不動産の無料一括査定を利用するデメリット




便利なので使う方も多い不動産の無料一括査定ですが、利用することのデメリットがあります。何も知らずに一括査定をすると、後悔する可能性がありますので、不動産の無料一括査定を利用するデメリットを事前に把握しておきましょう!

不動産の無料一括査定とは

不動産の無料一括査定とは、たくさんの不動産会社と提携しているサイトで売却希望の不動産情報を入力することで、複数の不動産会社から査定金額を教えてもらうことができます。

手軽に早く、売却査定金額を簡易的に知りたい場合に利用する人が多いのが特徴です。また、複数の不動産会社からの査定金額を教えて貰えることで、売却相場の把握ができます。

どうして不動産の一括査定は無料できるの?

無料(タダ)より怖いものはない・・・

こんな教訓をお持ちの方は、無料で一括査定できることに疑いを持つかもしれません。その為、なぜ一括査定が無料でできるのかを知っておいて欲しいと思います。

無料で一括査定ができる理由は、提携している不動産会社が一括査定の運営サイトに広告料を支払っているからです。それは、問い合わせで発生する課金であったり、毎月の固定費用が発生しています。不動産会社の広告宣言費でサイトを運営しているので、一括査定を申し込むユーザーにお金を払うことはありません。

豆知識:不動産会社の報酬はどこで発生する?

不動産会社に対して、報酬となるものは「仲介手数料」です。仲介手数料は売却が成立した時に支払うもので、「売買取引価格×3%+6万+消費税」の金額がかかります。

不動産の無料一括査定のデメリット

無料で一括査定ができるって怪しくない?・・・

不動産は無料査定で行うことができます。ただ、何かしらの行動を起こすときは、その行動にデメリットが発生する可能性があります。不動産の無料一括査定サイトも同様で、デメリットが起こります。

ここでは、不動産の無料一括査定のデメリットについて説明します。

田舎や郊外は複数の一括サイトが必要

突然ですが、無料の一括査定サイトに登録している不動産会社は、都市部を営業拠点にしている不動産会社が多いです。なぜなら、都市部の方が高い価格で取引できるので、仲介手数料の報酬をたくさん見込むことができるからです。

その為、田舎や郊外の不動産だと、一括査定サイトで不動産会社が見つからないかもしれないので、複数の不動産一括査定をして見ていただく必要があります。

しつこい勧誘が来る

不動産の無料一括査定サイトに申し込みをする場合、複数の不動産会社から連絡をもらいます。その不動産会社の中には、しつこく電話や連絡をしてくる不動産会社もいます。中には、突然お宅に訪問してくる不動産会社もいるほどです。

不動産のミカタ
不動産会社からすると、売却の契約は自分の成績に関わるものなので必死なのです!軽い興味本位なら無料でも一括査定はしない方が良いです!

興味本位程度で不動産査定を行うと、査定をした後の売却活動の勧誘が煩わしく感じる人もいます。しつこい勧誘だと感じそうな人は、一括査定に対して慎重にしましょう!

ただ、不動産売却に本気な方は、不動産一括査定は売却活動の登竜門なので覚悟を持って査定サイトに申し込みをしましょう!

しつこい勧誘の対処法
しつこい勧誘に辟易してしまいそうな人は、一括査定をする時に「メールでの連絡やりとり希望」を伝えた上で申し込みをしましょう!

どの不動産会社に相談したら良いか悩む

不動産の無料一括査定を依頼すると、複数の不動産会社がそれぞれ違った査定金額を出してくるので、どの不動産会社に依頼すれば良いか迷うケースも多々あります。

その為、どの不動産会社であれば信頼できそうか、担当者は任せられる人か、査定金額の根拠はしっかりしているかのポイントから不動産会社を選ぶようにしましょう!

それでも不動産会社の選び方を知りたかったら
不動産会社の選び方に迷ったら、下記の記事を参考にしてみてください。

誰にも教えてくれない!?売却活動をスムーズにする仲介会社の選び方とは?

2017.11.04

匿名の査定は難しい

どうしても個人情報を一括査定サイトに登録したくない人は、匿名の不動産査定を利用することが可能です。ただ、実際のところ、住所分かってしまうと、登記簿情報から持ち主がわかってしまい、連絡が来てしまう可能性がある点に注意が必要です。

売却をする時は、結局個人情報を知らせなければならないので、売却すると決めたら覚悟をしましょう!

個人情報が出回る?

不動産の一括査定を利用した人の中には、「問い合わせした先から個人情報が出回って、知らない不動産会社から連絡が来るようになってしまった」と個人情報が出回ってしまったという経験をなされた方がいます。

必ずしも不動産一括査定サイトが理由になっているわけではありませんが、確かに複数の不動産会社に個人情報が行くことになるので、個人情報の取り扱いに不安を覚える人も多いです。

その為、不動産の一括査定サイトを選ぶ時は、信頼できる不動産会社が提携先になっているかどうかを判断基準にしましょう!

信頼できる不動産一括査定サイトを選ぶ方法は?

信頼できる不動産一括査定サイトを選ぶにはどうすればいいでしょうか?

それは「個人情報の取り扱い」がしっかりしている査定サイトです。例えば「【リビンマッチ】不動産売却 一括無料申込」では、Pマークを取得しておりお客様の個人情報が適切に取り扱われています。また、査定物件が勝手にサイトに掲載されることはないので、安心して査定をすることができます。

実際より高い価格査定で勘違いしてしまうことも

不動産の一括査定サイトは、複数の不動産会社からいろいろな査定金額の連絡が来ます。査定金額の連絡を比べてみると、実需とかけ離れた価格査定がくることもあります。

悪質な不動産会社は、ネット査定から訪問査定に結びつけるために、高く査定をすることもあります。もしくは、過去の高い取引事例を引き合いに、今の需要とはかけ離れた高い価格査定を連絡することもあります。

その為、離婚などの理由でネットの一括査定を利用しようとしている人は注意が必要です。実際の価格査定より高く査定されることがあるので、財産分配の観点から不公平が生じる可能性があります。

不動産の無料一括査定で後悔しない為のポイント

無料の一括査定は、売却活動の中で重要なステップです。ですが、ここまでの説明のようにデメリットもあります。そのため、不動産の一括査定をしたことで後悔が生じないためのポイントを説明します。

断り文句はしっかり決めておきましょう。

一括査定を行うと、複数の不動産会社から連絡が来ます。そのやりとりに辟易してしまう人が沢山います。もし、やり取りに嫌気がさした時のために、k十割文句を決めておきましょう!断りの連絡はなるべく早めに、今までの謝意と理由を端的に伝えましょう!

一括査定時にメール連絡希望と入れる勇気も必要

複数の不動産会社からの電話がこわいなら、一括査定依頼時に「メール連絡希望」の旨をつたえてみましょう。電話のやり取りよりは自分のペースで不動産会社とやりとりが可能になります。

もし「メール連絡希望」を伝えた上で、電話をする不動産会社がいるようであれば、その不動産会社に頼まないという方法もあります。

不動産のミカタ選定の不動産一括査定サイト

最後に、不動産一括査定のデメリットが起こりづらい当サイトのオススメ一括査定サイトを紹介します。「メール連絡希望の可否」「個人情報の取り扱い」「信頼できる不動産会社の提携先」この3つの観点からおすすめできる一括査定サイトを紹介します。

満足度が高い東証マザーズ上場企業が運営「リビンマッチ」

リビンマッチは、個人情報の取り扱いの「Pマーク」を取得している東証マザーズ上場の信頼できる会社がサイト運営を行っております。一括見積をすると、最大6社から査定額を受け取ることが可能です。楽天リサーチ調べで、「不動産価格の満足度1位」「利用したい不動産ポータルサイト1位」を取っております。

リビンマッチは査定申込者に迷惑が掛からないよう「個人情報の保護」と「物件非公開」を掲げています。これにより、査定情報が適切に取り扱われます。

不動産の無料一括査定とは

不動産の無料一括査定とは、不動産会社が提携している一括サイトに売却したい物件情報を入力することで、複数の不動産会社から査定金額を教えてもらえます。

どうして不動産の一括査定は無料できるの?

不動産の一括査定が無料でできるのは、不動産会社が一括査定の運営サイトに広告料を支払っているからです。不動産の一括査定の時に問い合わせする人がお金を払うことはありません。

田舎や郊外は一括査定ができない?

都市部と比較して、田舎や郊外は不動産会社の営業圏外である可能性もあるので、査定ができない可能性があります。田舎や郊外の人は、複数の一括査定を利用するのがオススメです。




ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!