【3分で読める】マンション売却の流れ基本7ステップ解説

既にマンション売却をしたことがある方は把握しているかと思いますが、初めてマンション売却を行うとなると不安になりますよね?

今日は3分でわかる基本的なマンション売却の流れを分かりやすく解説します。

まずは基本的な流れをおさえましょう!

マンション売却の流れ

マンションを売却するには、大まかに下記のステップがあります。

  1. まずはマンション査定・相談・店舗来店
  2. 不動産業者選び
  3. 選んだ不動産業者と媒介契約の締結
  4. 売却活動(内覧)
  5. 売買契約の締結
  6. 引き渡し準備
  7. 引き渡し

これを基本的に押さえておけば大丈夫です。次に各ステップをもう少し詳しく解説していきます!

まずはマンション査定・相談・店舗来店

マンションを売却しようとしたときになると、まず最初に行うのが「査定・相談・店舗来店」のいずれかになります。

いきなり不動産業者に来店相談することにハードルを感じる方は、まずは査定をするケースが一般的です。

査定で不動産業者とやり取りをしてみて、信頼できる業者かどうかメールでやり取りをして精査するのもいいと思います。

次で説明する不動産業者選びを参考にしてください。

もし不動産業者の査定相場を一括知りたい方は無料の不動産一括査定オススメサイトがおすすめです。

不動産業者選び

査定を行って、マンション売却の相場感を一括査定や店舗相談などによって把握したら、次にやるべきことはどこの不動産業者に売却活動を任せるかを選ばなければなりません。

不動産業者を選ぶにあたって、どの不動産仲介会社に任せるかを悩まれるかと思います。

マンションの売却で不動産業者とのお付き合いは、3か月程度とそれなりの期間を共に過ごすことになります。そのため、重要になってくるのは信頼できる不動産仲介会社かどうかということになります。

どういった視点で選べばよいかは下記記事に記載しましたので、詳細を知りたい方はチェックしてください。

誰も教えてくれない売却活動をスムーズにする仲介会社の選び方とは?

誰にも教えてくれない!?売却活動をスムーズにする仲介会社の選び方とは?

2017年11月4日

そして、不動産仲介業者の何社に売却活動を依頼できるかは、次に説明する不動産業者と結ぶ媒介契約によって異なります。

この時点で仲介業者を必ずしも1社に絞る必要はありません!次に説明する媒介契約のと特徴を把握したうえで、複数社に任せるか1社に任せるかを決めましょう。

選んだ不動産業者と媒介契約の締結

ある程度不動産業者を絞った場合で次にやることは、不動産業者とどの媒介契約を結ぶかということを決めなければなりません。

媒介契約の種類は下記3つがあります。

  • 一般媒介契約(不動産仲介業者複数に売却活動を任せることが可能)
  • 専任媒介契約(不動産仲介業者は1社。買主の自己発見取引が可能)
  • 専属専任媒介契約(不動産仲介業者は1社。買主の自己発見取引も不可)

どれにするか詳細を知りたい方は下記記事を参考にしてください。

売却を依頼する媒介契約って?みんなはどの媒介契約?基礎知識や実態調査

2017年12月19日
ワンポイントアドバイス!!

専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約は、1社にしか任せないからこその売却サポートが充実しているケースが多いです。ケースバイケースで使い分けましょう

売却活動(内覧)

不動産仲介会社と媒介契約を締結して、いざマンションの売却活動をスタートしたら、購入検討者から内覧希望の申し入れがあります。

その申し入れに対して、内覧を受けることになります。

空室の状態であれば、掃除を行って随時受け入れることになりますが、居住中の場合には内覧に備えてしっかり掃除や整理整頓を行う必要があります。

掃除やみられるポイントなどを知りたい方は下記記事を参考にしてください。

マンションが売れない物件内覧!?正しい内覧の準備やコツ教えます!

【初心者必読!】マンションを売るコツは失敗しない内覧にあり!

2017年11月18日
掃除機で室内を掃除

【保存版】マンション売却時に避けられない内覧時の掃除方法教えます!

2018年3月7日
居住中であっても、しっかり準備をすることで売却活動をスムーズにすることは出来ますよ!!

売買契約の締結

内覧を行って、購入希望者が申し込んで諸条件を調整が済んだ後は、売買契約の締結を行います。

物件の内容や価格条件をもとに、売買契約書の締結を行っていきます。

ほぼほぼ、契約書の作成は不動産仲介会社が行ってくれますよ!

引き渡し準備

契約書の締結が済んだ後は、引き渡しの準備が必要となります。

公共料金の精算や引っ越しなど様々な手続きが行われます。売却のマンションに銀行の抵当権が設定されている場合には、抵当権の抹消手続きなどが必要になります。

引き渡し

諸々の引き渡し準備が行われた後は、いざ引き渡しを行います。

ここでは、買主様からの残代金の受け取りや鍵の引き渡しなどが行われます。この段階で売却マンションにまだ住んでいるということはありません!

以上が、マンション売却の流れとなります。

事前に把握しておくことで、売却活動がスムーズになります。

もし、少しでも不安や質問があったら信頼ある不動産仲介業者に任せるようにしましょう!相手は慣れていますので、いろいろと答えてくれるはずです。

オリコン顧客満足度が1位!不動産売却ならノムコム

ノムコムなら2018年オリコン顧客満足度調査(不動産売却仲介のマンション・戸建て)で1位を獲得!




ノムコム

【野村の仲介+(プラス)】不動産売却ノムコムの口コミや評判

2017年12月28日

ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!