楽天カードを使って家計(生活費)のやりくりが苦しい…から脱出する方法

楽天カードを使って家計(生活費)のやりくりが苦しい…から脱出する方法




自分が建てたい住宅を建てて毎日ハッピーな生活を送れると思っていたら…なんだかんだで支払うものが多く、かつ生活費もかさみ気が付いたら家計(生活費)のやりくりが苦しくなっていた…これから家を購入する方・した方、そんな私のようにならないように注意してくださいね…。

ゼロキューブマリブ(ZERO-CUBE-MALIBU)を建てた!ブログ形式で評価をしてみる

2018.05.29

今回は、夢のマイホームを購入した後に家計(生活費)のやりくりが苦しくなった我が家の台所事情を、楽天カードを使って改善した方法を紹介します!

まさか自分も…と他人事のように考えていた住宅購入後の生活費の苦しさ…今回、経験した事・勉強した事を皆さんに共有します!「他人の不幸は蜜の味。オラ、ワクワクすっぞ!」と思って読んで頂けると幸いです。



家計(生活費)のやりくりを大きく変えてくれる楽天カード。「そんなに効果があるカードなの??」と思う方は、騙されたと思って公式サイトでその特典内容を確認してみてください。
たった数分の時間があなたの家の家計を大きく変えてくれるかもしれませんよ!

家計(生活費)のやりくりが苦しい家庭は多い

家計(生活費)のやりくりが苦しいのはあなただけではありません

まさか自分の家庭が家計のやりくりで苦労するとは…思ってもみませんでした。夢のマイホームを購入したのですがそれはあくまでも新たなスタートでありゴールではないという事を今さらながら感じました。

それもそのはず、実は住宅を購入するタイミングは家計に負担が掛かるタイミングでもあり、住宅購入後における様々な負担も発生するからです。

子供の教育費がかさむ

マイホームを購入したきっかけとして多い理由が(我が家もそうです)子供の成長です。

子供が幼稚園や小学校に入園・入学する際にはマイホームを持ちたい…。そう考えて購入した方は多いのではないでしょうか。

そしてマイホームを購入した後に待っているのは…そう、今までは発生しなかった教育費です。

今まで発生しなかった教育費。習い事や入園・入学に合わせて発生する費用など今までの生活費に合算して発生するものが家計を圧迫します。

住宅用品の購入費がかさむ

マイホームを購入した我が家が陥ったのは、マイホームを更に良いものにすべく購入した住宅用品。

IKEAやニトリからブランド家具まで、自分たちが気に入って建てたマイホームを更に飾り立てようとしたのが失敗の始まりです。

マイホーム購入時に家電用品の入れ替えをしたのも大きな痛手でした。

長期的に見れば、最新の家電用品による光熱費の削減などはあるかもしれません。しかし、短期的にみると大きな出費がかさむのも事実です。

実は家計(生活費)のやりくりが苦しいと感じる人は約60%!

厚生労働省「平成30年 国民生活基礎調査の概況」世帯の生活意識の年次推移より

家計(生活費)のやりくりが苦しいのは我が家だけなのか…と思い検索をしてみると…厚生労働省がまとめた資料を発見!

そこにはなんと家計(生活費)が苦しい)と感じる人が62.1%という衝撃の調査結果がありました。

生活意識別に世帯数の構成割合をみると、「苦しい」(「大変苦しい」と「やや苦しい」) が 57.7%となっている
引用元:平成30年 国民生活基礎調査の概況

生活が苦しいと感じる世帯(家族)が全体の57.7%!?つまり、10世帯の中で約6世帯が生活苦しいなぁと感じている事になります…。

厚生労働省「平成30年 国民生活基礎調査の概況」各種世帯の生活意識より

また、各世帯別(全世帯・高齢者世帯・児童のいる世帯)で調査した結果も記載されていました。

各種世帯の生活意識をみると、「苦しい」の割合は、「高齢者世帯」が 55.1%、「児童 のいる世帯」が 62.1%となっている
引用元:平成30年 国民生活基礎調査の概況

つまり、子供がいる世帯が最も生活が苦しいなぁと感じているという調査結果に。我が家もその中の一世帯ですね…。

我が家だけではないんだ!みんな家計(生活費)のやりくりが苦しいんだ!…と思ったのもつかの間。大事な事はやりくりの苦しさをどのように解決するか

普段使っていない脳みそをフル回転してどうすれば生活費のやりくりを改善できるかを考えた結果…あるアイディアにたどり着きました。

その答え…とはお金をただ使うのではなく使った後に戻ってくるように使う事でした。

家計(生活費)のやりくりが苦しいのはお金をただ使うだけだから

家計(生活費)のやりくりが苦しいのはお金をただ使うだけだから

もちろん、我が家でも毎月の出資が赤字にはならないように注意はしていました。しかし、赤字にならないよう注意するだけでは家計は楽にはなりません。

色々と考えてやっと気が付いた事は常にお金の流れを意識して使っていなかった事でした。

お金の流れを意識するという事は「ここで利用したお金はそのあとどう活きるか」という事です。さて、その具体的な内容とは?

給料はそう簡単に大きくは増えませんよね?そうならば今の収入で効率良くお金を使っていく必要があります。そこで考えたのは【お金に2回働いてもらう】方法でした。

お金に2回働いてもらうとはどういう事か。それは1度目は支払いに対して働いてもらい、2回目はポイントなどの還元サービスとして働いてもらう事です。

なんだ…そんなの知ってるし、既にやってるよ
ちょっと待ってください!年間で最低でも37,560円分、うまく利用して117,680円分のポイントが還元されていますか?

様々なカードによるポイント制度は既に利用されている方は多いと思います。でも、果たしてそのポイントが生活費として利用できるポイントですか?




家計(生活費)のやりくりを大きく変えてくれる楽天カード。「そんなに効果があるカードなの??」と思う方は、騙されたと思って公式サイトでその特典内容を確認してみてください。
たった数分の時間があなたの家の家計を大きく変えてくれるかもしれませんよ!

クレジットカードは多くある中、楽天カードが家計を助ける理由

クレジットカードは多くある中、楽天カードが家計を助ける理由

クレジットカードは多くの種類があります。そんな中、家計(生活費)のやりくりを助けてくれるクレジットカードがなぜ楽天カードなのか疑問に感じる方も多いのではないでしょうか

楽天カードをおススメする理由には3つの理由があります。
家計を助けるクレジットカードが楽天カードである理由
  • 年会費が無料(0円)であるクレジットカード
  • 入会時に5,000円分買い物が出来る5,000ポイントがもらえる
  • ポイント還元率が最も高いクレジットカードの1つ
  • クレジットカードの審査が通り安い

様々なクレジットカードがある中、楽天カードが家計を助けてくれるには多くの理由があるからです。

ここではそれぞれについて少し内容を紹介させていただきます。

年会費(維持費)が無料。そして入会時に5,000円(ポイント)もらえる!

家計を助けるクレジットカードが楽天カードである理由①
維持費がかからず、申し込むだけで5,000円分のポイントがもらえるカードは他にない!
クレジットカードを作る時、何か基準はありますか?私はまず持っているだけで使わなくなっても費用が発生しない年会費無料のカードを選ぶのはマストとしています。

また、楽天カードが凄いのは申し込むだけで5,000円分利用出来る5,000ポイントがもらえること。

他のクレジットカードでここまで太っ腹な特典(キャンペーン)を実施しているカードはまず見当たらないのではないでしょうか。

ポイント還元率が最も高いクレジットカードの1つ

家計を助けるクレジットカードが楽天カードである理由②
最低でも還元率は1%。楽天市場での買い物では3%以上も!
還元率によって貯まるポイントは非常に差が出るので、ポイント制度を利用する場合重要になるのは還元率です。

楽天カードでは、通常(最低)でも還元率が1%かつ、楽天市場内での買い物は3%以上と非常に高いポイント制度となっています。

高い還元率だから早くポイント(現金化)も出来る!まさに生活費(家計)のやりくりを助けてくれるクレジットカードなんです。

審査も通りやすい!

家計を助けるクレジットカードが楽天カードである理由③
学生の方やアルバイト、専業主婦の方でも審査に通りやすい!
申し込み時にすぐに利用できるポイントが還元され、かつ還元率が高いクレジットカードにも関わらず、楽天カードは審査も通りやすいというのが人気の秘訣。

いくら魅力的な内容をもったクレジットカードといっても、審査でクレジットカード発行が出来なくては元もこうもありませんよね?

その点、楽天カードではアルバイトや専業主婦の方、学生の方でも審査落ちする事が少ないクレジットカードと評判ですので安心して申し込みができます。

楽天カードの獲得シミュレーションは?

楽天カードの獲得シミュレーション

それでは、楽天カードを申し込んだ後に年間でどれくらいのポイントが貯まるのでしょうか?

年会費が発生しない、申込時に5,000円分が使える5,000ポイントが付与される楽天カードを申し込んだ後のシミュレーションを還元率と2017年の総務省「家計調査」で明記されている日本全国の平均支出を元に算出してみました。

還元率1%で計算した場合、年間37,560円分のポイントが貯まる可能性が

1ヶ月の平均支出
還元率(1%)
年間(12ヶ月)
31.3万円
1%
37,560円(42,560円)

2017年度の日本における、2人以上の勤労者世帯の消費支出は1ヵ月平均313,057円とされているので

生活費を全て楽天カードを利用して支払った際のポイント還元率を1%として計算すると月間3,130円、年間で37,560円(入会時にもらえるポイントと合わせて42,560円)となります。

これでも最低限の還元率である1%で計算した場合です。

還元率3%で計算した場合、年間112,680円分のポイントが貯まる可能性が

1ヶ月の平均支出
還元率(3%)
年間(12ヶ月)
31.3万円
3%
112,680円(117,680円)

例えば、楽天市場や各キャンペーンにおける還元率が高い時に支払や商品を購入した場合はどうなるのでしょうか?

先ほどは1%で計算しましたが3%で計算すると…年間で112,680円(入会時にもらえるポイントと合わせて117,680円)となります。

あくまでも還元率が一定という条件でのシミュレーションとなりますが、きちんと還元率が高い時に利用するなどこまめに意識しながら利用するだけでここまで普段の生活で利用出来るポイントが貯まるのも凄いですね!ぶっちゃけた話、5,000ポイントをゲットするだけに楽天カードを申し込むというのもアリです!



家計(生活費)のやりくりを大きく変えてくれる楽天カード。「そんなに効果があるカードなの??」と思う方は、騙されたと思って公式サイトでその特典内容を確認してみてください。
たった数分の時間があなたの家の家計を大きく変えてくれるかもしれませんよ!




ABOUTこの記事をかいた人

住宅王に俺はなる!

つい最近一戸建てを購入。家を購入してからの口癖が、某有名海賊マンガを意識して「住宅王に俺はなるっ!」。家を建てるという事は、大海原に冒険に出るようなもの。その冒険にはいろいろと準備が必要ですよね?そのやり方を実際の経験を生かしてお伝えします。「オラ、ワクワクすっぞ~!」 あれっ!?それはまた別のキャラクターでは…