マンションを売却したいのに内覧が来ない時の処方箋3つ!!

早くマンションを売りたい。だけど売りに出しても内覧が来ない。。。

そういったことでお困りになっていないでしょうか?

マンション売却することになったのであれば、早く売却できないと困ってしまう事情があるかと思います。次のマンション引っ越しまでに売却が必要であったりです。

売却を進めるためには、内覧が必要になってきます。

投資用の場合には、内覧が不要になるケースの方が多いです。

売却活動において重要な内覧の段階で、内覧申し込みが思うように少ないと売却の進行に支障が出ます。では、売却活動が進まない場合に、どんなことを見直せばよいのでしょうか。

内覧がこない。。。そんな時に考えるべき処方箋3つをご説明します。

処方箋①:売り出し金額はどうでしょうか?

まず、考えるべきことにマンションの売却(売り出し)金額を再考する必要があります。あなたが売却しようとしているマンションは、日々他の売り出しマンションと比較されています。

そのため、相場より高すぎる場合には、不動産会社がサイトやチラシで集客を行っても問合せが来ない可能性があります。

売り出し金額が高すぎやしないかを知るためには、不動産会社に確認するのもいいですが、「問合せは来ているのか」も会併せて確認するようにしましょう!

高すぎると内覧より前段階の問合せが少ない事象が発生してしまうかもしれないですね!

もし、マンションの適正価格がわからない!!という人は、野村の仲介で公開している「マンションデータPLUS」を活用してみるのもおすすめします。

これを活用することで「マンションの適正価格」や「過去のマンション売却データ」を確認することができます。

売り出し価格をどうしても下げたくない人へ

かといって、周りに比べてマンション価格が高いからと言ってもなかなか価格を下げられない事情がある人もいると思います。

そういった事情がある人は、売却マンションをサイト募集の段階で魅力的に見せる必要があります。つまりサイトでの紹介を魅力的に見せる必要です。そのために、何ができるでしょうか。

一つの解決施策として、ホームステージングの導入をおすすめします。

ホームステージングとは
新築モデルルームのように部屋をコーディネートすることを示します。「中古でできるの?」と思う方もいるかもしれませんが、ホームステージングは入居中でも、当然空室でも行うことができます。

ホームステージングを行ったうえで、売却物件の室内写真を撮れば、サイトの見栄えはよくなります。そのため、サイト経由の問合せアップにつながる可能性があります。

最近は野村不動産アーバンネットの仲介サービスで、ホームステージングを行っています。

気になる人は下記をチェック!!

野村の仲介+(プラス)ノムコムのホームステージングサービス

ホームステージングは「高く」「早く」売れるという話もありますよ!ホームステージングを行う理由も併せてみましょう!

マンション売却時の内覧は、ホームステージングを行うべき4つのメリット

処方箋②:あなたの物件はサイトで魅力的ですか?

ホームステージング

まず内覧前のサイト経由で不動産会社への問合せが来ない時の為に、売り出し価格を再考する必要があることをお伝えしました。

さらに考える必要があるのが、「あなたの物件は、サイトで見たときに魅力的」でしょうか?ということです。

あなたは売り主ですが買主の立場になって、購入物件を探してください。サイトで情報を得るときに、室内写真を食い入るように見ていたのではないでしょうか。もちろん、わたしは食い入るように見ます。

確かに写真が多い物件は、じっくり見てしまいますね!リフォームされていたら尚更きれいに見えて、問合せしたくなります!!

その時に、間取りと外観だけの写真しか掲載されていないのは、問合せに至るハードルがあがります。そういったことが無いように、なるべくたくさんの写真を撮ってもらいましょう!

多くの不動産会社は、自ら写真を撮ってくれます!自分がプロであるなら話は別ですが、不動産会社に、室内写真をお願いすることは全く問題ありませんよ!

入居中だから写真を取ってほしくない。。。そんな人へ

入居中の状態で売却活動を行う人は、「散らかって汚れた室内など取ってほしくない!!」。そう思う人もいるのではないでしょうか?

確かに入居中で普段の荷物がある時に写真なんて撮ってもしょうがないですよね?逆にそんな写真をみせるとサイトからの問合せが減ってしまうかもしれません。

では、一体どんなことができるのでしょうか。

入居中だからこそ室内写真が少ないのですが、他にも試す価値のある手法があります!

ここでも役立つホームステージング

入居中の写真なんて整理が大変で、とても自分にできる気がしない・・・そんな人におすすめなのが、先ほど登場したホームステージング。

なぜ、ホームステージングが登場するかというと、ホームステージングは空室の状態だけで行われるのではなく、入居中の場合でも利用できるものなのです。

コーディネートというと空室の状態をイメージする人もいますが、空室中でもホームステージングは利用されますよ!

そのため、入居中でもホームステージングを行ってくれる不動産会社に相談をすることで、入居中でもきれいな写真を取ることができます。

港区のホームステージング事例

上の写真は、野村不動産アーバンネットが手掛ける野村の仲介プラスのホームステージングの実例です。どうでしょうか?こんなにコーディネートを行うことで売却物件が魅力的に映ります!

是非一度、野村不動産アーバンネットに任せてみるのを検討してみるのはどうでしょうか。日本のホームステージングはまだまだ発展途上です。その中にあっては、野村不動産アーバンネットは、ホームステージングでかなり先頭を走っている会社です。

野村の仲介+(プラス)ノムコムのホームステージングサービス

【野村の仲介+(プラス)】不動産売却ノムコムの評判・評価

今回はマンション売却で紹介をしましたが、戸建て売却でも野村不動産アーバンネットのホームステージングは可能です。

最後の処方箋:不動産会社は動いてくれていますか?

最後に確認する方法ですが、不動産会社は積極的に動いてくれているでしょうか。

基本的によい売却活動をすすめるためには、不動産会社とは信頼関係をもって協力し合うのが最も良い形です。

ただし、前提として不動産会社がしっかりやってくれないのでは話になりません。不動産会社がしっかり売却活動を行ってくれないと売れることはありません!

もし、不動産会社がしっかりやってくれないなど力不足を感じるようであれば、依頼する不動産会社を変更することも検討しましょう。

不動産会社選びは、大手か地元の業者かで売却活動の個性が全く違います。個人的にはマンションであれば大手の方が良いと思います。下記の記事も参考にしましょう。

必見!マンションの売却を大手不動産会社で行うメリット・デメリット

補足:頑張って動かない不動産会社のホンネ

不動産会社が頑張って動いてくれない理由にはどんなものがあるでしょうか。そこには下記のような原因があると考えています。

不動産会社が頑張ってくれない理由

  • そもそも営業経験が少ない人
  • 忙しすぎる
  • 仲介手数料の減額交渉をされてやる気がない
  • 希望価格が高すぎて諦めている(長期の売却活動を覚悟)
  • 集客力が弱い

ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!