年収300万で借りられる住宅ローン審査はどこ?オススメ銀行を紹介!

年収300万円でも住宅ローン審査が問題ない銀行を知りたい!そんな方も多いのではないでしょうか。今回は、年収300万未満でも住宅ローン審査を通って借りることができる住宅ローンを提供している銀行を紹介していきます。

本記事のまとめ
年収300万でも住宅ローンを諦める必要はありません。フラット35であれば借り入れ可能になります。また、ネット銀行の中ではじぶん銀行」がオススメです。年収200万円以上から住宅ローン審査が可能です。もし、年収300万未満でも住宅ローンが借りられる銀行を一気に効率よく探したいなら「住宅ローン一括審査申込」がオススメです。最大6社の銀行から仮審査の連絡をもらうことが可能です。

実は年収が低いほどマイホームの方がお得?

夢のマイホームを検討する場合、年収に不安があると住宅ローンを借りられるかどうか不安になる方が多いと思います。ただ、例えば子供が大きくなってきたので手広いお部屋を借りようとする場合、年収に不安があればあるほど、広いお部屋の賃貸は手が届かないのが正直なところです。

子供大きくなるから広いお部屋を探している場合、年収が低いほどマイホームを購入してしまう方が、毎月の出費が抑えられることからマイホームを購入する方が多いのが現状です。

年収300万で借りる住宅ローンシミュレーション

年収300万円で住宅ローンを借りるのは、無謀なのでしょうか?いいえ、そんなに無謀ではありません。では年収300万円で住宅ローンを借りる場合のシミュレーションはどうなるのか確認していきましょう!

年収300万でフラット35を借りる場合

フラット35の場合、年収400万未満だと返済負担は30%以内と決められています。

フラット35の返済負担上限
年収400万未満の場合 年収400万以上の場合
30%以内 35%以内

つまり、年収300万だと30%以内の年間返済額が90万円が上限となっていますので、それ以上になるとフラット35でも住宅ローンを借りることは難しくなります。年収300万で返済額を90万円以内に抑えるとなると、月々の返済額は7.5万円となります。

月々返済額7.5万円の場合、フラット35で2019年9月時点の最低金利を35年で返済するとなると、MAXで借りいれる額は2609万円となります。つまり、2609万円までが購入物件の上限予算となります。つまり、フラット35では2609万円以上の借り入れ予算は期待できないということになります。

それ以上の物件が欲しかったらどうする?

もし、フラット35で年収300万円の上限予算2609万円の物件が欲しい場合は、夫婦で年収を合算する方法であったり、頭金をしっかり貯めて置く必要があります。

フラット35以外の場合はどうなる?

フラット35以外の場合で住宅ローンを借りたい場合はどうでしょうか?結論から言うと、住宅ローン審査に落とされる可能性は高くなります。どちらかと言うとフラット35の方が審査は甘いと言わざるを得ませんので、審査は厳しくなる可能性があります。

また、そもそも審査の相手にしてくれない銀行も中にはありますので、次に紹介する年収300万円でも住宅ローン審査を行ってくれる銀行を探すことの方が重要です。

年収300万でも審査をして借りられる住宅ローン

では、年収300万円でも住宅ローン審査を行ってくれて借り入れをしてくれる可能性がある銀行はどこなのでしょうか?ここでは年収300万円以上でも審査が可能で、住宅ローン申し込み可能な銀行を紹介していきます。

年収200万から審査可能なじぶん銀行

KDDIと三菱東京銀行が共同出資している「」は経営基盤が安心なネット銀行です。ネット銀行はメガバンクに比べて審査条件が緩和されており、年収に不安がある方でも要件を満たせば住宅ローン審査が可能です。

・前年度の年収(自営業の場合は申告所得)が 200 万円以上のお客さま

引用:じぶん銀行の住宅ローン商品詳細説明書より ※2019年5月発行のもの

じぶん銀行の特長
  • じぶん銀行の住宅ローンは、いざという時の保障が充実です。団信保険とがん50%保障が、なんと0円で付いてきます!
  • じぶん銀行はKDDIと三菱東京銀行が出資する安心基盤の住宅ローンです!
  • がん診断保障に、全疾病保障が付与されます!
  • 手続きが簡単で最短10日で契約完了することができるネット銀行!
  • 保証料、印紙収入、一部繰上げ返済手数料、返済口座への資金移動が0円!
今回記事の年収に不安がある方が住宅ローン審査を行うには、じぶん銀行がオススメです!
じぶん銀行の住宅ローン金利
変動金利 10年固定金利

0.457%

※2019年10月時点

0.590%

※2019年10月時点

変動金利も安いですが、じぶん銀行の10年固定金利は一番安いです!
2019年10月時点の金利です。
変動金利が低いのでオススメなのは勿論ですが、じぶん銀行の10年固定金利は業界の中でも、最安に入る部類です!

新生銀行は年収300万円以上から審査可能

  • 連続した就業2年以上、かつ前年度税込年収が300万円以上の正社員または契約社員であること。

新生銀行の場合は、年収300万円以上から住宅ローン審査が可能です。

300万円以内の場合は対象外となりますが、あともう少しで対象になりますので、年収の増額が見込める場合は給与増額が見込めるまで待つことにしましょう。

やはり年収300万円の壁は1つあるようです。年収300万円未満である場合はじぶん銀行が大きな検討候補になるでしょう!

一気に年収300万未満でもOKな銀行探しの方法

年収300万円の場合、実際のところ審査対象外にされる銀行が多くあります。そのため、年収300万円未満である場合は対象になる銀行の住宅ローン商品を検討する場合があります。その中でも今回紹介したじぶん銀行は年収200万以上なので、大きな検討候補の1つです。

では、他の銀行の可能性はないのでしょうか?

答えは、まだあります。

その住宅ローンを探す方法は「住宅ローン一括審査申込」です。

住宅ローン一括審査申込」は、自分の年収などの審査条件に照らし合わせて、全国の銀行が仮審査を行ってくれて、最大6社の銀行から仮審査結果の報告をしてくれます。一気に年収300万でも審査OKな銀行探しをしたい場合は「住宅ローン一括審査申込」が最も効率的な探し方になります。

まとめ

年収300万円でも住宅ローン審査を諦める必要はありません。フラット35では返済負担が30%以内で借りることができます。また各銀行の住宅ローン商品の中では「」が年収200万円以上であれば審査を行うことが可能です。もし、年収300万未満で借り入れ可能な住宅ローンを効率よく探すなら「」がオススメです。最大6社の銀行から年収300万未満の状態で住宅ローン審査を行うことが可能です。

 

 

あなたに最適な低金利住宅ローン探し

最新No.1金利 オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」


  • 最新版 No.1金利にて借り入れ
  • No.1金利がダメでも 次にベストなプランを提案
  • 人工知能(AI)を活用 35年間No.1金利をキープ


一括住宅ローンの審査申込「住宅ローン本舗」


  • 約80の銀行の中から最大6銀行に一括仮審査申し込で手間いらず
  • 金利・事務手数料・保障内容・総支払額で比較できる
  • 地元の銀行情報も掲載



ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!