1000万円台の家(ローコスト住宅)を建てるなら「ゼロキューブ」がおすすめ

住宅購入を希望している方の要望に合わせて、最近ではローコスト住宅と呼ばれるような1,000万円台で建てる事が出来る商品が多く見受けられるようになりました。

前回私が購入した2,000万円台の家をご紹介しましたが、今回は同じゼロキューブシリーズで1,000万円台で建てられるローコスト住宅をご紹介します。

2000万円以下でオシャレな注文住宅(新築)が建つ!?実際に建てた家は?

2018.07.25
新居に掛かるお金を抑えようと考えた場合、土地の価格はあまり動かせないので、上物、つまり住宅の価格を調整するのが賢明ですよね。今回はなんと900万円台から1,000万円台で上物を建築出来る「ゼロキューブ」についてご紹介します。1,000万円台で家を建てられるの?「オラ、ワクワクすっぞ!」と思って頂けたら嬉しいです!

1000万円台の家(ローコスト住宅)ゼロキューブとは?

株式会社ベツダイが企画・販売している「ゼロキューブ(ZERO-CUBE)」建物を建てる金額が1,000万円台からといった低価格にも関わらず、外装・内装、そして間取りなどの変更が可能という自由度が高い規格住宅となっています。

また、徹底的にムダを削ぎ落した企画により【生活の中であまり利用しない空間や設備がない】事もゼロキューブの特徴です。

なぜ、1000万円台で家を建てる事が出来るのか?

ゼロキューブが1,000万円台という低価格で家を建てる事が出来る理由はいくつかありますが、実際にゼロキューブを建てた側からすると、その1つとしてゼロキューブが規格住宅である事が1,000万円台での建築を可能にしているのではないかと思います。

規格住宅を私なりにお伝えすると、予め設計した内容を(もちろん、我が家もそうですが間取りの変更は可能)そのまま建てるので、設計費用など人件費が発生しません。

また、ゼロキューブはツーバイフォー工法で建てられますので、予め型に加工された壁を運送・組み立てといった形で行われるため、最初から大工さんがトンテンカンテン作業をしません。

建売住宅と注文住宅のイイトコ取りが規格住宅の最大のメリットです!最初からオプションがテンコ盛りではなく、あとから追加するシステムも低価格に貢献していると思われます。

様々なバリエーションがあるのもゼロキューブの特徴

そんな1,000万円から建築が出来るゼロキューブですが、人気があるのは価格だけではありません。ゼロキューブは購入者の希望に応えるために様々な種類の規格住宅を販売しています。

シンプルなデザインのものから、ウッドデッキやスカイバルコニーがあるものまで…その種類は非常に多く存在します。

ゼロキューブって何?購入者が公式サイトより詳しく書いてみた

2018.07.20

既に内容が決まっている規格住宅を販売するのではなく、様々な規格住宅を販売するというのが住宅希望者に好評である理由の1つかもしれませんね。

我が家もローコスト住宅としてのゼロキューブと、カリフォルニアテイストを取り入れたコラボ商品であるゼロキューブマリブと呼ばれるゼロキューブの1種となります。

カリフォルニア風の家が欲しいなら「ゼロキューブマリブ」が絶対お勧め!

2018.08.21

最安値はなんと900万円台から!

ゼロキューブシリーズで最も低価格な商品は「ゼロキューブシンプルスタイル」と呼ばれるもので、なんと900万円からの価格となっています。

900万円…これは建売住宅に匹敵する価格ですが、そんなローコスト住宅でありながらウォークインクローゼットやバルコニーが標準仕様となっているのは嬉しいですよね。

余計なものはいらない、だけど暮らしは上質でありたい、さまざまな夢も実現したい。
そんなマイホームの原点に立ち返った、新しい家づくりのご提案です。
900万円からの究極のオールインワン住宅。
価格を超える満足感。
【公式】ZERO-CUBE SIMPLE STYLE ゼロキューブ シンプルスタイル

1000万円台の家(ローコスト住宅)ゼロキューブの間取り

1,000万円台のローコスト住宅、ゼロキューブの標準仕様における間取りはこちらの通りです。

先ほどもお伝えした通り、ゼロキューブは規格住宅でありながら自由に間取りを変更する事も可能なので、皆さん「こんな間取りにしたい」と思われていたままに変更されています。

ゼロキューブ(zero-cube)の間取り6選!間取り変更でここまで出来る事例を紹介

2018.06.19

もちろん「間取りを追加する」事も可能!我が家は収納スペースを大きく取り入れたいために、標準仕様の間取りに8畳ほどの玄関収納を追加しました。

そのまま建てるのも良し、内容(間取り)を変更するのも良し、追加も出来る…規格住宅といっても注文住宅のような要望が出来るのも嬉しかった内容の1つです。

1000万円台の家(ローコスト住宅)ゼロキューブのインテリア(内観)

もちろん、インテリア(内観)も非常にシンプルでかつ無駄のない作りとなっています。

ですが皆さま(我が家も)好き放題に変更される方が多いのも事実…(笑)。そりゃそうですよね…人生でそう何回もないお買い物ですので、皆さんこだわって建てられています。

ゼロキューブのリビング(インテリア)5選!それぞれのリビングの特徴まとめ

2018.09.25

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)の内装(内観)!我が家が参考にしたおすすめ内装9選

2018.06.04

ゼロキューブを建てる工務店様の仕様にもよりますが、ある程度の変更を加えるともちろん追加料金が発生します。

とはいえ、家そのものの価格が他に比べて低いので予算内で追加される方も多いそうです。

世界で1つの我が家…。1,000万円台の家だからこそ自分仕様に少しアレンジ(カスタマイズ)したいのは皆さん共通認識のようです。

1000万円台の家(ローコスト住宅)ゼロキューブのエクステリア(外観)

ゼロキューブの特徴の1つが、その四角い(スクエア)な外観。注文住宅のようなデザイナー住宅が1,000万円台で建てる事が出来るのも我が家がゼロキューブで建てる事を決断した理由の1つ。

おしゃれな四角い家の外観デザインまとめ5選!

2018.08.23

この四角い2階建て住宅以外にも、狭小住宅用や中庭があるタイプ、平屋タイプなどもすべて1,000万円台で建てられる住宅となっています。

オシャレで低価格な狭小住宅ならゼロキューブミニで決まり!

2018.08.03

ゼロキューブの平屋「KAI(回)ACT1」についてまとめてみた

2018.11.29

「四季-HIRAYA-」ゼロキューブとは一線を画す和モダン平屋のまとめ

2018.11.30

1,000万円台で建てられるローコスト規格住宅「ゼロキューブ」を紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?

興味が出た方は、実際に住んでみたレビュー記事なども併せて読んで頂けるとより深くゼロキューブについて知っていただけるかと思いますよ!

ゼロキューブを建てて失敗した【3選】実際に住んだから分かった事とは?

2018.07.26

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)を建てて成功した・良かった事まとめ

2018.10.15

たった60秒の手間で50万円以上も差が出る!?
住宅ローン一括審査サービス利用のススメ!

ゼロキューブ購入に切っても切れない「住宅ローン」ですが、知識不足や準備不足により、住宅ローン契約が終わってから後悔したことがある方が多数!
そんな後で後悔しないように我が家が利用したサービスが
【住宅ローン一括査定サービス】です。
忙しい方や後で後悔したくない方にお勧めのサービス!
是非利用していただいて少しでもお得にゼロキューブを購入してくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

住宅王に俺はなる!

つい最近一戸建てを購入。家を購入してからの口癖が、某有名海賊マンガを意識して「住宅王に俺はなるっ!」。家を建てるという事は、大海原に冒険に出るようなもの。その冒険にはいろいろと準備が必要ですよね?そのやり方を実際の経験を生かしてお伝えします。「オラ、ワクワクすっぞ~!」 あれっ!?それはまた別のキャラクターでは…