ローコスト住宅にZEHが欲しい…それならZERO-CUBE ZEHでキマリ!

ローコスト住宅にZEHが欲しいなら…ZERO-CUBE ZEHでキマリ!

家づくりは建てるまでが大変ですよね?土地探しから自分たちが気に入る上物、さらにはお金の問題…。ただ、実際に家を建てた側からするともう一つ重要な事がありました。

それは家を建てた後の生活費(笑)です。もちろん住みやすさや利便性も大事ですが、一生付き合う自宅ですので維持費が良い事にこしたことはありません。

そんな家づくりに掛かる費用と家を建てた後に発生する維持費(生活費)の両方を解決できる、話題のローコスト住宅に先進設備でエネルギー消費を抑えたZEHを組み合わせた「ゼロキューブZEH」をご紹介します!

費用を抑えて住宅を建てられるローコスト住宅に、維持費(生活費)が安くなるZEH???そんな夢みたいな事があるの?「オラ、ワクワクすっぞ!」と思って頂けたら嬉しいです!

そもそもZEH(ゼッチ)って何?

ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称となっており、その言葉の内容の通り住宅で利用するエネルギー消費がない事になります。つまり、電気代やガス代などが掛からない家を目指すのがZEHです。

なぜ、このような言葉が生まれたのかというと、年々その影響が強くなっている地球温暖化が原因の1つとなり、消費エネルギーを少なくする事が求められているといった背景があります。

そんな「ZEH(ゼッチ)」ですが、実は一部のエコロジー志向がある家庭だけの話ではなくなっているのはご存知ですか?

実は今後、消費エネルギーを少なく(なくす)する「ZEH(ゼッチ)」仕様の家づくりは国を挙げての制度となる見込みです!

今後の日本住宅の基本になる仕様がZEH

実は、この「ZEH(ゼッチ)」ですが、経済産業省がまとめたZEHロードマップ検討委員会とりまとめによると

2020年度までに新築戸建て住宅の半数を「ZEH(ゼッチ)」仕様にするといった目標が記載されています。

「今後ZEHを普及させるためには、創エネルギーの制約がある中でもZEHが達成できるような更なる高断熱・省エネ化のほか、低価格化、消費者への周知・広報等が不可欠である。これらの要素を踏まえつつ、関係業界と十分に意見交換を行った上で、ZEHに関する 2020 年目標、2030年目標の実現に向け、ロードマップの策定について引き続き上述のZEHロードマップ検討委員会にて検討を行う。
その際、2020 年に大手ハウスメーカー・工務店等が新設する住宅の過半数がZEHとなることを目指し、施策を検討する。」
ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ

つまり、今後の日本における新築住宅はこの「ZEH(ゼッチ)」仕様になるというのが当たり前の光景になるかもしれないという事になります。

えっ!?昨年に建てたばかりの我が家はまったくZEH仕様ではないのだけれど…

ZEH仕様の住宅はこんなメリットも!

それでは、ZEH(ゼッチ)仕様の住宅にする事はどんなメリットがあるのでしょうか?

まず最初に挙げられるメリットとしては光熱費を押させる事が出来るという事ではないでしょうか?

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の名前の通り、エネルギー消費をゼロにするという事なので住宅購入後に掛かる光熱費を抑える事が可能になります。

光熱費を抑える事が出来れば、その浮いた金額を住宅ローンの返済に充てたり、海外旅行の資金に回せたりする事ができますよね!

でも、ZEH(ゼッチ)仕様の家にする事は通常の家づくりより費用が掛かるのでは…と思った方、国がZEH(ゼッチ)仕様の住宅を増やす政策の一環として補助金を出している事はご存知ですか(2017年度は一戸当たり75万円)?

注意して欲しいのは、この補助金が提供されるのは期限があるという事です。その期限内にZEH(ゼッチ)仕様の家づくりを行う事で補助金を利用する事が出来るんです。

住宅購入後の光熱費を抑える仕様の1つZEH(ゼッチ)が補助金を利用して購入できるには期限があるという事ですね…これは早めに検討した方が良さそうですね…

ゼロキューブZEH(ゼッチ)とは?

家づくりにお金が掛かるのに、補助金が出るとはいってもZEH(ゼッチ)仕様にするなんて予算オーバーだし…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方に一度検討して頂きたいのが、ローコスト規格住宅の「ゼロキューブ(ZERO-CUBE+FUN)」です。

オシャレで、価格も安く、しかも自分好みにアレンジする事も出来る!それがゼロキューブ(ZERO-CUBE+FUN)です。

2000万円以下でオシャレな注文住宅(新築)が建つ!?実際に建てた家は?

2018.07.25

そんなゼロキューブからZEH(ゼッチ)対応の「ZERO-CUBE ZEH」が登場!これなら家づくりに掛かる費用を抑えつつ、ZEH対応の住宅を建てる事が出来ますね!

まさにイイとこどり!価格を抑えつつオシャレなゼロキューブに光熱費を抑える事が出来るZEH仕様が手に入る!?

ゼロキューブZEH(ゼッチ)の標準設備

標準設備①:エコキュートによる電気代の軽減

皆さん、エコキュートはご存知ですか?エコキュートとは「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」の事を言います。

このエコキュート、ヒートポンプと呼ばれる空気の熱を利用した電気給湯器といった新しい技術だけでなく電気代が安い深夜時間帯にお湯を作りいつでも利用できるようにすることで電気代の節約に大きく貢献します。

我が家もエコキュートを設置しましたが、本当に電気代が安くなる!これはオススメです。
標準設備①:太陽光発電システムによるエネルギー・ゼロ

ZEH(ゼッチ)と言えば、太陽光発電システムによるエネルギー・ゼロ、つまり電気代などが掛からない住宅ですよね。

「ZERO-CUBE ZEH」も太陽光発電システムを利用して、エアコンや照明などの電気を太陽光発電によって発電したもので担う仕組みとなっています。

よくよく考えたら、災害が多いこの世の中で、もしもの時に電気が止まったら…太陽光発電が活躍しますよね?我が家はオール電化かつ、太陽光発電はありませんのでちょっと考えるとゾッとします…。
標準設備①:最新の断熱対策で快適な暮らしに

太陽光発電でエネルギー消費量を抑えたとしても、すぐに熱くなったり寒くなったりする家では光熱費はかさむ一方ですよね?

そこで、エネルギー消費量を抑えた暮らしを持続するために、快適な温度を逃がさない断熱性が高い施工を実施する事でいつまでも心地よい家づくりを実現します。

家を建てた後は出来ない断熱作業。私も断熱材のグレードはオプションにはなりましたが上げて頂きました。

ゼロキューブZEH(ゼッチ)の費用

そんなローコスト住宅とZEH(ゼッチ)性能のいいとこどりを実現したゼロキューブ(ZEH)ゼッチの本体価格は1,300万円から!

オシャレで価格を抑えたゼロキューブ(ZERO-CUBE+FUN)に300万円ほどの追加となっていますが

ZEH(ゼッチ)対策の補助金などを考えると、非常にお買い得になっているのではないでしょうか?

私がゼロキューブ(マリブ)を建てた時は、まだZEH(ゼッチ)仕様はありませんでした…。これからゼロキューブの購入を検討されている方が非常に羨ましい…。

ゼロキューブZEH(ゼッチ)施工事例

ゼロキューブZEH(ゼッチ)ではなくても、実際にゼロキューブに太陽光発電を組み合わせた方は既にいらっしゃるようですね!

季節や天候に左右されるといっても1ヶ月で10,000円以上の売電収入があるというと、我が家の光熱費が10,000円前後ですのでおつりがもらえてしまう計算になります。

これは本当に羨ましい!


たった60秒の手間で50万円以上も差が出る!?
住宅ローン一括審査サービス利用のススメ!

ゼロキューブ購入に切っても切れない「住宅ローン」ですが、知識不足や準備不足により、住宅ローン契約が終わってから後悔したことがある方が多数!
そんな後で後悔しないように我が家が利用したサービスが【住宅ローン一括査定サービス】です。
忙しい方や後で後悔したくない方にお勧めのサービス!是非利用していただいて少しでもお得にゼロキューブを購入してくださいね!

60秒の作業で金利の支払額が50万円も差が!?やらなきゃ損!住宅ローン一括審査のススメ

2018.06.12

ABOUTこの記事をかいた人

住宅王に俺はなる!

つい最近一戸建てを購入。家を購入してからの口癖が、某有名海賊マンガを意識して「住宅王に俺はなるっ!」。家を建てるという事は、大海原に冒険に出るようなもの。その冒険にはいろいろと準備が必要ですよね?そのやり方を実際の経験を生かしてお伝えします。「オラ、ワクワクすっぞ~!」 あれっ!?それはまた別のキャラクターでは…