庁のHPに記載されております。

評価しようとする土地が共有となっている場合には、その共有地全体の価額に共有持分の割合を乗じて、各人の持分の価額を算出します。したがって、例えば共有地全体の価額が1億円の宅地を甲が4分の3、乙が4分の1の割合で共有している場合には、甲の持分の価額は7,500万円(1億円×3/4)、乙の持分の価額は2,500万円(1億円×1/4)となります。

つまり、共有持ち分の評価は不動産価格の共有持分割合に応じて算出すると示されております。

したがって、あくまでの国税庁の共有持分評価は不動産価格と持ち分に応じて算出するのであり共有持ち分に対するマイナス評価は特にないことがわかります。

市場としての持ち分評価

一方、市場の共有持ち分の評価はどうでしょうか。例えば1億円の不動産が二人の共有持分であるときに片方が持っている共有持ち分だけを5,000万円で売却することができるでしょうか。

答えとしては、5,000万円で売却することは難しいと思います。なぜなら国税庁が5,000万円の価値としても一般市場において共有持分だけを購入したいというニーズはないように思われるからです。

つまり、あなたの不動産共有持ち分を売却したいと思ったとしても不動産価格の2分の1そのままで売れることは難しいと考えられます。

それどころか、売却活動は難航するでしょう。

共有持分の不動産売却方法について

基本的に、あなたの不動産共有持ち分だけを売却することができますが、一般の居住用購入検討者を探すことは難しいです。なので、最初の解決策は不動産共有持ち分を持っている人、全員が売却の意思をもって活動をするということが良い解決策です。

もし、それができないと購入者が購入のためのローンを銀行から組むことができなかったり、ほかの共有者との交渉(住んでいる場合にはその交渉など)などが必要となってきたりするのですが、トラブルになる可能性があります。

そのため、下記の方法があります。

7つの売却方法

方法①:共有持分の全部売却
共有持分となった共有者全員の同意を基に売却します。
方法②:持分の一部を売却
共有持分で保有している自身の持ち分だけを売却します。※一般の不動産仲介会社では難しいため、中央プロパティなど専門性がある会社に相談する必要があります。
方法③:共有持分を売却移転
自分が持っている不動産持分を他の共有者に売却する。
方法④:共有持分の買取
ほかの共有者が持っている不動産の共有持分を買取ることで売却がスムーズになります。
方法⑤:共有持分の放棄
売却を諦め、自分の共有持分を放棄します。
方法⑦:共有物分割請求訴訟
裁判所の判決により、共有状態となった不動産の解消を図る。
Point!!

いずれも共有者同士の調整が必要で、分割であったり査定であったりと調整に豊富な知識と経験が求められます。一般の不動産仲介会社では対応できない場合もある点に注意しましょう!!

共有持分売却を手伝ってくれる不動産会社に任せるメリット

今まで不動産の共有持ち分を売却するためには、一般の不動産仲介会社では難しいので共有持分売却に専門性がある不動産会社に任せる必要があります。では、専門家に任せるメリットを説明します。

なぜ、一般の不動産仲介会社では難しいのか

共有持分の売却を手伝ってくれる不動産仲介会社はいますが、なぜ依頼に乗ってくれる一般の不動産仲介会社では難しいのでしょうか。

それは、一般の不動産仲介会社では、ノウハウや経験が乏しいため調整に多大な労力を要することになってしまいます。そのため、一般の不動産仲介会社では割に合わので体よく断られてしまうこともあるのです。

やはり専門性が必要とされる共有持分の売却は、、専門的な株式会社中央プロパティなどに相談を行うのが良いでしょう。

任せるメリット①:早期の現金化が可能になる

一般の不動産会社に任せるより、共有持分売却を専門性をもつ会社に任せるメリットの一つは、早期売却による現金化ができることになります。

通常の売却活動とは違い、共有者間の調整や査定など難易度の高い不動産売却となります。

そのため、専門性をもった不動産会社のほうが早期売却による現金化を見込むことができます。

任せるメリット②:共有持分のみを売却してくれる

これはまさしく、一般の不動産仲介会社ではまずできないでしょう。

通常、不動産売却を行う場合は、共有持分だけの売却は難しいです。ただ中央プロパティは所有している共有持分のみを完全仲介で売却できるノウハウとネットワークがあります。

そのため、共有持分のみを現金化することが可能です。

 

任せるメリット③:共有者の同意有無に限らない売却提案

一戸建てやマンションなど共有名義となってしまっている不動産を売却するためには、原則共有者となった全員の同意を得たうえで、全部売却をするのが原則となります。

ただ法律上、自身の持ち分のみを売却したい場合には、他の共有者の承諾や同意はなくとも売却することができるのが認められています。

そのため、自身の共有持分だけを売却することは可能です。ただし、共有持分だけを買ってくれる人は少ないので実際の売却活動は多くの場合は失敗に終わるでしょう。

その点、中央プロパティでは独自のノウハウを基に、自分の共有持分だけを売却する仲介をお願いすることが可能です。

 

共有持分だけを売却する場合の価格査定はどうなる?

あなたが共有持分売却を検討するときに気になるのが、価格査定でしょう。あなたの共有不動産持分だけを売却する場合には、多くのケースでは市場価格より少ない金額になると思われます。

前提として、共有持分だけを買取ってくれる人は多くないので、買ってくれる母数が少ないため、価格査定は厳しくなるでしょう。

ただ、これに関しては前述に説明した通り、共有持分の一般ニーズがない中で売却できるわけで、その点は止むを得ないと思います。

むしろ、共有者全員の同意なく売却できる可能性があるのであれば、金額が低くとも売却したいという心構えが必要となるでしょう。

共有持分不動産買取【Century21中央プロパティー】

不動産の共有持分売却の専門家です。持分のみを買い取ってもらうことができます。相続した不動産や離婚で共有持分となってしまった不動産を売却することができます。詳しくは下記のホームページから無料相談することができます。

オリコン顧客満足度が1位!不動産売却ならノムコム

ノムコムなら2018年オリコン顧客満足度調査(不動産売却仲介のマンション・戸建て)で1位を獲得!




【野村の仲介+(プラス)】不動産売却ノムコムの口コミや評判

2017.12.28

ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!