じぶん銀行の借り換え住宅ローンの口コミはどう?本当にお得?

じぶん銀行の住宅ローンは、金利が低くて保証内容が充実している商品です。また、新規でも借り換えでも条件は変わらないので、どなたでもお申し込み可能で、さらにじぶん銀行は審査が非常に早いのが特徴です。今回はじぶん銀行の借り換え住宅ローンの口コミ評価を紹介していきます。

本記事のまとめ

じぶん銀行の住宅ローン借り換えは金利が低く、保障内容が充実していることに良い口コミがあります。一方で事務取扱手数料がバカにならないのでは?という口コミもありますので、シミュレーションを比較して見ることが重要です。

本当にじぶん銀行のシミュレーションで本当にお得になるの?という疑問を持たれる方は、借り換え実績がすごい「モゲチェック」のシミューションと合わせて借り換え検討をするのがオススメです。「モゲチェック」は全国120以上の銀行から借り換えがお得になる銀行を紹介してくれますので、借り換えの比較検討をするならオススメのサイトです。

じぶん銀行の住宅ローン借り換えとは

じぶん銀行はauと三菱URJ銀行が出資したネット銀行で、金利と保証内容が魅力的な住宅ローン商品です。

ここではじぶん銀行の住宅ローン借り換えについての情報を紹介していきます。

じぶん銀行は仮審査や本審査までの期間が短くて、早く借り入れ先を探したい方にオススメです!

借り換えに必要な本審査書類とは

じぶん銀行の住宅ローン借り換えに必要な書類は下記のようなものが有ります。借り換えを行う人の属性によって追加書類もあるかもしれないので、注意が必要です。他銀行の住宅ローン借り換えを検討する場合でも、必要になる代表的な書類ですので事前に用意しておきたいところです。

じぶん銀行の住宅ローン借り換えで必要な書類
  • 住民票の写し(発効後3ヶ月以内のもの)
  • 運転免許証またはパスポート
  • 健康保険証
  • 収入証明書類(源泉徴収票、住民税決定通知書、会社決算書、確定申告書
  • 物件関連書類(売買契約書、重要事項説明書、工事請負契約書)
  • 借り換え関連書類(現在お借入中の住宅ローン返済予定表、現在お借入中の住宅ローン返済用口座の預金通帳)
  • 団体信用生命保険関連の書類※対象者のみ
  • 職歴書※転職3年以内の対象者のみ
これらが必要なのは本審査時です。シミュレーション段階ではまだ必要はありません!また、人によって提出するべき該当書類が異なります!

借り換えに必要な諸費用と手数料

では実際にじぶん銀行の住宅ローンに借り換えた場合、どんな諸費用や手数料がかかるでしょうか?ここでは次のような諸費用や手数料負担が発生します。

イオン銀行住宅ローンの借り換え諸費用や手数料
  • 事務手数料(借り入れ金額の2.2%)
  • 証明書発効手数料770円(残高証明書、利息証明書、取引記録照会)
  • 印紙代(ローン金額によって異なります。)
  • 火災保険料
  • 登録免許税
  • 司法書士への登記報酬
  • 保証料0円
  • 団体信用生命保険料0円
じぶん銀行では諸費用も上乗せして住宅ローンを借り入れることも可能です!
その他、今借り入れている銀行の繰上げ返済手数料などが別途かかります。

本審査最短2日の「じぶん銀行」は審査が早い!

住宅ローン審査を最短で契約したいなら「じぶん銀行」がオススメです。なんと最短10日で住宅ローン審査を完了して契約完了までの手続きを可能にすることが可能です!

じぶん銀行の事前審査と仮審査の目安!

事前審査:1日〜数日

本審査:2日〜数日

じぶん銀行の金利情報

じぶん銀行は新規借り入れと借り換えは同じ住宅ローン商品になっています。じぶん銀行の金利は下記の通りです。

じぶん銀行の住宅ローン金利
変動金利 10年固定金利

0.457%

※2019年10月時点

0.590%

※2019年10月時点

変動金利も安いですが、じぶん銀行の10年固定金利は一番安いです!
2019年10月時点の金利です。

じぶん銀行の住宅ローン借り換えを利用するメリット

じぶん銀行の住宅ローン借り換えは、金利だけではなく下記のメリットもあります。普段使いのスーパーにイオンがあると非常にお得です!

じぶん銀行の特長
  • じぶん銀行の住宅ローンは、いざという時の保障が充実です。団信保険とがん50%保障が、なんと0円で付いてきます!
  • じぶん銀行はKDDIと三菱東京銀行が出資する安心基盤の住宅ローンです!
  • がん診断保障に、全疾病保障が付与されます!
  • 手続きが簡単で最短10日で契約完了することができるネット銀行!
  • 保証料、印紙収入、一部繰上げ返済手数料、返済口座への資金移動が0円!
今回記事の住宅ローン審査を最短で行うには、じぶん銀行がオススメです!
変動金利が低いのでオススメなのは勿論ですが、じぶん銀行の10年固定金利は業界の中でも、最安に入る部類です!

じぶん銀行の住宅ローン借り換えの口コミ

実際にじぶん銀行で住宅ローンを借り換えした人の評判ってどうなの?実は借りない方が良い意見なんてないでしょうか。そんな方は、以下に紹介するじぶん銀行の住宅ローン借り換えに対する口コミを確認していきましょう!

住信SBIネット銀行・イオン銀行・じぶん銀行の3つに仮審査を申し込んだ。住信SBIネット銀行とイオン銀行も仮審査が通ったが本審査で落ちてじぶん銀行は本審査に通ったのでじぶん銀行の住宅ローンに借り換えた。年収は500万円強、借入金額は2300万円。個人信用情報は綺麗なはず。住信SBIネット銀行とイオン銀行の本審査に落ちたのが謎だが、金利はじぶん銀行が有利だったので特に問題ない。審査の回答も早かった。

引用:住宅ローン比較ネット 「じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】」より

低金利で有名な3社の住宅ローンの借り換えを比較検討された方ですが、仮審査の後の本審査ではじぶん銀行のみ審査が通ったようです。じぶん銀行は審査も早く、住宅ローン審査面の緩和されているので結局のところじぶん銀行を選ばれたようですね。

年収800万円で残りの住宅ローンの残高が1600万円で借り換えを申し込んだら、借り入れ期間14年で回答があった。同時に申し込んでいたみずほ銀行、イオン銀行、ソニー銀行、りそな銀行と住信SBIネット銀行は15年以上の借り入れ期間だったのでじぶん銀行だけが短かった。じぶん銀行の仮審査はすぐに回答があったが、本当に簡易的な審査なのかなという印象。14年返済でも返済は問題ないと思ったのと、がん50%団信が良いなと思っていたのでじぶん銀行にした。

引用:住宅ローン比較ネット 「じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】」より

じぶん銀行はの住宅ローンは保障内容が充実していますが、その中の1つにがん保障50%が金利上乗せなしで付いてくることです。実際にじぶん銀行を選ばれた方の口コミ評価でもその点が好評のようです。

金利は安いですが、事務取扱手数料2.16%は高いすな。
5,000万円借りたら手数料108万円ですよね?
これ。計算に入れないとヤバいよね?

引用:住宅ローン・保険板@口コミ掲示板・評判「じぶん銀行ってどうよ?」より

確かにじぶん銀行の借り換えには事務取扱い手数料の金額がかかりますので、しっかりシミュレーションを行わないと本当に借り換えでお得になるのかがわからないですね。

じぶん銀行住宅ローンの借り換え口コミまとめ

これまで紹介したじぶん銀行住宅ローン借り換えに対する口コミを確認して見ると、「審査の回答時間が早かった」や「住宅ローンの付帯保障内容が良かった」という口コミがある一方、「事務取扱い手数料が高いのでは?」という口コミも存在しています。事務取扱い手数料など借り換えに発生する諸費用は金利だけではわかりませんので、やはり実際のところ詳細なシミュレーションを行って見ないと分からないというところでしょうか。

じぶん銀行の借り換えはシミュレーションができる

じぶん銀行のサイトでは、借り換えでお得になるかどうかがわかるシミュレーションを行うことが可能です。

じぶん銀行の住宅ローンシミュレーション

シミュレーションの方法は実に簡単で、じぶん銀行サイトのお借り換えシミュレーションページから、必要項目を入れるだけで試算を行ってもらえます。実際にどれくらいお得になるか、まずは簡易的に調べることが可能です。

じぶん銀行のシミュレーション
ネット上のシミュレーションはあくまでの簡易的な試算です!口コミで紹介したように、必ずしもネットのシミュレーション通りの借り換えメリットが発生するとは限らない点に注意しましょう!

じぶん銀行の借り換えで本当にお得かを確認するには?

口コミでも紹介したように、じぶん銀行の事務取扱い手数料は諸費用の中でも高額になってきますので、実際にシミュレーションを行って見ると、大した恩恵が受けられない可能性もあります。そのため、実際のところ金利情報だけでは借り換えメリットがあるかは微妙なところです。

そのため、住宅ローン借り換えで返済額を安くしたい!という人は他とも比較することが重要です。イオン銀行の住宅ローン借り換えよりも返済額がお得になる可能性があります。

ここで紹介したいのは、借り換えの金利比較に特化した「モゲチェック」です。「モゲチェック」は、住宅ローンの見直しをオンライン上で試算してくれる便利サイトです。全国120以上の銀行の中から、借り換えでお得になる銀行を無料で紹介してくれ、住宅ローン借り換え検討者にはメリットばかりのサービスです。

モゲチェックは借り換え実績がすごい

モゲチェックは住宅ローン借り換えにおいて、お得な銀行を全国120以上の銀行から選んで紹介してくれる嬉しいサービスですが、その借り換え実績も中々のものです。

2019年5月時点で7,384名が利用している実績があります!

さらに、借り換え実績の中では、最大55%の返済額ダウンもあるようです!

イオン銀行の住宅ローン借り換えを検討している人は、イオン銀行のシミュレーションモゲチェック」の借り換えシミュレーション比較した上での借り換えをオススメします!

モゲチェック」はヤフーやマネックスグループが出資した安心できる会社です。

まとめ

じぶん銀行の住宅ローン借り換えでお得になったり、保障内容が充実していることに良い口コミがある一方で、事務取扱手数料がバカにならないのでは?という口コミがありました。実際のところ、じぶん銀行の住宅ローン借り換えでお得になるかどうかは必要な書類を揃えた上でシミュレーションしてみないと分からないということのようです。

じぶん銀行のシミュレーションで本当にお得になるの?という疑問を持たれる方は、借り換え実績がすごい「モゲチェック」のシミューションと合わせて借り換え検討をするのがオススメです。「モゲチェック」は全国120以上の銀行から借り換えがお得になる銀行を紹介してくれますので、借り換えの比較検討をするならオススメのサイトです。

住宅ローン借り換えの関連記事

あなたに最適な低金利住宅ローン探し

最新No.1金利 オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」


  • 最新版 No.1金利にて借り入れ
  • No.1金利がダメでも 次にベストなプランを提案
  • 人工知能(AI)を活用 35年間No.1金利をキープ


一括住宅ローンの審査申込「住宅ローン本舗」


  • 約80の銀行の中から最大6銀行に一括仮審査申し込で手間いらず
  • 金利・事務手数料・保障内容・総支払額で比較できる
  • 地元の銀行情報も掲載



ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!