ゼロキューブ(ZERO-CUBE)を建てて成功した・良かった事まとめ

物事には良い事と悪い事は紙一重で存在するとはよく言われる事ですが、それは家づくりにも当てはまるのではないでしょうか?

実際にゼロキューブ(マリブ)を建てて、失敗した・後悔したと思う事はありましたが、もちろん成功した!建てて良かった!と思う事もありました。今回は、ゼロキューブを建てて成功した!良かった!と思う事は当たり前、思ったよりゼロキューブいいじゃないか!と思った事もお伝えします。

ゼロキューブを建てて失敗した【3選】実際に住んだから分かった事とは?

2018.07.26

ゼロキューブを建てて後悔した【4選】住んで分かったデメリットを公開(随時更新)!

2018.06.22
ゼロキューブ、興味はあるけど建てた後はどうなんだろう…と思うのは皆さん思う事ですよね。私もそうでした。「どんな事が成功した・良かった事なのか?オラ、ワクワクすっぞ!」と思って頂けると嬉しいです。
注意事項について
この記事では、あくまで個人として感じたゼロキューブの成功した点について紹介しています。人によっては失敗と感じない事や、工務店様の仕様に違いがある事を承知していただけると助かります。

ゼロキューブを建てて成功した・良かった事①:ローコスト住宅の本当の意味を知った

Save Money

ゼロキューブシリーズはいわゆるローコスト規格住宅です。

ローコスト住宅というネーミングの通り、ゼロキューブ(ZERO-CUBE +FUN)は1,000万円から家づくりが出来るというキャッチフレーズが目に留まりますよね。

実際にゼロキューブを建ててみて良かった・ゼロキューブで家づくりが成功したなぁと思った事はこのローコスト住宅の仕様でした。

ゼロキューブマリブ(ZERO-CUBE-MALIBU)を建てた!ブログ形式で評価をしてみる

2018.05.29
ローコスト住宅という新しい家づくりのスタイルの本当の意味を理解していなかったので、実際に建ててみて良い意味で裏切られた内容をまずはご紹介します。

ローコスト住宅=手抜き・素材をケチる訳ではない

そもそも、ローコスト住宅に対する私の先入観は「ローコスト住宅=素材をダウングレードした住宅」でした。

つまり、普通の住宅に利用する建材をワンランク落とした建材を使って作るのがローコスト住宅…と思っていました。

もちろん、私の先入観は誤りでしたが、誤りだったどころかむしろ良い意味で裏切られたのがゼロキューブ(ZERO-CUBE)でした。

良い意味で裏切られたと感じた内容についてはこの後でしますが、ゼロキューブしか建てた事がないのでゼロキューブに限った話にはなってしまいますが「ローコスト住宅=手抜き・素材をケチる訳ではない」というのは声を大にして伝えたい事の1つです。

無駄なものが最初からついていないだけ、欲しいものは追加するスタイル

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)はローコスト規格住宅と定義されていますが、実際に建ててみて初めてその意味を理解できたといえます。

1,000万円からはじまる、新しい家づくりのカタチができました。洗練されたシンプルな四角い家をベースに、「+FUN」のオプションであなただけのコダワリを追加していく、新しい発想のセミオーダー型デザイン住宅。

つまり、最初からいろいろな機能や設備が含まれていると必然的に価格も高くなります。

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)は最初は必要最低限の機能や設備があり、それ以外のものを望むのであればオプションという形で付け加えていくスタイルです。

足りないものだけ(欲しいもの)加える事で、価格の増加も抑える事が出来るのがゼロキューブの良い所!ちなみに我が家が追加したオプションは別の記事にまとめていますので、参考にしてください!

ゼロキューブで追加して良かった!と思えたオプション5選を紹介!

2018.07.04

ゼロキューブを建てて成功した・良かった事②:クオリティが思ったより良かった!

quality

では、どのような部分で「良い意味で裏切られた」と感じたのかを少し詳しくお伝えします。

結論から伝えさせていただくと、要所要所で利用されている建材を調べてみると「最新」「グレードが高い」といった事が挙げられます。

またメーカーも建材メーカーでは有名どころがズラリ。LIXIL・YKK AP・TOTO…もちろん、建材メーカーのラインナップでも上級グレードから下流グレードまで様々な種類があるのは承知の上ですが

やはり、一流メーカーの建材を利用しているとローコスト住宅という響きをあまり意識する事がないのも事実です。

具体例として、有名ブランドの高性能建材が使われていた!

ローコスト住宅といってもガラスや玄関は有名どころのメーカーを使用していました。

例えば、YKKAPが提供する高性能樹脂窓が我が家ではオプションなしで施工されています。

ローコスト住宅=材料や素材をケチるという事であれば、このような最新かつ高性能なものは施工されませんよね?そういった意味で、ゼロキューブ(ZERO-CUBE)のクオリティが高いなぁと我が家は感じました。

また、サッシは温度差による結露の発生を抑え、内装材の腐食を防ぐことで住宅の長寿命化に貢献するLow-E複層ガラスが使われているなど、外気温をなるべく家の中に入る事を防ぐ工夫がされていました。

ゼロキューブの夏は暑い?冬は寒い?購入後の住み心地について

2018.07.31

玄関ドアはカードキーでストレスフリー!

玄関ドアはYKK APのカードキータイプでした。これ、来訪者が結構驚かれる建具の1つです。

もちろん、それぞれの会社によって方針があるとは思いますが、周りの名だたるハウスメーカーの作った家の玄関ドアが通常のカギタイプを見たりすると

なんだか鼻が高くなってしまうのは、私だけでしょうか…みなさんにもこの体験を是非してもらいたいです!

ゼロキューブを建てて成功した・良かった事③:引き渡し後のフォローも◎

もちろん工務店様によって方針は異なるとは思いますが、我が家のゼロキューブを施工して頂いた工務店様は1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月とまめに点検に来ていただいています。

建てるのも作業の1つですが、末永く住み続けるのも作業の1つといった意味では非常に満足したというか、建てて良かったなぁと感じています。

点検なのに傷の補修などをしてもらったり…本当に助かっています!

いかがでしたか?今回はゼロキューブ(ZERO-CUBE)の家を建ててみて感じた事を記載させていただきました。

もちろん完成した家には非常に満足していますし、ここでは紹介できない良かった点もたくさんあります。

ただ、その中で最も皆さんにお伝えしたいゼロキューブで良かった!建てて成功した!と思う事はローコスト住宅というサービスにも関わらず何一つ我慢する事がなかったという事です。

足りないものはオプションで加える事で、余計なものにお金を掛ける事がなくなればコストも抑制できますよね!是非、皆さんもゼロキューブ(ZERO-CUBE)の素晴らしい仕組みを知っていただければ幸いです。


たった60秒の手間で50万円以上も差が出る!?
住宅ローン一括審査サービス利用のススメ!

ゼロキューブ購入に切っても切れない「住宅ローン」ですが、知識不足や準備不足により、住宅ローン契約が終わってから後悔したことがある方が多数!
そんな後で後悔しないように我が家が利用したサービスが【住宅ローン一括査定サービス】です。
忙しい方や後で後悔したくない方にお勧めのサービス!是非利用していただいて少しでもお得にゼロキューブを購入してくださいね!

60秒の作業で金利の支払額が50万円も差が!?やらなきゃ損!住宅ローン一括審査のススメ

2018.06.12

ABOUTこの記事をかいた人

住宅王に俺はなる!

つい最近一戸建てを購入。家を購入してからの口癖が、某有名海賊マンガを意識して「住宅王に俺はなるっ!」。家を建てるという事は、大海原に冒険に出るようなもの。その冒険にはいろいろと準備が必要ですよね?そのやり方を実際の経験を生かしてお伝えします。「オラ、ワクワクすっぞ~!」 あれっ!?それはまた別のキャラクターでは…