【要参考】住宅ローンの勤続年数審査基準を比較して見ました!

転職したばかりや就職したばかりで勤続年数が短い。そんな悩みを住宅ローンに対して持っている人もいいのではないでしょうか。そんな方のために勤続年数の審査基準を銀行別に比較して見ました!

住宅ローン申し込みで勤続年数に関するお悩みをお持ちの方はこちらを参考にして見てください。

銀行別の住宅ローン勤続族年数審査基準比較表

勤続年数に不安がある方は下記をご参考に銀行を選んで見てはいかがでしょうか。勤続年数が短いとそもそもの住宅ローン申し込み審査基準に該当しないことがありますので、がっかりしてしまいます。

銀行名 勤続年数 公式HP 特徴
新生銀行 決まりなし 管理人おすすめ!

諸経費を踏まえた実質金利が安い!

ARUHI 3ヶ月以上 フラット35が低金利!
楽天銀行 1ヶ月以上 フラット35が低金利!
じぶん銀行 決まりなし 変動金利が安い!
イオン銀行 6ヶ月以上 お買い物などがお得に!
住信SBI 決まりなし 変動金利が安い!

中でも新生銀行は、HPで堂々と転職したらばかりの人でもご安心ください!とHPに記載があります。転職したばかりで勤続年数が短い人は『新生銀行のパワースマート住宅ローン』を利用してみるのがおすすめです!

勤続年数が短い場合はどうする

勤続年数が短い人は、審査基準を満たした銀行を探すことが第一です。そもそもの勤続年数の審査基準を満たしていない銀行に話を聞いて見たところで、時間の無駄です。

今回ご紹介の勤続年数の審査基準比較を見て銀行を選ぶようにしましょう!

転職後、勤続半年や1年未満でも住宅ローンが申し込める銀行を教えます!!

2018.05.11

勤続年数が短い場合の申し込み注意点

転職が多い人や転職まもない人は銀行によっては、職務経歴書の提出を求められることがあります。その職務経歴書を書く場合、注意点があります。

転職した理由はポジティブな理由と捉えられるようにしましょう!詳細は下記の記事でご確認ください。

転職予定者は必見!転職したばかりの人が住宅ローンを申し込むポイント3つ!

2018.11.16

勤続年数は審査でどれくらい重要か

勤続年数は審査基準の中の1つにすぎません。年収が購入物件に対して低いと借り入れることが難しくなったり、雇用形態も審査基準に挙げられます。では、一体勤続年数は審査基準のうち、どれくらい重要なのでしょうか。

その答えは、平成29年に国土交通省が調査したデータが参考になります。国土交通省が実施した銀行向けへの調査では、勤続年数を重要視していると回答した銀行の回答数で第8位になっております。

以前の調査ほど、勤続年数を重要視する銀行の回答数は減ってきているのも興味深いところです。

勤続年数の嘘やごまかしはタブー

勤続年数が短いからといって、ウソやごまかしは厳禁です。保険証一つでも勤続年数はバレますし、もし1度でも嘘のほころびが住宅ローンの審査で見つかった場合、銀行は徹底的に調べます。

その時に嘘がバレてしまうと審査の承認が得られなくなるといった事態に陥ります。

住宅ローン申し込み時に勤続年数の嘘やごまかしは厳禁!その理由とは

2019.01.04

今回紹介の銀行で見つからない場合

今回紹介した勤続年数が短くても大丈夫な銀行を比較して見ましたが、それでも見つからない場合は、銀行への一括審査申し込みがおすすめです。銀行へ一括で審査申し込みを行うことができますので銀行をどう探せば良いのかがわからない場合はおすすめです。


安く借りるために銀行ローン一括比較なら!!!




日々忙しい中で、銀行ローンを比較するのは大変!!そんな人は一括比較で本当にお得な住宅ローンを知りましょう!!




ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!