住宅ローンに3大疾病など特定疾病保障はつけるべき?注意点とメリットを解説

住宅ローン組むときに、無事に返済できるかどうか不安な方もいると思います。

そんな人に朗報なのが、住宅ローンを組むときに、3大疾病など特定疾病保障付特約の住宅ローンを選択する方法があります。特定疾病とは何でしょうか、果たしてつけるべきでしょうか?また、その注意点とメリットはどのようなものがあるでしょうか?を解説していきます。

今回のポイント
住宅ローンに特定疾病保障特約をつけるべきか。そして、特定疾病保障特約をつけるならどこの金融機関が良いかということです!
全疾病保障つけても金利上乗せなしなら

疾病保障をつけるなら、全疾病保障がついて”金利上乗せなし”の「MR.住宅ローンREAL」がオススメ!

結論:特定疾病保障特約は、つけるべき

今、住宅ローンに特定疾病保障特約がセットされた商品は非常に人気です。

特に3大疾病と呼ばれる「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」といった特定疾病にかかった場合は、保険金支払い事由に該当した場合、保険金が支払われると住宅ローン残高がゼロになります。

もし、3大疾病など重大な病気にかかった場合は働くことが困難ですので、いざという時の住宅ローン返済に特定疾病保障付き特約をつける事は重要なことになります。

いざという時の先を見越した住宅ローンの返済を考えるなら特定疾病保障特約はつけておいて損はありません!
全疾病保障つけても金利上乗せなしなら

疾病保障をつけるなら、全疾病保障がついて”金利上乗せなし”の「MR.住宅ローンREAL」がオススメ!

生命保険より優秀な住宅ローンの疾病保障特約

住宅ローンを申し込むときに3大疾病保障特約をつけるべき理由の1つとして、生命保険より住宅ローンの疾病保障特約の方が遙かに優れた保障が受けられると言う理由があります。

特定疾病保障特約をつける場合の金利は0.3%程度上乗せとなります。

0.3%の金利上乗せがどれくらいの家計にインパクトを与えるかは次のシミュレーションでわかります。

変動金利0.625%で特定疾病保障特約なしの場合、返済額は79,544円と算出されます。そして、保障特約で0.3%上がった場合は0.925%で月々の返済額は83,641円です。

つまり、保障特約のありとなしの差額は4,097円となります。

この差額は35年ローンの場合だと凡そ172万円です。月額4,000円程度で、3,000万円の住宅ローン残高が0円になるのであれば、いかに割安な保険料であるかがわかると思います!

生命保険会社との3大疾病保障との違い

生命保険の保険商品でも3大疾病保障に関する商品があります。ただ、住宅ローンと保険会社の3大疾病保障の明確な違いを理解する必要があります。

なぜなら、生命保険会社が取り扱う3大疾病保険の補償内容は、治療に関する保険であるのが目的です。そのため、実際のところ支払われる保険金は300万円程度が相場です。

それに対して住宅ローンの特定疾病保障特約は住宅ローンの3,000万円がゼロになることを考えると、これだけ比較してみても、生命保険より住宅ローンの3大疾病保障特約がいかに優秀であるかと言うことがわかるでしょう。

特に人気の3大疾病保障特約とは

住宅ローンの特定疾病保障特約の中で特に人気なのが、3大疾病保障特約です。

3大疾病とは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中に病気にかかることを示します。

金融機関の支払い事由により該当した場合、住宅ローンの返済額が保障によって支払われることになり、住宅ローンの返済が免除されることになります。

がんの場合の疾病保障特約

がんに関しては、診断された時点で保険金が支払われる商品が非常に増えています。

急性心筋梗塞や脳卒中の支払い自由は厳しいことも

従来、急性心筋梗塞と脳卒中については、保険会社が定める所定の状態が60日以上継続した場合に保険金が支払われるといったものでした。実際のところ、心疾患の平均入院日数は20日程度となっており実際に保険金が支払われる場合の条件は厳しいものだとわかります。

最近は支払い事由が緩和傾向

ただ、このような現状を考慮してか、最近は3大疾病保障特約の支払い事由を緩和する金融機関が非常に増えております。

フラット35の場合、妥当治療を目的とした施術をした場合でも保険金が支払われローン残高がゼロとなる場合も起こっております。

 

特定疾病を保障の特約をつける注意点

特定疾病保障をつける場合の注意点として、年齢制限を気にしなければなりません!

多くの金融機関では、特定疾病保障の申し込み加入できる年齢が45歳までとなっていることが多いです。さらに、特定疾病保障期間が75歳までとなっている金融機関もあるので、75歳を超えた場合には保証が切れる可能性があることを認識しておく必要があります。

特定疾病保障特約から金融機関の選び方

特定疾病保障特約の住宅ローンを選ぶ時に重要になのが、特定疾病保障の「特約」や「保険金の支払い事由」が緩和された金融機関であるかどうかです。先ほど説明したように、昔に比べると金融機関の支払い条件が緩和されたものが多く存在します。

そのため、支払い事由が緩和された金融機関を選ぶのが重要です。

具体的には、加入を検討する場合の「契約のしおり」や「約款」で補償内容の違いを確認するようにしましょう。

まとめ

  • 住宅ローンの特定疾病保障はつけた方がお得
  • 特定疾病保障特約は凡そ金利0.3%上乗せされることも
  • 金利上乗せでも生命保険より良い保障が受けられるので、疾病保障はつけるのがお得
  • 疾病保障の住宅ローンの銀行を探す場合は支払い事由に気をつけること

全疾病保障の金利上乗せなしなら「MR住宅ローン」がおすすめ

もし、今回のテーマである疾病保障特約付の住宅ローンをお探しの場合、”金利上乗せなし”の「MR.住宅ローンREAL」がオススメ!です。


安く借りるために銀行ローン一括比較なら!!!




日々忙しい中で、銀行ローンを比較するのは大変!!そんな人は一括比較で本当にお得な住宅ローンを知りましょう!!




ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!