2%割引でお得!タマホームの注文住宅を簡単に値引きする方法!




想いのまま完全オーダーメードこだわりの注文住宅を発注する金額が高くて難しい場合は、ローコストメーカーであるタマホームを検討する人も多いと思います。ただ、タマホームは規格住宅である分、値引きと言う概念はあまりないようです。

今回は、値引き交渉が難しいタマホームの注文住宅を簡単に値引きする方法を紹介していきます。

本記事の結論
過度な注文住宅価格の交渉は、好まれない可能性もあります。また大手であればあるほど、値引き交渉は断られる可能性があるなど、交渉は難しいと感じる方もいるかもしれません。そのため、無理のない値引き交渉は、みんなの優待がオススメです。みんなの優待経由からWebサイト申し込みを行うと、タマホームの注文住宅の建物本体価格がなんと2%も割引特典が受けられます!

注文住宅価格の値引き交渉は可能?

そもそも、注文住宅の値引き交渉は出来るでしょうか?

それはもちろん値引きしてくれたら非常にうれしいですよね。だからと言って、本当に値引き交渉が可能かどうか気になる方も多いと思います。ここでは注文住宅価格の値引き交渉が可能かどうか、説明していきます。

注文住宅の値引き交渉は相見積もりが基本

シンプルに営業担当の人に交渉を持ち掛けるなら、ごくごく基本的な交渉術となりますが、注文住宅を検討する際には相見積もりが基本です。「設備が他社だとこれぐらいだから〜」と自分がどちらにしようか決めかねている点を明かし、妥協点がないのか探ることです。いくつもの展示場を周っている人は、本当に買う人だと営業担当は思いますので、前のめりになってきます。

なお、交渉タイミングは契約直前の本当に、どっちかに決めている状況で行うのが良いでしょう。

契約するかどうかも分からない人に、値引き交渉されても失礼だと感じられてしまうかもしれません。しっかりと、いくらになれば契約をする!といった線引きをしっかり持って交渉しましょう!

タマホームの交渉は難航する気配

タマホームは規格住宅でローコストがウリです。規格住宅は、ある程度の標準仕様が決められているから安くなっています。そのため、競争力がある価格である以上、それ以上の値引き交渉は難しい傾向にあります。

タマホームも同様で値引き交渉は難しくなる傾向があります。それゆえに、タマホームには値引きと言う概念があまりないという認識を持っておいた方がよいです。

タマホームの注文住宅

タマホームは全国エリアで展開しているので、全国の展示場から探すことが可能です。(タマホームの全国展示場

また、タマホームの本社は元々福岡にあった歴史があるので、福岡に展示場が点在しています。また、ハウスメーカーの中では沖縄にも展示場があるので、その営業エリア規模の広さが分かります。

生産体制に無駄がないからローコスト

タマホームの売りとしては規格住宅で、ローコストの割にしっかりした建物と言う所です。そのローコストの体制を支えているのは、生産体制の無駄を切り詰めています。無駄がない業務効率化によって、低価格を実現しています。

アフターサポートが充実

タマホームはアフターサポートも充実していて、引渡し10年間の初期保証や長期優良住宅に認定された建物は、最長60年の保証が可能です。この辺りのアフターサポートの充実は大手ならではと言う所です。

タマホームの注文住宅の値引き価格交渉方法

 

タマホームは規格住宅なので、価格が抑えられる分、他の大手よりも価格面で安い可能性があります。

注文住宅の過度な値引き交渉は行わないようにするのを推奨していますが、では一体無理のない交渉はどうすれば良いでしょうか?ここでは、タマホームの注文住宅価格交渉を無理がない方法を紹介します。

タマホーム注文住宅の値引き方法①:みんなの優待でタマホームの建物本体価格2%値引き可能!

みんなの優待
タマホームの注文住宅価格を値引きしたいのであれば、みんなの優待がおススメです。みんなの優待の登録でタマホームの注文住宅価格の内、建物本体価格を2%OFFにすることができます。

みんなの優待による建物本体価格2%OFFの対象店舗は、タマホーム全国が対象です。
みんなの優待とは
みんなの優待とは、月額490円で会員になれる会員優待割引が受けられるサイトです。どなたでも会員になれます。注文住宅の価格割引だけでなく、旅行やレジャー、グルメなど様々な優待特典が130万件以上あります!
月額490円のサービスで、タマホームの注文住宅の建物本体価格が2%OFFになるなんてお得すぎます!!

みんなの優待でタマホームの建物本体価格を2%OFFにする

タマホームの値引き方法②:担当マンに直接交渉!

ステレオな交渉かもしれませんが、代表的な交渉法は担当してくれている営業に直接交渉することです。予算が決まっているようであれば、金額を伝えて交渉します。ただ、タマホームの場合はあまり値引きの概念がないので、大幅な交渉は難しい可能性があります。タマホームはローコストメーカーの部類に入りますので、交渉は厳しいと考えておくのが正しい認識です。

金額面では下げられないですが、設備のサービスなどで交渉されるケースもあるようです。

規格住宅は、価格が抑えられるメリットがある一方で、値引きの制限も厳しい事情があると考えられます。無理ない範囲で交渉するようにしましょう!

交渉タイミングは契約直前が有効?!

上記でお伝えした、タマホームの注文住宅価格の値引き方法以外で、どうしても金額調整が必要で交渉をプラスしたいのであれば、交渉タイミングは契約直前がおススメです。逆に、具体的な住宅プランや資金計画などが定まっていない中で交渉しても、失礼に当たるので注意しましょう!

あと、ほんの一押しで契約しそうなタイミングだからこそ、最後の値引き交渉ができる可能性はあります!

ただし、過度な交渉は、注文住宅を建てるにあたり、よい結果をもたらさない可能性もあるので気を付けましょう!

注文住宅価格の割引相場は2%〜3%が相場

中には、注文住宅価格の値引き交渉を10%したという猛者もいますが、割引相場は凡そ2%~3%がいいところです。それ以上割引をしてくれる会社もあれば、それ以下の1%の割引額が限度と言う会社もあります。各社そもそもの値段設定がある中で、最初からローコストで価格を出している会社は、そこまでの割引幅を期待しない方がよいでしょう。基本的に大手であればあるほど、割引交渉は難航する傾向にあります。

割引幅で会社を決めるのではなく、トータル金額でどちらの会社が満足できる内容なのかを見比べましょう!

まとめ:タマホームの注文住宅値引き交渉はみんなの優待が楽

価格交渉が苦手であったり、大手の場合だと注文住宅の価格交渉は難航しやすいです。そのため、タマホームの注文住宅値引きはみんなの優待だと交渉が容易です。みんなの優待経由のWeb申し込みで、建物本体価格を2%OFFとすることが可能です!たった一つの優待会員サイトに登録で2%割引になるのはかなりお得です。建物本体価格2000万の場合、2%割引の40万円が、月額たった500円で値引きすることが可能です!

みんなの優待でタマホームの建物本体価格を2%OFFにする

価格交渉前に。その間取りで後悔しませんか?

価格交渉は間取りが決まってから行いますが、ちょっとその前に待ってください!
本当にその間取りで後悔しませんか? 一生物のマイホーム、絶対妥協したくないですよね。 もっと良い間取りを追求してみませんか? もしかしたらあなたが見逃している理想の間取りが見つかるかもしれません!
価格交渉を終える前に、、第三者から間取り提案を受けてみてはどうでしょうか? ここでは第三者によるセカンドオピニオン的な位置付けで、間取り提案を受ける方法を紹介します。
ここでは価格交渉局面を迎える前に、真に住みたい間取りになっているかの最終チェックをするために間取り提案を受ける方法を紹介していくぞい!
不動産のミカタ
価格交渉するなら間取りが決まっていて、価格算出をする材料が揃っていることが必要です。その1つは間取りが決まっていることです。価格交渉局面を迎える前に間取りがこれで大丈夫か最後にチェックをしましょう!

方法①:一級建築士に第三者として間取り診断(提案・相談)をしてもらう

果たしてこの間取りで大丈夫かな? そんな悩みをお持ちなら、思い切って第三者の方にセカンドオピニオン的な立場で一級建築士の人に、間取り提案(診断)を受けてはいかがでしょうか。今の間取りをもとに一級建築士なら相談することも可能ですよ! 「でも・・・一級建築士に頼むの高いでしょ?」と思った方に朗報です。 スキルマーケットのココナラなら、安価に一級建築士の人に間取り相談をしてもらうことが可能です。

ココナラは一級建築士に間取り相談(診断)が購入できるマーケットです

ココナラは、様々な人が持っているスキルを購入するプラットフォームです。ココナラで「間取り」「一級建築士」といったキーワードを検索すれば、対応するスキルを持った人に間取り診断(提案)をしてもらうことができます。 ココナラで一級建築士を探す[/btn]
ココナラで一級建築士を検索する方法 ☆PCの検索方法☆ 検索窓で「一級建築士」を入力して検索!!! ココナラで一級建築士を探す ☆SPの検索方法☆ ①ページ上部の「探す」をクリック ②表示されたメニューの内「サービスを探す」(メニューならなんでもよい)を入力 ③表示された検索ボックスで「一級建築士」を入力して検索!!! ココナラで一級建築士を探す  

方法②:無料で他の会社に間取り提案をもらう


もし間取りで悩んだなら、他の会社に間取り提案をしてもらうのも1つの方法です。この方法だと無料で相談することができます。 間取り図で悩んでいる方、他のハウスメーカーの間取り図も見て検討したい方におススメなのが、大手ハウスメーカーに所属する建築士からの注文住宅における間取り図を無料でもらえてしまうサービスです。 間取り提案を相談するサービスは、「タウンライフ注文住宅相談センター」です。ここに相談すると間取り提案だけでなくお金の相談もすることができます。
不動産のミカタ
今回紹介するタウンライフ注文住宅相談センターの累計利用者数は 32万人! みんな言わないだけで使っているサービスなんです。
タウンライフに間取り無料相談する




ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!