住宅ローン申し込み時に勤続年数の嘘やごまかしは厳禁!その理由とは




どうしてもあの銀行の住宅ローンを申し込みたい!でも審査条件の勤続年数が足りない。。。そんな人もいるのではないでしょうか。そんな時に勤続年数の嘘をついてもいいのかと迷う人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。勤続年数の嘘やごまかしは厳禁です。その理由を今回は紹介していきます。

勤続年数の嘘やごまかしが厳禁な理由とは

勤続年数は住宅ローン審査基準の1つです。そのため、住宅ローン申し込み時に嘘やごまかしをすると、事前審査では融資承認が得られたのに、本審査で融資許可が下りないことがあります。

仮に本審査で融資承認が得られても、返済が始まった後にバレてしまうと銀行から一括返済を求められてしまうことも最悪のケースとして考えられますので、嘘やごまかしは厳禁と言えます。

契約社員から正社員になって、勤続年数期間をどのように記入すれば良いかは、しっかりと銀行に確認をしながら進めるのが良いでしょう。

勤続年数をごまかしても証明が必要

もちろん審査を行うときに、勤続年数の証明が必要です。たとえ申し込み書類に嘘を書いても、社会保険証に記載されている入社年月日と違っていると、銀行は審査で徹底的に審査を行います。

また、事前審査で承認が下りても本審査でより厳格な証明書類を求められることもあります。そのため、嘘をついたとしてもすぐにバレると思っておいて方が良いでしょう。

本命の銀行なら尚更、嘘は避けたい

本命の銀行であれば、なおのこと嘘は避けた方が良いです。虚偽記載で嘘がバレて、おおごとになってしまった場合、住宅ローンの審査どころではありません。

本命の銀行であれば、勤続年数で嘘をついて審査を棒に降るぐらいなら正直な記載をすることをオススメします。

意図せず嘘を書いていることがわかったら早めに申告

中には事前審査申込書を軽い気持ちで書いて、結果的に嘘を書いてしまったということもあるかもしれません。その場合は、できるだけ早く嘘であることを申告した方が良いでしょう。

正直に言うことで、審査がゼロからやり直しになってしまう可能性もありますが、嘘をそのまま進めることがリスクです。

不動産業者からの甘い誘いは注意

不動産業者の中には、軽い気持ちで勤続年数の嘘を進めるケースもあるかもしれません。どんなに不動産業者が大丈夫だと言っても、審査をするのは銀行です。銀行側の気持ちを考えると、勤続年数の嘘を付かれるのはいいものではありません。

そう言った、いい加減な不動産業者である場合、銀行側から不動産業者をマークしている可能性もあります。あまり、不動産業者の言うことを鵜呑みにしない方が良いでしょう!

嘘つくなら勤続年数が短くてもOKな銀行を選ぶ

住宅ローン審査の勤続年数は、重要な審査基準の1つです。そのため、勤続年数が短くてそもそも申し込みができないことすら発生し得ます。

だからと言って、勤続年数の嘘はつかないことをオススメします。なぜなら、金利差や諸費用の差はあれ、住宅ローンを申し込める銀行はたくさんあるからです。勤続年数が短くて、どうしても住宅ローンを申し込みたいと言うのであれば、勤続年数が短くても申し込みができる銀行を選ぶようにしましょう!

転職後、勤続半年や1年未満でも住宅ローンが組める低金利銀行を紹介!!

2018.05.11

住宅ローン審査で雇用形態や年収の嘘も控えること

住宅ローンの審査基準は様々ありますが、勤続年数と同様に「雇用形態」や「年収」の虚偽記載もオススメしません。嘘をついて、融資承認が得られない可能性があります。

勤続年数が不安なら銀行に一括仮審査も選択肢に

もし、勤続年数に不安があって、審査が大丈夫かどうか不安になったら、住宅ローン一括審査申込オススメです。最近では勤続年数にこだわりを持たない住宅ローン商品を用意する銀行も多いですが、まだまだ少なく、審査面で有利になる訳ではありません。借りたい金額や今の勤続年数を入力することで最大6銀行も住宅ローンの仮審査をすることができます!あなたに融資したい銀行がきっと探せます。




あなたに最適な低金利住宅ローン探し

最新No.1金利 オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」


  • 最新版 No.1金利にて借り入れ
  • No.1金利がダメでも 次にベストなプランを提案
  • 人工知能(AI)を活用 35年間No.1金利をキープ


一括住宅ローンの審査申込「住宅ローン本舗」


  • 約80の銀行の中から最大6銀行に一括仮審査申し込で手間いらず
  • 金利・事務手数料・保障内容・総支払額で比較できる
  • 地元の銀行情報も掲載



ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!