ゼロキューブ(ZERO-CUBE)の外壁(色・ガルバリウム・サイディング)メリット・デメリットまとめ

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)の外壁(色・ガルバリウム・サイディング)メリット・デメリットまとめ

他の人とは一味違った住宅にしたい!と考えている方に人気の「ゼロキューブ(ZERO-CUBE)」。

今回は私が購入した「ゼロキューブマリブ(ZERO-CUBE MALIBU」の外壁を決める時に参考にしたゼロキューブの外壁色や種類、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

ゼロキューブマリブ(ZERO-CUBE-MALIBU)を建てた!ブログ形式で評価をしてみる

2018.05.29
同じゼロキューブでも外壁はたくさんの種類(組み合わせ)があるのがゼロキューブの特徴の1つ…「オラ、ワクワクすっぞ!」と思って頂けたら嬉しいです!
注意事項について
この記事では、あくまでゼロキューブの外壁についてイメージを持って頂きたく作成しています。画像内にあるのはオプション仕様だったり、過去は標準仕様だったのがオプションに変更するような仕様変更もあるので、最新の情報や詳細は各工務店様に確認ください。

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)外壁について

スクエアなゼロキューブ(ZERO-CUBE)の見た目を更に引き立てるのが外壁の種類です。ゼロキューブの人気が高い理由の1つとして、この外壁も建築前に選ぶ事が出来るのも要因の1つではないでしょうか?

まずは、ゼロキューブの外壁の種類についてそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)外壁①:サイディング

ゼロキューブの外壁の1つとして、よろい調のサイディングがあります。

よろい調とは「下見張り」「鎧張り」とも呼ばれ、その言葉の通り鎧のように板を1枚ずつ重ねる外壁の種類となります

よろい調サイディングのメリット

板を1枚ずつ重ねる事で、通常の板を並べる方法とは異なり連結部分が隠れるというメリットや

特殊なコーティングによって雨水で汚れが落とすようなセルフクリーニング機能を持たせたよろい調サイディングもあるようです。

よろい調サイディングのデメリット

デメリットとして私が聞いた話は、採用するサイディングの種類によっては熱を貯める傾向があるものも存在するとの事でした。

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)外壁②:ガルバリウム鋼板

次にゼロキューブの代名詞(!?)とも言えるガルバリウム鋼板ですが、その見た目のインパクトは想像以上です!

ガルバリウム鋼板のメリット

ゼロキューブの公式パンフレットにも記載がある通り、ガルバリウム鋼板は非常に薄い鋼板で作成されている事から

経年劣化に強い(さびにくい)特徴や、軽い事から地震にも強いといった様々なメリットがあります。

ガルバリウム鋼板のデメリット

逆にデメリットとしては、その鋼板の薄さから施工が難しく、施工業者によって仕上がりの差が生まれるといった点が挙げられるようです。

我が家のゼロキューブマリブは「よろい調サイディング」を採用しました。ガルバリウム鋼板と最後まで悩んだのですが…。「熱を貯めやすい」という懸念事項に対しては断熱材をグレードアップする事で対応しましたよ!

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)外壁の色について

ゼロキューブの特徴の1つとして挙げられるのが、その自由度です。それは外壁の色も同じ。

今回は既に建築済みの様々なゼロキューブの外壁事例を紹介します!

周りの家と同じじゃつまらない!自分の家はオンリーワンであってほしいと思う方にもゼロキューブはピッタリです!ここでは、これからゼロキューブを建ててみたいなぁと思う方にゼロキューブの外壁事例を色別にご紹介!

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)外壁の事例①:黒

重厚感がグッと高まる黒のゼロキューブ

黒色のよろい調サイディングを利用したゼロキューブの事例です。最近はちらほら採用する住宅が増えてきましたが、まだまだ少数派。

モダンテイストとして外せない色の1つですが、黒の外壁って実際にはどうなんでしょうか?

黒の外壁におけるメリットやデメリットをまとめてみました。

外壁が黒のメリットは?

存在感がありオシャレ

黒い外壁が住宅に採用され始めたのはここ最近ですので「他の家とは一味違った外壁にしたい」といった個性的な家が欲しい方にはピッタリの外壁です。

黒はモダンに見えるので、色を変えるだけでグッと雰囲気が変わるのは洋服でも一緒ですよね?

外壁が黒のデメリットは?

黒は熱を吸収しやすいので、断熱材を良いものを採用して

黒色はどの色よりも熱を吸収しやすいので、表面の温度が非常に高くなる傾向があります。

それに従い室内の温度も上がりやすくなりますので、黒い外壁を採用する場合は断熱材の性能も上げるなどの対策が必要です。

かっこいいけれどお金も掛かるのが黒い外壁…。ただ、私も黒色系(グレー)ですが断熱材のグレードは省エネ対策等級4の断熱材にしています。外壁が黒色系だから…というより断熱性能を単純に上げたかっただけですが…。

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)外壁の事例②:白

昔から人気の外壁色を活かした白のゼロキューブ

不思議な事に白い外壁を選ぶと、どこかしら海外の住宅のように見えるのは私だけでしょうか?

また膨張色のために住宅自体が大きく見える効果もある白い外壁ですが、メリットやデメリットはそれぞれあるのでしょうか?

外壁が白のメリットは?

シンプルで清潔感があるだけでなく、熱の吸収が少ない

白い色は昔から取り入れられてきた外壁色の1つ。理由はやはり、シンプルで清潔感が最もある色だからではないでしょうか?

また、黒い外壁とは異なり熱の吸収が少ないのもポイントの1つ。つまり、見た目と機能性を両立した外壁色と言えるでしょう。

外壁が白のデメリットは?

経年劣化による汚れが目立ちやすい

白い服、白い車…そして白い家。すべてが汚れが目立ちやすいという傾向がありますよね(笑)。

また日かげになりやすい面はカビや苔なども目立ちやすくこまめにメンテナンスが必要になります。

実は我が家も白い外壁と最後まで悩みました…。汚れが目立ちやすいといった点で黒と白の中間色(?)であるグレーを選択したという経緯があります。

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)外壁の事例③:青(紺)

マリンテイストな青(紺)のゼロキューブ

黒い外壁と同じように、最近増えている青(紺)の外壁色。

どこかマリンテイストな印象を受ける青(紺)色ですが、こちらの色はメリットやデメリットはあるのでしょうか?

外壁が青(紺)のメリットは?

お洒落な雰囲気が◎

どことなくマリンテイストな住宅になるので、お洒落な雰囲気になるのがメリットの1つではないでしょうか?

特に黒色の外壁はちょっと…でも他の住宅とは違った外壁にしたいと考える方が選択される事が多いそうですよ。

外壁が青(紺)のデメリットは?

他の色との組み合わせや経年劣化に注意

青(紺)色の外壁だけのデメリットではないのですが、濃い色の外壁は経年劣化による日焼け(いわゆる塗装の劣化)が顕著だと言われています。

また、青(紺)色は主張がそれなりに強いので他の色とのバランスをしっかりと考えないと、どこかチグハグ感が出てしまうので注意が必要です。

青(紺)色の外壁もどこか特別な住宅となるので良いですよね~!似ている色が多い白い外壁でもなく、黒い外壁のような突き出た外壁でもない…そんな中間点に位置するような青(紺)色の外壁を選ばれる方も最近は多いですよね!

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)外壁の事例④:木目調

ここ最近のトレンド!?お洒落な木目調の外壁

最近、多くの住宅で取り入れられるようになった木目調の外壁。とにかく見る人を驚かせるような今までにない外壁の1つです。

そんな木目調の外壁ですが、メリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

外壁が木目調のメリットは?

とにかくオンリーワン!唯一無二の住宅に!

外壁に木目調のデザインを利用する家が増えてきましたが、とにかくその迫力に圧倒されると同時に今までにはない色使いなので他の住宅と似る事がない外壁になるのは間違いありません。

また、木の優しさも感じられるのでどこかホッとするような雰囲気が出るのも特徴の1つです。

外壁が木目のデメリットは?

メンテナンスに手間が掛かる

本物の木材を利用している(人口物ではない)外壁は、他の外壁に比べてメンテナンスの手間やコストが発生する事があります。

木材を住宅に利用する際に注意すべき点は、伸縮するという事です。またきちんと防水対策を行わない場合は水を内部で貯めてしまう事になり、結果としてカビやシミが発生してしまう事もあるそうです。

我が家のゼロキューブマリブはデッキ部分に木材を利用していますが、やはり雨や湿気が多い時は「ギシギシ」と音がなる事もあります。そんな木材特有の変化と付き合っていく事を楽しめる方であれば問題ないのかもしれませんね。

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)の外壁まとめ

昔から「良いも悪いも紙一重」と言われる通り、メリットだけでデメリットがない事は存在しません。
もし、あなたが考えていた外壁の種類や色のデメリットを新たに認識しても、あまり考えず工務店様や設計士さんに対策方法を確認するのが最も良い方法だと思います(私もそうでした)。
せっかくゼロキューブの存在を知ったのに、保守的な方向に持っていくのはもったいない!
デメリットを認識しながらも、やりたかった事を具現化していくのが良いと思いますよ!

たった60秒の手間で50万円以上も差が出る!?
住宅ローン一括審査サービス利用のススメ!

ゼロキューブ購入に切っても切れない「住宅ローン」ですが、知識不足や準備不足により、住宅ローン契約が終わってから後悔したことがある方が多数!
そんな後で後悔しないように我が家が利用したサービスが【住宅ローン一括査定サービス】です。
忙しい方や後で後悔したくない方にお勧めのサービス!是非利用していただいて少しでもお得にゼロキューブを購入してくださいね!

60秒の作業で金利の支払額が50万円も差が!?やらなきゃ損!住宅ローン一括審査のススメ

2018.06.12

ABOUTこの記事をかいた人

住宅王に俺はなる!

つい最近一戸建てを購入。家を購入してからの口癖が、某有名海賊マンガを意識して「住宅王に俺はなるっ!」。家を建てるという事は、大海原に冒険に出るようなもの。その冒険にはいろいろと準備が必要ですよね?そのやり方を実際の経験を生かしてお伝えします。「オラ、ワクワクすっぞ~!」 あれっ!?それはまた別のキャラクターでは…