必見!マンションの売却を大手不動産会社で行うメリット・デメリット

必見!マンションの売却を大手不動産会社で行うメリット・デメリット

あなたがマンションを売却しようと思った時には、どこの不動産会社に任せれば良いか悩むと思います。そして不動産会社には、様々な会社ごとに特徴があります。

その特徴を知らずして売却活動を進めるのと特徴を踏まえた売却活動をするのでは、その後の売却活動の成否に違いが出ると思います。

今回話をするのは特に大手の不動産会社に任せる特徴や大手不動産会社に任せた方が良い理由を説明します。

あなたのマンションを売る時に大手不動産会社を選んだ方が良いケースをズバッとお教えします!

そもそもネットの不動産査定の時点では大手か地元の業者かは選ぶ必要がない

あなたがマンションを売ろうと思った時に、いきなり不動産会社に来店するのではなく。まずはネット上であなたのマンションがいくらで売れるかどうかの無料でネット査定ができます。

まずはネットの不動産査定でマンションがいくらで売れそうかのおおよその目安をつけましょう!

そして、ネットの査定をした後に実際に不動産会社に話を聞くことになります。この時にどの不動産会社を選べば良いかを判断しましょう。

不動産会社を選ぶ方法については、詳しい情報が下記のリンクで確認できますので必要な場合には参照ください。

誰も教えてくれない売却活動をスムーズにする仲介会社の選び方とは?

誰にも教えてくれない!?売却活動をスムーズにする仲介会社の選び方とは?

2017年11月4日

ただし、以下の説明のように不動産会社を選ぶ時には、大手や地元の不動産業者それぞれの特徴を知っておく必要があります。

売却時の不動産会社選びはそれぞれの特徴を知っておく必要があります!

地元の不動産会社と大手不動産会社の違い

そもそも地元の不動産会社と大手不動産会社には違い(特徴)があります。それはどのような違いでしょうか?

地元の不動産会社の特徴

地元の不動産会社の場合で地域に長年根付いている場合の特徴として、「地域に精通している」「不動産キャリアが長い」「古くからの知り合い(ネットワーク)」が考えられます。

親身になって相談に乗ってくれたりもするので人との距離感が違いイメージがあると思います。

ただ、一方で地元も不動産会社は「マンションの取引事例が少ない(土地付きの不動産の方が経験豊富)」「少人数のため時間をかけてくれない」「そもそも取り合ってくれない(売買よりは賃貸中心)」だったりする場合もあります。

大手不動産会社の特徴

では、一方で大手不動産会社の特徴はどんなものがあるでしょうか?そこには「大手のため、人数が豊富で時間をかけてくれる」「取引事例のデータが豊富にある」「ネットの集客力が強い」「顧客リストが豊富」である事が考えられるのではないでしょうか。

ただし、「大手で人がいる分、担当によって個人差が違う」「地域に精通していない」「売り方が一辺倒(癖のある不動産の柔軟な売り方)」

マンションであれば大手不動産会社に軍配!?

地元か大手の不動産会社について、それぞれ特徴を伝えてきましたがマンションの売却であれば大手の不動産会社に依頼をする方が、恩恵が受けられる可能性はあります。

大手の「地域に精通していない」デメリットは、集合住宅で既にある過去の取引事例から売却活動をする事や同じマンションの人が購入したりと地域特性を踏まえた売り方があまり必要ないように思えます。

それ以上に重要なのはネットの集客力の方が大事だと思われますので、その点は大手の方がやはり魅力的に思えます。

「売り方が一辺倒」というデメリットに対しては、マンションにはあまり当てはまらないように思えます。それは、土地付きの家であれば「接道が足りていない」「高台にある」「古家が残っている」といった癖がないので、マンションの場合には土地付きの家と違って、売り方にそこまで工夫をする必要はないように思います。

つまり、マンション売却の場合には大手の方がメリットが多い可能性もあります。ただし、それは絶対ではなく、その他の大手不動産会社の個人担当者レベルによりますから注意は必要でしょう。

マンション売却に有効な仲介会社の付き合い方

では、それぞれの特徴を踏まえたマンション売却をする時に仲介会社をどう付き合っていけば良いのかを説明していきます。

大手の不動産会社が良い場合は、そこに集中(専任)してお願いする方が早く売れる可能性大ですよ!

(推奨)一般媒介契約でそれぞれの不動産会社を選ぶ

そもそも不動産会社に売却を依頼する場合には、複数社に売却活動を依頼する事ができる「一般媒介契約」か1社に任せる「専任媒介契約、専属専任媒介契約」があります。

売却を依頼する時には3種類の媒介契約があるんだね!

もし、必ずしもこの会社にお願いをする確信が持てない場合には、地元の不動産会社と大手の不動産会社それぞれに売却依頼を行う「一般媒介契約」で売却活動を進めるのを推奨します。

大手の不動産会社に売却をした方が良い理由

地元の業者と大手の不動産会社を使い分ける特徴などを説明してきましたが、では大手の不動産会社を利用した方が良い場合について説明します。

理由①:業者による買取ができる

あなたが売却をする時に住み替えや買い替えをする時に、売却できないと次のローンが支払えなかったりする場合もあるでしょう。その時に時間を待たずして売却ができる不動産会社に買取を依頼する事が可能です。

不動産会社が買い取ってくれることもできるますよ!

地元の不動産会社でも買取をすることはできますが、買い取る事ができる余力が違います。

理由②:売却サービスが充実している

大手の不動産会社は数多くの売却媒介契約を獲得するために、様々な売却サービスがあります。家の掃除サービスをやってくれたり、ハウジングサービス、荷物預かりサービスなど様々です。

そのサービスを受けることで売却するマンションを魅力的に見せて高く売る事ができる場合もありますので各社のサービスを確認する必要があるでしょう。

ただし、充実したサービスを全て受ける場合は専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約が必要な場合も多い点には注意しましょう!

理由③:顧客リストが豊富である

大手の不動産会社は、今までの問い合わせ顧客であったり、広域にわたって店舗を保有しており購入希望者のリストが豊富です。

顧客リストが豊富なのは、大手ならではですね!

そのため売却活動をし始めた段階で既に希望のエリアで探している顧客がいる場合もあります。

理由④:サイトの集客力が高い

昨今はネットで住まい探しをされる方が圧倒的多数を占めております。

今もこうしてネットで情報収集するようにみんなネットで住まいを探す事が多いですよ!

そのため、各不動産会社の集客力が売却活動の成否を分けるといっても過言でもありません。その点では大手の不動産会社の方がサイトの規模が大きく、広告活動にかけるお金が多いので集客力は高いと言えるでしょう!

首都圏・関西の大手不動産会社の無料査定

ノムコムの特長

  • 業界トップクラス!月間利用者数300万人
  • 不動産価格の「独自調査データ」を定期的に発表!
  • 「Amazonギフト券2,000円分」を毎月抽選で10名様にプレゼントするキャンペーンを実施中
  • 売却に強い!「信頼」と「実績」の 野村の仲介+(PLUS)
相続から買い換え保証、買取サービス、売却物件をコーディネートするホームステージングサービスなど充実!会員数17万人のノムコムネットでスムーズな不動産売却ができます!

オリコン顧客満足度が1位!不動産売却ならノムコム

ノムコムなら2018年オリコン顧客満足度調査(不動産売却仲介のマンション・戸建て)で1位を獲得!




ノムコム

【野村の仲介+(プラス)】不動産売却ノムコムの口コミや評判

2017年12月28日

ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!