ゼロキューブの平屋「KAI(回)ACT1」についてまとめてみた

「平屋=ご年配の方が好む家」というイメージがありますが、最近では若い年代の方にも人気があるのはご存知でしょうか?家族とのコミュニケーションが取りやすい、天井を高くする事が出来る、構造が強くなる…といった平屋を選ぶ様々な理由が実際には存在します。

そんな需要に答えて、オシャレなローコスト住宅「ZERO-CUBE」から平屋モデルがラインアップされています。

今回は、このZERO-CUBEの平屋モデルであるKAI(回)ACT1について間取りや価格はもちろん、評判や施工事例までご紹介します!

ゼロキューブマリブ(ZERO-CUBE-MALIBU)を建てた!ブログ形式で評価をしてみる

2018.05.29
ZERO-CUBEの平屋モデルですので、もちろん「オシャレ」「低価格」「カスタマイズ可能」といったZERO-CUBEの3つの特徴は継承されていましたよ!「オラ、ワクワクすっぞ!」と思って頂けたら嬉しいです!

ゼロキューブKAI(回)とは?

まず最初にゼロキューブKAI(回)について紹介します。ゼロキューブKAI(回)はプライバシーに考慮した中庭があるキューブ型にデザインされた規格住宅です。

それぞれの特徴について詳しくお伝えします。

プライバシーに考慮された家とは?

私も実際に庭付きの住宅を建ててみて分かったのですが、庭での生活は以外にご近所さんに見られているという事にびっくりしました。

唐突に「今日は庭で●●●してたね」とは言われないものの、間接的に話題にされることもあったり…特に悪気があって言われている訳ではないのですが、結構意外だったりします。

また、我が家は当てはまらないのですが、それなりに交通量や人通りが多い道沿いの土地を購入した場合、外部から家の中をふと見られる事もあるそう。

そんな中、ゼロキューブKAI(回)では小さな窓を多く設置する事で外部の光を入れつつ外から覗かれる事を防いだり、本当のプライベート空間である中庭を用意したりプライバシーに考慮した家となっています。

中庭があるってどんな家?

この後にゼロキューブKAI(回)の間取り図にて説明しますが、ゼロキューブKAI(回)では家の中心部に中庭があり、中庭を囲った面からのアクセスが可能となっています。

中庭がある事で、外部の目線を気にする事なく、太陽の日差しを家の中に取り込める事から明るい室内を実現する事が実現できます。


「中庭=外部と接する空間」とする事で春夏秋冬といった季節を感じながらくつろげるって本当に贅沢ですね…

実際の評判や施工事例は?

そんな様々なプライバシーに考慮したオシャレなローコスト住宅であるゼロキューブKAI(回)ですが、実際の評判や施工事例はどうなんでしょうか?



実は中庭がある家に憧れがある人って結構多かったりするんですよね…。私の知人も同じ事を言ってました(笑)



ローコスト住宅であるゼロキューブシリーズは、コストダウンというイメージが先行している為か、実際に見学してみるとそのスタイリッシュな内容と最新の設備で皆さんびっくりされますよね。私もその中の一人で合った事は間違いありません…



無駄がないから価格も抑えられる…そんな規格住宅であるゼロキューブの最大のメリットでもあるんですよね!

ゼロキューブKAI(回)の平屋モデルが「ACT1」

そんなゼロキューブKAI(回)のゼロキューブKAI(回)ACT1と呼ばれるモデルが平屋バージョンとなります。

プライバシーに考慮しつつ、中庭があるゼロキューブKAI(回)のコンセプトはそのままに、ゼロキューブシリーズ唯一の平屋モデルとなっています。

もちろんゼロキューブKAI(回)も素敵ですが、キープコンセプトで平屋モデルとして登場しているACT1は非常に魅力がありますね!

ゼロキューブKAI(回)の平屋モデル「ACT1」の間取り

ゼロキューブKAI(回)の平屋モデル「ACT1」の間取りはほとんどゼロキューブKAI(回)と変わりません。

もちろん規格住宅であるゼロキューブだからこそ、和室を洋室に変えたいなど…間取りのカスタムも可能です。

ゼロキューブKAI(回)の平屋モデル「ACT1」の価格

ゼロキューブKAI(回)ACT1の価格は2階建てモデルの1,400万円から200万円低い1,200万円から建てる事が可能です。

この浮いた200万円で室内の質感をあげるカスタマイズを行ったり、外構工事に回したりする事もできます。

ゼロキューブKAI(回)の平屋モデル「ACT1」の施工事例

ゼロキューブKAI(回)ACT1の施工事例①

室内をコンクリート打ち放し風にした施工事例です。このシックな雰囲気とダウンライトの組み合わせが非常にマッチしていますね!

ゼロキューブKAI(回)ACT1の施工事例②

ゼロキューブの特徴でもある「ガルバリウム鋼板」を使用したゼロキューブKAI(回)ACT1。紺色をチョイスする施工主さんのセンスが光ります!

ゼロキューブKAI(回)ACT1まとめ

ゼロキューブシリーズ唯一の平屋モデルである「ゼロキューブKAI(回)ACT1」はいかがでしたか?

実際に平屋を選ぶ方は年々増えていると聞きますが、実情は注文住宅になる事がおおいそうです。そんな中で規格住宅だから出来るコスト削減とカスタマイズで世界に1つの平屋を建てる事が出来るのがゼロキューブKAI(回)ACT1の最大のメリットかもしれません。

是非一度、実際の建物をみてはいかがでしょうか?出会いは突然やってくるものかもしれませんよ!


たった60秒の手間で50万円以上も差が出る!?
住宅ローン一括審査サービス利用のススメ!

ゼロキューブ購入に切っても切れない「住宅ローン」ですが、知識不足や準備不足により、住宅ローン契約が終わってから後悔したことがある方が多数!
そんな後で後悔しないように我が家が利用したサービスが【住宅ローン一括査定サービス】です。
忙しい方や後で後悔したくない方にお勧めのサービス!是非利用していただいて少しでもお得にゼロキューブを購入してくださいね!

60秒の作業で金利の支払額が50万円も差が!?やらなきゃ損!住宅ローン一括審査のススメ

2018.06.12

ABOUTこの記事をかいた人

住宅王に俺はなる!

つい最近一戸建てを購入。家を購入してからの口癖が、某有名海賊マンガを意識して「住宅王に俺はなるっ!」。家を建てるという事は、大海原に冒険に出るようなもの。その冒険にはいろいろと準備が必要ですよね?そのやり方を実際の経験を生かしてお伝えします。「オラ、ワクワクすっぞ~!」 あれっ!?それはまた別のキャラクターでは…