平屋のメリット(魅力)とデメリット(注意事項)13のポイント!解決策もご紹介!

平屋のメリット(魅力)とデメリット(注意事項)13のポイント!解決策もご紹介!




最近、平屋住宅の人気が高まっているのはご存知でしょうか?大手ハウスメーカーの1つ積水ハウスの調査によると、「子育て世代(30-40代)はマンションより平屋を希望し、50代のアクティブシニアと考えられる方々もマンションや2階建てより平屋を希望している」との調査結果が。

でも、物事にはメリットとデメリットが紙一重で存在するのも事実。

そこで今回は平屋住宅のメリット(魅力)とデメリット(注意事項)13のポイントをご紹介!

この記事ではメリットとデメリットをただ紹介するだけではなく、デメリットを解決する方法までご紹介します!えっ?平屋のデメリットに対する解決方法まで掲載されているの?「オラ、ワクワクすっぞ!」と思って頂けたら嬉しいです!
家づくりの失敗・後悔を回避する方法は知っていますか?


ご存知ですか?
住宅購入が原因で破産債務となった方の割合は16.05%(6人に1人)という調査結果を。
また、今考えている間取りは住み始めてから後悔しない間取りですか?後での間取り変更は当然は出来ません。
そう考えると、家づくりは一発勝負というリスクが高い買い物ですよね。

このリスクの高い家づくりを失敗せずに成功させるために無料でプロに相談できるサービスを利用すると後で後悔する事もなくなりますよ!行動するかどうかはあなた次第!是非、その内容を知っておいて損はないはずです。

お金・間取り・不明点・・・家づくりで悩んだら!プロに無料で聞いて解決!

2020.01.21

早めが吉!お金も質も【200%得する引き渡しまでにやる事リスト】

2020.01.28

記事の目次

平屋のメリット(魅力)8選!

メリット(魅力)があるから人気がある。それは平屋住宅にも当てはまるはずですよね!

ここではまず平屋のメリットについて調べてみた事を皆さんにご紹介します。

平屋のメリット(魅力)について調べていくと…それはそうだよねと思う事からえっ!?そんなメリットも!と思う事まで…ここでは8つの平屋を建てる上でのメリット(魅力)についてご紹介します。

平屋のメリット(魅力)①:家族間でのコミュニケーションが取りやすい

生活導線が1階に限定される事による効果の1つ
家族間のコミュニケーション

平屋住宅のメリット(魅力)として真っ先に挙げられるのが「家族間でのコミュニケーションが取りやすい」事ですよね。

これは2階がなく1階に家族全員が生活する事によって「誰が」「どこで」「何をしているのか」把握しやすいといった背景があります。

またお子様が成長した時になりやすい「2階にある自分の部屋から出てこない」といった事も平屋では避ける事が出来ます。

つまり、1日の中で顔を合わす機会が2階建てに比べて多くなる=コミュニケーションを取る機会が増えるという事に繋がります。

子供とのコミュニケーション不足が学校の不登校に繋がるといったケースも報告されていますので、家族間のコミュニケーションが取りやすいというのは子供の将来の為でもあるんですね!

平屋のメリット(魅力)②:地震に強い

住居の高さと地震の関係に注目!
平屋が地震に強い理由

平屋住宅が地震に強いとされているのは何故でしょうか?それは平屋住宅の高さに関係がありました。

積み木でもなんでも高くすればするほど不安定になるのは、皆さん経験がありますよね?住宅も同じです。

2階立てや住宅の高さが高くなればなるほど強度が不安定となり、構造を丈夫にする為のデッドスペースが増えます。

平屋住宅は1階のみの構造となるので、家の構造をしっかり確保する事が可能というのが地震に強い理由です。

今後発生すると予想されている南海トラフ巨大地震はこれから先30年間の中で70~80%の確率とも言われています…。地震に強い家づくりを考える方にも平屋住宅は選択肢に入るのではないでしょうか?

平屋のメリット(魅力)③:階段部分のスペースを有効に活用できる

階段スペースがないだけで、ウォークインクローゼットも作る事が出来る?
階段と平屋の関係

平屋住宅は2階部分がありませんので、階段がない住宅となります。階段を作る必要がなくなる事からそのスペースを有効活用する事も可能です。

他の部屋の大きさとの兼ね合いもありますが、場合によってはウォークインクローゼットぐらいの収納スペースを作る事ができますよ!

考えてみると、吹き抜けを作る事によって2階の部屋に出来る面積がなくなったり、階段がない事によって他に使えるスペースが増えたり…家の空間における考え方は面白いですよね!

平屋のメリット(魅力)④:家を建てた後のメンテナンス費用を抑えられる

当たり前ですが、住宅の面積に比例してメンテナンス費用は上がる傾向に
メンテナンス費用と平屋の関係

家のメンテナンス…これは家を建てた場合は必ず発生するコストとも言えますよね。例として、外壁や天井のメンテナンスが挙げられます。

ただ、このメンテナンス費用が掛かるのは外壁や天井の清掃・塗装…に加えて発生するのが「足場の組み立てなどの施工費用」です。

平屋住宅であれば、足場を高く組み上げる必要もありませんので、その分施工費用が安く済みます。天井が低いという事は家族が何かあった場合ははしごで確認する事も出来ます。

家を建ててから(も)費用が多く掛かる住宅はなるべく避けたいですよね…。平屋はそんな「家を建ててからのコスト」も安心して住める住宅と言えるでしょう。

平屋のメリット(魅力)⑤:光熱費も抑える事ができる

メンテナンス費用と同じく、空間の大きさに応じて光熱費は変動します。
平屋と光熱費の関係

階段や吹き抜けといった家の温度効率を下げる要素がない平屋住宅はその分光熱費も抑える事が可能です。

平屋の構造上、1階部分にすべての部屋が集まる為に、冷暖房効果も高いといった点も魅力の1つです。

家づくり前の設計段階で風通りが良い間取りにすれば、更に光熱費を抑える事も可能ですよ!

平屋のメリット(魅力)⑥:高齢者も安心できる

高齢者にとって安心できる要素が平屋住宅には多く存在する
平屋と高齢者の関係

平屋住宅は2階部分がない事から、高齢者にとっては昇り降りがつらい階段や、危険な高い居住空間がないために安心して生活する事ができます。

また、設計段階から出入り口を引き戸タイプにするなどすれば、バリアフリー化も実現する事が可能です。

冒頭で説明したコミュニケーションも取りやすい住空間と相まって、平屋住宅は高齢者にとっては住みやすい家といえるでしょう。

平屋のメリット(魅力)⑦:2階に対する防音対策が要らない

2階部分がない平屋住宅ならではのメリット!
平屋と防音の関係

2階部分がない

この防音に掛かる費用は思ったよりも高額になるケースが多いので(しっかり行うと8帖前後の広さでは400万円~450万円くらい!)その費用を他の設備に利用できるは平屋住宅のメリットと言えるのではないでしょうか。

我が家は木造2階建てですが、結構思いのほか2階部分の騒音が聞こえます…

平屋のメリット(魅力)⑧:屋根を高くする事で移住空間を視覚的に広く感じる事も

リビングなど奥行があるスペースに用いる手法の1つですね!
平屋なら開放的な空間に出来る

これも2階部分がない平屋住宅だからこそ実現できる手法の1つ。

2階部分がない分、1階のリビングなどの天井の高さを大きく取る事で、開放感と奥行きがある空間にする事が可能です。

もちろん、室内空間が広くなる事で冷暖房効果は若干影響がありますが、そこはシーリングファンなどの対策が可能ですので、視覚的にも広いリビングにしたい!と考えている方には是非お勧めします。

我が家にも吹き抜け部分にシーリングファンを設置しましたが、冷暖房効果を確実に効率よくしてくれるのを肌で感じる事が出来ます!オススメですよ~!

平屋のデメリット(注意事項)5選!

メリットがあればデメリットもあるのが物事の共通点ですよね!

今までは平屋住宅のメリット(魅力)を伝えてきましたが、ここからはデメリット(注意点)についてお伝えしたいと思います。

デメリットがないものは世の中にあまり存在しませんよね…。平屋住宅のデメリットもしっかり認識した上で検討すると失敗のない家づくりが出来るはずです!

平屋のデメリット(注意事項)①:広い土地が必要(コストが掛かる)

2階分のスペースを1階建てで担保するとなるとそれなりの土地面積が必要に!?

小さいお子様がいる方が平屋住宅を建てようとすると2階分のスペースを1階部分に必要となるため、土地の面積が通常よりも大きくなる必要があります。

お子様が独立された方であればコンパクトな平屋住宅でも問題ありませんので、平屋住宅を建てる方の家族構成によってデメリットとなる可能性がある事に注意が必要です。

これも先ほどご紹介したアンケート結果内容の通り、年代が上がれば上がるほど平屋住宅の購入を検討する方の割合が増えるという事と関係があるのでしょうか?

平屋のデメリット(注意事項)②:プライベート空間をどう作るか

生活導線が繋がっているという事は、プライベートな空間も少なくなる傾向が
平屋住宅のプライベートについて

世の中、言いも悪いも紙一重と言われるように、平屋住宅のメリットである家族におけるコミュニケーションが取りやすい半面、プライベートな空間も少なくなる傾向があります。

それはそのはず、家族との接点が増える訳ですからそれと同様にプライベートな空間は少なくなりますよね…。

とはいえ、各部屋にはドアもありますし、そこまでプライベートな空間がない訳ではないとおもうのですが…皆さんはどう思われますか?

平屋のデメリット(注意事項)③:中心部はどうしても日光が入りにくい

家の中心部に日差しが入りにくい為に、室内が暗くなる傾向がある
平屋の中心部には日差しが入りにくい

これは平屋住宅以外にも当てはまる問題ですが、平屋住宅は通常の2階建て住宅に比べて部屋数が多くなる傾向があるので、なおさらデメリットとしてクローズアップされやすいので注意が必要です。

平屋中心部に日差しを取り入れる工夫をした平屋住宅ではない限り中心部が暗くなってしまう事には注意が必要です。

平屋住宅の問題点として挙げられる日差しの問題とその解決策をご案内しています。是非、解決策として挙げさせていただいた内容もお読みくださいね!

平屋のデメリット(注意事項)④:洗濯物はどこに干す?

家の中心部に日差しが入りにくい為に、室内が暗くなる傾向がある
平屋の問題点の1つは洗濯物

当たり前ですが、平屋住宅には2階部分がありません。この2階部分がない事においてメリットが多く生まれるのが平屋住宅の特徴でもありますが、やはりデメリットとして生まれてしまう問題も

それが、平屋住宅において洗濯物をどこに干すべきかといった問題です。

日差しが良く(北側は避けた方が無難)、2階にベランダがあれば問題にならなかった外から丸見えにならない場所…そんなスペースが平屋には通常はありません。

こちらの問題も一気に解決出来る平屋住宅があるんです!是非、参考にしてくださいね!

平屋のデメリット(注意事項)⑤:通常のハウスメーカーでは平屋作りに対応していない事がある

人気があるといってもまだ平屋住宅を選択するのは少数派!?
対応するハウスメーカーが少ないので平屋は注文住宅が多い

平屋の人気が高まっているとはいえ、全体の割合から見るとまだまだ少数派というのは事実としてあるようです。

従って、最初から平屋住宅用に設計された規格住宅は少ない為に、注文設計(住宅)となるケースが多く建築費用が高くなってしまう事もあるそうです。

そんな中、平屋住宅のニーズに合わせて縁側まで用意した平屋住宅に特化したプランも用意するハウスメーカーも!是非、その内容を確認してはいかがでしょうか?

平屋のデメリット(注意事項)解決方法は?

平屋住宅のデメリットについて、いくつか例を挙げさせて頂きましたがいかがでしょうか?

そんな中、それぞれのデメリットに対応した平屋住宅を企画・販売するハウスメーカーによる商品があるのはご存知ですか?

デメリットに対してどのような商品力で解決を図っているのでしょうか…!?

中心部に中庭がある【ゼロキューブ(回)KAI】でほとんど解決!

これで日差しや洗濯物を干すスペースなどが解決できますね!

中庭を設ける事で、外部からの目線を気にする事なく洗濯物を干す事が出来ますし、日光が中庭を囲む四方へ照らす事で室内が暗くなることを防ぐ事ができます。

ゼロキューブの平屋「KAI(回)ACT1」についてまとめてみた

2018.11.29
中庭で外の気配を感じながら食事をしたり、四季の移り変わりを感じる事も…。中庭というスペースが平屋を大きく魅力的にする商品ですね!

和モダンテイストが希望なら縁側がある平屋【四季 -HIRAYA-】はいかがでしょう?

今風のデザインはちょっと…と思われる方に【和モダンテイスト】な平屋はいかが?

和モダンテイストにより、昔の平屋住宅の面影を残しつつ現代風にアレンジした平屋住宅である【四季 -HIRAYA-】。

しかもこの平屋住宅には縁側までついているのがポイントです!また最新の住宅設備としてゼロエネルギー住宅を実現する太陽光発電システムを取り入れる事も可能となっています。

「四季-HIRAYA-」ゼロキューブとは一線を画す和モダン平屋のまとめ

2018.11.30

早めが吉!お金も質も【200%得する引き渡しまでにやる事リスト】

2020.01.28
【もう家づくりは引き渡しを待つのみ!という方】はこちらの記事をどうぞ!
知っているだけで200%以上もお得な新生活を送れる様々なポイントをまとめてみました。家づくりも家づくり後の新生活も失敗せずお得に過ごしたいという方は必見です!

家づくりを検討している方へ利用してもらいたいサービスはコレ!

ゼロキューブを検討している方へ利用してもらいたいサービスはコレ!

ゼロキューブは気になるけれどあくまでも候補の1つと考えている方もきっと多いと思います。

住宅(マンションを含む)の購入は人生の中でそう何回も経験する事ではないので、あくまでも慎重に検討するのが良いと思います。

そこでゼロキューブを建てた我が家も利用した、住宅を購入する事を考えている方に必ず役立つ無料のサービスを紹介します!

住宅購入は人生の中で最も高い買い物の1つではないでしょうか?そんな高価な買い物を安易に決めてしまうのは失敗の元!しっかり検討した上で購入に進む事をお勧めします!

【Case1】失敗したくない!でも何から家づくりをスタートしたら良いか分からない!という方

【Case1】失敗したくない!でも何から家づくりをスタートしたら良いか分からない!という方

家づくりはみんな初めての経験!分からない事や不安な事は聞くのが一番!

我が家もそうでしたが、最初は家づくりをどこからスタートして良いか分かりませんでした。特に家を建てる際に必要なお金や補助金制度の事、さらには土地から探すべきか工務店から探すのか…。

自分たちで情報を集め始めたのですが、仕事をしながらだったので時間が非常にかかっただけでなくあくまでネット上の情報なので本当に正しい情報なのかも分かりません。

不動産のミカタ
実際に破産債務者となった方が、住宅購入が原因(きっかけ)で破産したと答えた方は全体の何割ぐらいいるかご存知ですか?
住宅王に俺はなる!
えっ!?住宅購入が破産のきっかけに??…う~ん、3%ぐらいかな?
不動産のミカタ
正解は約16%の割合です。
住宅王に俺はなる!
そんな…6人に1人って、想像以上に多い…

果たして我が家の家計は住宅購入が出来るのか…また、欲しい家のデメリットは本当にデメリットなのか(他の家を探すべきなのか)悶々と考える日々が続きました。

そこで利用したのが無料で電話相談できるサービスでした。このサービスを利用した理由は大きく分けて2つありました。

  • 無料相談時や相談後に勧誘やセールスが一切ない
  • とにかく評判が良かった(実際お勧めします!)

公式サイトに記載されている通り、無料で家づくりの相談をしている際や無料相談後に他サービスの勧誘やセールスの電話などがありませんでした(最初は不安でしたが)。

お客様に対して当センターからセールスをすることは一切ございません。
引用元:タウンライフ注文住宅相談センター

また、とにかく評判が良かったのも利用したきっかけの1つでした。最初は本当かな?と思いましたが、実際に無料相談日時をサイトから予約して電話をしてみると物腰が柔らく、無理なセールスなど皆無でした!

利用方法は簡単!問い合わせフォームにアクセスして内容を記入するだけで完了!その際、我が家が実施した記入事例を下記に詳細させていただきます。

● 我が家の利用例
我が家は「資金計画」「つなぎ融資」「軒のない屋根」について無料相談させていただきました。
従って、それ以外の事は相談する気がありませんでしたので、入力フォームの項目は以下の通り設定しましたよ!

【現在のご状況について(情報収集している)】にチェック
【建設予定地(未定)】にチェック
【総予算(まだわからない)】にチェック
【その他のご希望(「資金計画・つなぎ融資・軒のない屋根について相談させてください」)】を記入

サービス自体は注文住宅メーカーを無料で紹介してくれるものですが、あらかじめ相談したい内容を記載する事で相談したい内容以外についてはそこまで話をしませんでした。
もちろん、注文住宅メーカーや土地探しに強い不動産企業を紹介してもらうのも1つの方法です。後から料金なども請求される事がないので、利用しないのは非常にもったいない。
分からない事は聞いてしまうのが一番早い事を忘れずに!
住宅関係に勤めている方の方が、ネットの情報より正確な成功事例や失敗事例を多くご存知です。家づくり成功のコツは「なるべく多くの失敗事例や成功事例を知ること」に限ります。

不動産のミカタ
今なら毎月99名に先着で成功する家づくりのガイドブック(50ページ!)が無料でもらえるキャンペーン実施中です!
成功する家づくりはいかに様々な情報を手に入れて失敗する元となる原因をきちんと把握する事が重要です。
ガイドブック1つで成功する家づくりが出来るなら…しかも無料!この機会をお見逃しなく!
【圧倒的解決!】悩みや不安を無料で相談してみよう!

【Case2】ゼロキューブは候補の1つ。いろんな間取り事例を見たいという方

ゼロキューブは候補の1つ。いろんな事例を見たいという方

住宅王に俺はなる!
うぅ…なんか背筋が凍るツイッターですね…。でも初めての家づくりで間取りを100%成功させる自信もないし…
不動産のミカタ
そうなんです。誰だって初めての家づくりなので失敗する事もあります。だから家づくりが初めてではない人に相談してみたら
失敗する可能性は非常に少なくなる
と思いませんか?
住宅王に俺はなる!
家づくりが初めてではない人に相談…?
注文住宅は間取りが命!では各メーカーに無料で間取りを提案してもらえば希望の間取りに出会える!

ゼロキューブの購入を検討している方の多くが、規格住宅としての間取りや内装に魅力を感じているのではないでしょうか?

そんな方に是非、オススメするのが様々な建築事例(間取り)を契約前に集めておく事です。

理由は簡単!建築後に「〇〇も取り入れれば良かった‥」といったように後悔するのを防ぐためです。

間取図を作るのって、簡単のようで難しいですよね…。わが家ではネットで色々な間取図を見ても実際はどうなんだろう…って悩む事がありました。

でも、忙しい中に間取りを毎日探して確認するのも手間がかかるし、そもそもみんなそれぞれ間取りに求めるものが違うのでなかなか自分たちの希望に合った間取りが少ないという現実に直面しました。

また、大手ハウスメーカーの販売する住宅と最後まで迷った事もありました。施工実績が豊富だからこそ出来るアドバイスや、最新の技術を使った大手ハウスメーカーの住宅って、どんな間取り図なんだろうと思いませんか?

間取り図で悩んでいる方、他のハウスメーカーの間取り図も見て検討したい方におススメなのが、大手ハウスメーカーに所属する建築士からの注文住宅における間取り図を無料でもらえてしまうサービスです。

相談後に初めて知ったのが、このサービスの累計利用者は既に1,120,000人以上との事。やはり皆さん情報の収集を行っている事が分かりますね。

● 我が家の利用例
我が家は実際に希望する間取りの条件を伝えた上で、なぜそのような提案をして頂いたのか【提案頂いた間取り図の背景にある根拠】を聞く事で、実際に住んだ際の利便性を検討する事が出来ました。

自分たちが考えていた以上に、実際に生活した際の利便性から提案された間取りには非常に説得力がありました。この内容で無料というのも嬉しいですよね!

実は、我が家のルーバー扉の中には洗濯機があります!「生活感を出したくない」といった要望を出した際に、とあるハウスメーカーから生活感をなくす収納を含む間取り図を提案されました。間取り図自体は非常に良かったのですが、建築費用に折り合いが付かずゼロキューブでの建築に至った経緯があります。このように自分たちでは想像も出来なかった間取り図を提案してもらえるメリットは非常に大きいのではないでしょうか?
【既に112万人が利用済み!】無料で間取り図を提案してもらおう!
住宅王に俺はなる!
わが家は自分たちの最終的な間取り図に大手ハウスメーカーから提案された一部を取り入れましたよ。逆に最初は反映させようと思っていた間取りの一部をアドバイスをもらった事によって止めたものもありました。後から間取り図は変えられないもの。だからこそ最終的な図面を完成させるまでに多くの間取り図に出会う事が重要だと思いました。
不動産のミカタ
注文住宅に特化したハウスメーカーでなくても問題ない、という方はこちらのサービスをお試しくださいね!

いかがでしたか?

住宅・マンションを購入するにしても重要なのは初めての経験である「住宅購入」というイベントに対して情報を入手する事で、少しでも失敗してしまう確率を減らす事ではないでしょうか?

今、皆さんが私の書いた記事を読んで頂いているのも「住宅購入前の情報収集」だと思います。だからこそ皆さんが失敗せずに満足する住宅を購入できるよう、わが家が実際に利用して良かったサービスを紹介させて頂きました。


住宅購入前に実施した情報収集の内容がその後大きな満足感へと繋がります。是非一度、プロの視点からあなたの家づくりを確認してもらってはいかがでしょうか?

【圧倒的解決!】悩みや不安をプロに無料で相談してみよう!





(今だけ?)ゼロキューブの現地見学会参加でAmazonギフトカードプレゼント!



(今だけ?)ゼロキューブの現地見学会参加でAmazonギフトカードプレゼント!
ゼロキューブの施工事例を主体にしたインスタグラムによりフォロワー数30,000人以上と大人気の工務店、オレンジハウス。
そんなオレンジハウスと家トクのコラボレーション企画【ゼロキューブの現地見学会参加でAmazonギフトカードプレゼント】が実施中です!

この機会に、実際のゼロキューブを見学してみてはいかがでしょうか?ネットでは把握する事が出来ない雰囲気や、様々な質問を直接スタッフにぶつけてみてはいかがでしょうか?
実際のゼロキューブスタッフの方とのインタビューコンテンツもご紹介しています。お見逃しなく!


ABOUTこの記事をかいた人

住宅王に俺はなる!

つい最近一戸建てを購入。家を購入してからの口癖が、某有名海賊マンガを意識して「住宅王に俺はなるっ!」。家を建てるという事は、大海原に冒険に出るようなもの。その冒険にはいろいろと準備が必要ですよね?そのやり方を実際の経験を生かしてお伝えします。「オラ、ワクワクすっぞ~!」 あれっ!?それはまた別のキャラクターでは…