住宅ローンの審査が甘い銀行とは?審査が通るその基準について解説しました。

住宅ローンに不安があって、審査に不安があるから住宅ローン審査が甘い銀行を探したいという人もいるのでないでしょうか。欲しい家が決まって、マイホームを手にするのがあと少しだと、住宅ローンの審査が無事通るかは心配です。

そんな方のために今回は住宅ローン審査が甘い銀行について解説していきたいと思います。

結論:住宅ローン審査が甘い銀行を探すのではなく、審査が通る銀行を探すこと!

結論から言うと、住宅ローンの審査が甘い銀行と言うのは、審査に通りやすい銀行のことを一般的には言われているようですが、厳密には他の銀行に比べて、住宅ローンの審査基準が緩和されている銀行と言うものです。

そうした銀行と言うのが審査が甘い銀行を指します。

審査が甘い銀行と言うのは適切ではない?

本記事では審査が甘い銀行として解説していますが、厳密には適切ではないかもしれません。銀行側からすると、見落としたりするような審査が甘いものではなく、あくまでも銀行ごとに定められたルールに沿って審査を厳密に行っています。そのため、審査に落ちる人は巷で言われる審査が甘い銀行でも、審査に落ちます。

では、審査が甘く、審査基準が緩和されている銀行には、どのような基準が存在しているのかについて、次の所から解説していきます。

不動産会社であったりすると、住宅ローン審査が甘い銀行と言われると、いくつかの銀行の名前が出てくるものです。

住宅ローン審査が甘い銀行の基準(特徴)

住宅ローンの審査が甘い銀行の特徴は、どのようなものがあるでしょうか。その特徴として下記のようなものが基準として考えられます。

住宅ローン審査が甘い銀行①:地方銀行

大手のメガバンクに比べて比較的地方銀行が審査が甘く住宅ローン審査に通りやすいといわれています。確かに、大手メガバンクによる住宅ローン審査は、昔ほどではないにしろ今の時代でも厳しいといわれています。その点で地方銀行は、メガバンクに比べて必要な書類が少なかったりと審査の面でやりやすいといえます。

地方銀行全体で見ると純利益が減少している中で、住宅ローンの優良顧客を囲い込みたいのが地方銀行の本音です。どうしてもプロモーション力があるメガバンクに比べて陰に隠れやすいですが、地方銀行も魅力的な住宅ローン商品を提供していることと、住宅ローン審査の面においてメガバンクと差別化したい面から住宅ローン審査も通りやすい面があるかもしれません。

大手メガバンクとは、三菱・みずほ・三井住友フィナンシャルグループの系列です。

住宅ローン審査が甘い銀行②:できて間もない銀行

設立が浅く、できて間もない銀行だと貸し出しを増やしてローン利用者を増やしたいことから、利用申し込み者は緩和される可能性があります。その点では、店舗を持たないネット銀行というのは選択肢の一つです。また、次の銀行はネット経由での住宅ローンを推奨しておりおすすめです

ネット銀行は住宅ローンの金利がやすい傾向にあります!

できてまもないネット銀行の変動金利ランキング

銀行 変動金利 特長 HP
ジャパンネット銀行 0.415% もっとも魅力的なのが低金利です!ネット銀行の中でも頭一つ抜けています。団信の保険料が0円などサービスも充実!
新生銀行 0.45% 転職者を応援する住宅ローンあり!最近は金利が低くなって、ますます魅力!
じぶん銀行 0.457% ネット銀行ならではの金利が魅力!諸費用も含めて住宅ローンにすることが可能!
SBI住信ネット 0.457% 低金利なネット銀行の先駆けとして実績があります。
最新の金利は月ごとに変わりますので注意してください!詳細は上記記載の公式HPからのリンクをチェック!!

住宅ローン審査が甘い銀行③:審査条件が甘い

審査が甘い銀行を探すなら、申し込みの審査条件にも注目です。審査条件が緩いとその分だけ審査に通りやすいことが言えます。主に審査条件で気にするべきところは下記のようなものがあります。

審査基準の必要例
  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 必要書類
年収面で審査条件が緩和されているのは「じぶん銀行」です。年収200万円以上であれば住宅ローン申し込みが可能です。勤続年数が短くても良い銀行なら「新生銀行」がオススメです。契約社員や派遣社員など雇用形態に不安があるなら「じぶん銀行」がオススメです。
年収面が低いだけで大手銀行は審査がかなり通りづらくなります!その観点から言うと「じぶん銀行」は年収200万円以上が審査要件なので「じぶん銀行」から申し込みを始めるのがオススメです!

住宅ローンは勤続年数1ヶ月だと難しい?!1か月でも審査通る銀行はある?

2018.12.01

転職後、勤続半年や1年未満でも住宅ローンが組める低金利銀行を紹介!!

2018.05.11

契約派遣社員でも住宅ローンは通る?おすすめ銀行や銀行探しの方法を教えます!

2018.12.01

住宅ローン審査が甘い銀行④:フラット35取扱銀行

これは審査が甘いこととは、若干ずれますがフラット35を取り扱っている銀行もオススメです。フラット35の審査要件自体が比較的緩いこともあり、審査に通らない場合はフラット35もオススメです。

ネット銀行は審査が甘くないと言われる・・が?

最近一般的になり始めたネット銀行は比較的審査が甘いと言われることがありますが、ここには注意が必要です。なぜならネット銀行は、基本ネットや郵送だけで行ない、対面はほぼないので、審査に関する書類や手続きをきちんとする必要があります。脅しではないですが、記入内容1つ取っても間違いがないようにしましょう!

やっぱりネット銀行は金利が低いのが魅力の1番です!
銀行 変動金利 特長 HP
ジャパンネット銀行 0.415% もっとも魅力的なのが低金利です!ネット銀行の中でも頭一つ抜けています。団信の保険料が0円などサービスも充実!
新生銀行 0.45% 転職者を応援する住宅ローンあり!最近は金利が低くなって、ますます魅力!
じぶん銀行 0.457% ネット銀行ならではの金利が魅力!諸費用も含めて住宅ローンにすることが可能!
SBI住信ネット 0.457% 低金利なネット銀行の先駆けとして実績があります。
最新の金利は月ごとに変わりますので注意してください!詳細は上記記載の公式HPからのリンクをチェック!!

フラット35の住宅ローン審査が甘いと言われる理由

フラット35は民間の銀行が提供している住宅ローン商品とは違い、独立行政法人の住宅金融支援機構が販売している住宅ローンです。銀行はあくまでもフラット35の販売窓口であり、貸し倒れのリスクは銀行側では負いません。

それを考慮すると、自分の銀行商品は貸し倒れリスクを考慮した審査基準にする必要があるので、必然的にフラット35よりも審査が厳しくなります。

あの銀行のフラット35審査が甘いは誤解?

よく巷で言われる〇〇銀行のフラット35の審査が甘いと言う評判がありますが、果たしてそれは本当でしょうか?答えはほぼ間違いです。なぜならフラット35の事前審査は銀行側で行いますが、フラット35の本審査は住宅金融支援機構で行いますので、どの銀行でもフラット35の本審査は変わらないのです。もしかすると、銀行側で行う事前審査の足切りに会ってしまったことが原因かもしれません。

フラット35の審査の甘さは問題に?!

フラット35はその審査の甘さがゆえに問題となっているかもしれません。なぜなら、虚偽の申告で融資を受けたり返済不能にすぐに陥ってしまう人などがいることが問題となり、名義や無職の在籍を虚偽申告して融資できてしまっている金融機関があることを会計検査院から指摘されています。

残念なことに、銀行はフラット35の貸し倒れリスクを考慮しなくていいことから自社住宅ローンに比べて審査がいい加減になってしまっているのでしょうか・・・

では、フラット35を共有している住宅金融支援機構がしっかり審査をする方法もありますが、国の機関であることから審査を厳格に見ていく基準が杓子定規になってしまっていて、条件に合致していれば審査OKということにもなってしまっているのです。

そのため、構造的にフラット35は住宅ローン審査が甘くなってしまうというのは間違いではないのです。

住宅ローン審査が甘い銀行は審査が通る銀行。その銀行を探すには?

では最終的に住宅ローン審査に甘いというのは審査が通るということだと説明していきましたが、その銀行を探すには一体どうしたらよいでしょうか?

審査が甘く、審査が通る住宅ローン探しは「住宅本舗」が最短!!

審査が通る住宅ローンの銀行探しなら「住宅本舗」がオススメで最短ルートでたどり着くことが可能です。全国にある銀行は優に100を超えてきますので、それらを全て審査基準を比較して申し込みをしていくのは現実的ではありません。時間や労力を多分に使うことになります。

そうした面から効率的な審査に通る住宅ローン探しは「住宅本舗」がオススメで全国の銀行の中から1度の入力で審査見込みがある仮審査を行い、見込みがある最大6社の銀行から条件の良い住宅ローン商品を選択することが可能です。

まとめ

住宅ローンの審査が甘い銀行と言うのは、審査に通りやすい銀行のことをさします。一般的にはフラット35は、銀行のオリジナル住宅ローン商品よりは審査に甘いと言えます。また、最近では設立間もなく申し込み人数を増やしたいネット銀行も審査の面からはオススメです。もし、審査が甘く審査に通りやすい銀行の住宅ローン探しを効率的にしたいなら住宅ローン一括審査申込がオススメです。1度の入力で仮審査を行って見込みがある銀行最大6社から連絡をもらうことができます。自分に有利な銀行を選択することが可能です!

 

あなたに最適な低金利住宅ローン探し

最新No.1金利 オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」


  • 最新版 No.1金利にて借り入れ
  • No.1金利がダメでも 次にベストなプランを提案
  • 人工知能(AI)を活用 35年間No.1金利をキープ


一括住宅ローンの審査申込「住宅ローン本舗」


  • 約80の銀行の中から最大6銀行に一括仮審査申し込で手間いらず
  • 金利・事務手数料・保障内容・総支払額で比較できる
  • 地元の銀行情報も掲載



ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!