マンションの売却価格相場や高く売るための査定に必要な知識!

マンションの売却価格相場や高く売るための査定に必要な知識

マンションを手放す理由は「買い替え」「住み替え」「転勤」「相続」「空家」など人それぞれ様々な理由があるものです。そのときに必ず誰しもが抱くのは、「少しでも高く売りたい!」ものですよね?だけど、マンションをいざ売るときになってみるとマンションを売却するときには、今のローンの返済や売却活動、実際の売買契約などいろいろやることが大変です。さらにマンションの売買はそれなりの大きい金額を扱うので、専門領域を必要とされます。ここではマンションをお持ちの方が少しでも高く売るために必要な知識を紹介できる方法を紹介します。

マンションを高く売るためには運だけではなく、正しい知識が必要です。どうすれば良い条件で売れるかしっかり確認していきましょう!

まずはマンションの売却価格の相場を知りましょう

まずマンションの売却すると決めたのであれば、ここのマンションはいくらぐらいの価格なのかの目安を立てる必要があります。

身近なところであれば、実際にお住いのマンションで売り出している価格などを参考に価格相場を養っていきましょう。

同じマンションの売却価格があればいくらで売れるかの実勢価格のサンプルとして有効なものとなり、いざ不動産会社に査定を依頼するときに理想とのギャップがなくなり売却活動もスムーズになるでしょう。

もし同じマンションで売り出している事例がない場合は、他のマンションで近しい事例を探すこともできますが、不動産の素人が想定する価格とは乖離が発生してしまうこともあるので、実際に不動産会社に依頼してみましょう。オススメは複数の不動産会社にマンションの無料の不動産一括査定サイトで依頼されることをオススメします。

自分である程度の相場を知ることができます!では自分のマンションが実際の査定額になるかは不動産のプロに確認してみましょう!

次に物件価格の査定を依頼する。

おおよそのマンション売却価格相場をイメージできたらいよいよ不動産会社にプロとしてマンションの売却査定を実際にしてみましょう。いよいよこのステップから不動産会社のお付き合いが始まります。プロの目で査定をしてもらいます。

マンションの価格査定をするときに知っておきたい「机上査定」と「訪問査定」とは?

不動産会社にマンション価格の査定をするときに知っておきたい査定方法が2つあります。1つは「机上査定」でもう一つは「訪問査定」となっております。

「机上査定とは?」

「机上」という言葉の意味は”机の上”ということ。マンション売却査定の中での”机上査定”とは机の上だけで査定をすること、つまり実際にお持ちのマンションに訪問をするのではなく、まずはお持ちのマンションの「エリア」「築年数」「広さ」と言った物件スペックだけで査定をすることとなります。まずは概算でお持ちのマンションを査定します!ということです。

机上査定の代表格は無料の不動産一括査定の方法があります!高く売却査定を行いたいなら一括査定の利用がオススメです!

一方の「訪問査定」とは?

先ほどの机上査定とは意味が異なる「訪問査定」は、実際にマンションの訪問をして訪問しなければならないような劣化具合を確認した上でマンションの売却価格を査定します。机上査定とは違ってある程度の精緻な見積もり価格算出というところでしょう。

机上査定と訪問査定どっちがオススメか!?

先ほどは机上査定と訪問査定を説明しましたが、果たしてマンション売却を検討されている方にまずはどちらを最初にするべきなのかを紹介します。

私のオススメは「机上査定」をまずやることをオススメします。その理由は下記が挙げられます。

  • 机上査定は複数の不動産会社に査定価格を効率的に見積もることができる
  • 実際に会う前に不動産会社を選定することができる
  • 気持ちを少しづつ固めるためには机上査定の方が手軽だから

やはりマンションを買うこともさることながら、売るということは人生の中で一般的にはそう多くはない一大イベントです。その一大イベントは慎重に行うべきです。その上で信頼できる不動産会社をしっかり選ぶことやマンションを売るモチベーションを高めていくのは非常に重要です。そのためにもまずは「机上査定」を行うことをオススメします。

ただし、早く売りたい方は訪問査定をオススメしますが無闇に訪問査定をするよりは、無料の不動産一括査定サイトを利用して、机上査定を複数社に依頼をし、その中から良さそうな不動産仲介会社に対して訪問査定をすることがオススメです。

訪問査定は机上査定の次のステップとして段階を踏む方も多いですよ!早く売りたい人は

複数の不動産会社に机上査定ができる無料の一括査定

今までの説明を踏まえると実際にマンションの売却活動を進めるために行うことは、複数の不動産会社に机上査定を行うことが実際の売却活動の第一歩となります。その売却活動を行うためにもっとも効率的である不動産会社への「無料の一括査定」をオススメします。

無料の一括査定とは?

複数の不動産会社への無料の一括査定とは、インターネット上で複数の不動産会社に見積もり依頼を行い机上査定を行うことです。一括査定を行うことで効率的にマンション売却の効率的な活動を行うことができます。無料の不動産一括査定オススメサイトの記事を確認しましょう!

【最新】無料の不動産一括査定オススメサイトを元不動産屋が比較解説!

2019.02.26

一括査定を行うことでわかるマンションの売却価格帯

実際に一括査定を行ってみると驚くことがあります。それは不動産会社によってあなたのマンションの査定価格が全く違うことです。不動産会社によっては時に300万から500万など違ってくることもあります。それはなぜかというと不動産会社によって実績や販売力が違ってくることが考えられます。

どんな方でも共通して言えることですが、少しでもマンションを高く売ることは嬉しいですよね?だからこそ不動産会社による査定価格帯を確認して欲しいのです。

ただし、一番高いマンションの査定価格の根拠は確認するべき。

やはり、高い価格査定をみると人間だれしもが喜ぶもの。だからといって一番高い価格査定に飛びつくのは注意が必要です。なぜなら不動産会社はあなたと接点を持つ機会づくりとして高い価格査定をおこなっている可能性もあります。

なので、どうして高い価格査定なのかといった根拠を確認するようにしましょう。それは、高い価格からじっくり売却活動をしましょうという不動産会社の営業スタンスだったり、実際にその価格で売れている実績があるのかもしれません。高い各査定が間違いといっているわけではなく、価格だけで一喜一憂することなく冷静に価格査定を見極めましょう。

高い査定価格に一喜一憂することがなく、客観的な根拠を提示してくれるかも注意しましょう!

マンションを高く売るには早く売るという建物の鮮度(耐用年数)も意識すること

マンションを高く売るために建物の鮮度(耐用年数)も意識することとはどういうことか。

それは、マンションの築年数が古くなり過ぎる前に売却をしたほうが高く売れるということです。

そんなの当たり前だという人が多いと思いますが、改めて高く売るということは、高く買う人、そして(一般的に)そのマンションの高い評価で融資をする銀行がいるということです。

高く買う人が買うためには銀行から融資を受けなくてはなりません。そして銀行が融資をするためには、マンションの査定をしなければなりません。

銀行がマンションの査定をするのには、築年数を査定要素の一つにします。その時に築年数が古いのに高く価格で売ろうとすると融資が受けられず買い手が見つからないことになってしまいます。

マンションの耐用年数について詳細を知りたい人は下記の関連記事も参考にしてください。

マンションの耐用年数を考えると、高く売るには早く売る方が良い理由

2017.10.21

以上から、マンションを高く売るためには、建物の鮮度(耐用年数)が落ちてしまうと購入できる人が減ってしまうので売却活動は早めにしたほうがいいということです。

建物の耐用年数を考慮すると早く売った方が査定が高く、購入する人のローンが利用しやすいから早めに売却検討は早めにすることをオススメです。

オリコン顧客満足度が1位!不動産売却ならノムコム

ノムコムなら2018年オリコン顧客満足度調査(不動産売却仲介のマンション・戸建て)で1位を獲得!




【野村の仲介+(プラス)】不動産売却ノムコムの口コミや評判

2017.12.28

ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!