2%割引でお得!タマホームの注文住宅を簡単に値引きする方法!




想いのまま完全オーダーメードこだわりの注文住宅を発注する金額が高くて難しい場合は、ローコストメーカーであるタマホームを検討する人も多いと思います。ただ、タマホームは規格住宅である分、値引きと言う概念はあまりないようです。

今回は、値引き交渉が難しいタマホームの注文住宅を簡単に値引きする方法を紹介していきます。

本記事の結論
過度な注文住宅価格の交渉は、好まれない可能性もあります。また大手であればあるほど、値引き交渉は断られる可能性があるなど、交渉は難しいと感じる方もいるかもしれません。そのため、無理のない値引き交渉は、dエンジョイパスがオススメです。dエンジョイパス経由からWebサイト申し込みを行うと、タマホームの注文住宅の建物本体価格がなんと3%も割引特典が受けられます!

注文住宅価格の値引き交渉は可能?

そもそも、注文住宅の値引き交渉は出来るでしょうか?

それはもちろん値引きしてくれたら非常にうれしいですよね。だからと言って、本当に値引き交渉が可能かどうか気になる方も多いと思います。ここでは注文住宅価格の値引き交渉が可能かどうか、説明していきます。

注文住宅の値引き交渉は相見積もりが基本

シンプルに営業担当の人に交渉を持ち掛けるなら、ごくごく基本的な交渉術となりますが、注文住宅を検討する際には相見積もりが基本です。「設備が他社だとこれぐらいだから〜」と自分がどちらにしようか決めかねている点を明かし、妥協点がないのか探ることです。いくつもの展示場を周っている人は、本当に買う人だと営業担当は思いますので、前のめりになってきます。

なお、交渉タイミングは契約直前の本当に、どっちかに決めている状況で行うのが良いでしょう。

契約するかどうかも分からない人に、値引き交渉されても失礼だと感じられてしまうかもしれません。しっかりと、いくらになれば契約をする!といった線引きをしっかり持って交渉しましょう!

タマホームの交渉は難航する気配

タマホームは規格住宅でローコストがウリです。規格住宅は、ある程度の標準仕様が決められているから安くなっています。そのため、競争力がある価格である以上、それ以上の値引き交渉は難しい傾向にあります。

タマホームも同様で値引き交渉は難しくなる傾向があります。それゆえに、タマホームには値引きと言う概念があまりないという認識を持っておいた方がよいです。

タマホームの注文住宅

タマホームは全国エリアで展開しているので、全国の展示場から探すことが可能です。(タマホームの全国展示場

また、タマホームの本社は元々福岡にあった歴史があるので、福岡に展示場が点在しています。また、ハウスメーカーの中では沖縄にも展示場があるので、その営業エリア規模の広さが分かります。

生産体制に無駄がないからローコスト

タマホームの売りとしては規格住宅で、ローコストの割にしっかりした建物と言う所です。そのローコストの体制を支えているのは、生産体制の無駄を切り詰めています。無駄がない業務効率化によって、低価格を実現しています。

アフターサポートが充実

タマホームはアフターサポートも充実していて、引渡し10年間の初期保証や長期優良住宅に認定された建物は、最長60年の保証が可能です。この辺りのアフターサポートの充実は大手ならではと言う所です。

タマホームの注文住宅の値引き価格交渉方法

 

タマホームは規格住宅なので、価格が抑えられる分、他の大手よりも価格面で安い可能性があります。

注文住宅の過度な値引き交渉は行わないようにするのを推奨していますが、では一体無理のない交渉はどうすれば良いでしょうか?ここでは、住友不動産の注文住宅価格交渉を無理がない方法を紹介します。

 

タマホーム注文住宅の値引き方法①:dエンジョイパスでタマホームの建物本体価格2%値引き可能!

dエンジョイパス
タマホームの注文住宅価格を値引きしたいのであれば、dエンジョイパスがおススメです。dエンジョイパスの登録でタマホームの注文住宅価格の内、建物本体価格を2%OFFにすることができます。

dエンジョイパスによる建物本体価格2%OFFの対象店舗は、住友不動産全国が対象です。
dエンジョイパスとは
dエンジョイパスとは、月額500円で会員になれる会員優待割引が受けられるdocomo運営サイトです。ドコモのケータイでなくても会員になれます。注文住宅の価格割引だけでなく、旅行やレジャー、グルメなど様々な優待特典が5万件以上あります!
月額500円のサービスで、タマホームの注文住宅の建物本体価格が2%OFFになるなんてお得すぎます!!

タマホームの値引き方法②:担当マンに直接交渉!

ステレオな交渉かもしれませんが、代表的な交渉法は担当してくれている営業に直接交渉することです。予算が決まっているようであれば、金額を伝えて交渉します。ただ、タマホームの場合はあまり値引きの概念がないので、大幅な交渉は難しい可能性があります。タマホームはローコストメーカーの部類に入りますので、交渉は厳しいと考えておくのが正しい認識です。

金額面では下げられないですが、設備のサービスなどで交渉されるケースもあるようです。

規格住宅は、価格が抑えられるメリットがある一方で、値引きの制限も厳しい事情があると考えられます。無理ない範囲で交渉するようにしましょう!

交渉タイミングは契約直前が有効?!

上記でお伝えした、タマホームの注文住宅価格の値引き方法以外で、どうしても金額調整が必要で交渉をプラスしたいのであれば、交渉タイミングは契約直前がおススメです。逆に、具体的な住宅プランや資金計画などが定まっていない中で交渉しても、失礼に当たるので注意しましょう!

あと、ほんの一押しで契約しそうなタイミングだからこそ、最後の値引き交渉ができる可能性はあります!

ただし、過度な交渉は、注文住宅を建てるにあたり、よい結果をもたらさない可能性もあるので気を付けましょう!

注文住宅価格の割引相場は2%〜3%が相場

中には、注文住宅価格の値引き交渉を10%したという猛者もいますが、割引相場は凡そ2%~3%がいいところです。それ以上割引をしてくれる会社もあれば、それ以下の1%の割引額が限度と言う会社もあります。各社そもそもの値段設定がある中で、最初からローコストで価格を出している会社は、そこまでの割引幅を期待しない方がよいでしょう。基本的に大手であればあるほど、割引交渉は難航する傾向にあります。

割引幅で会社を決めるのではなく、トータル金額でどちらの会社が満足できる内容なのかを見比べましょう!

まとめ:タマホームの注文住宅値引き交渉はdエンジョイパスが楽

価格交渉が苦手であったり、大手の場合だと注文住宅の価格交渉は難航しやすいです。そのため、タマホームの注文住宅値引きはdエンジョイパスだと交渉が容易です。dエンジョイパス経由のWeb申し込みで、建物本体価格を2%OFFとすることが可能です!たった一つの優待会員サイトに登録で3%割引になるのはかなりお得です。建物本体価格2000万の場合、2%割引の40万円が、月額たった500円で値引きすることが可能です!


ここから先はゼロキューブや注文住宅、建売住宅など家づくりで悩んでいる方向けにわが家が実際に利用して良かったサービスを紹介します

家づくりは初めてだから悩むのは当たり前!その悩みや不安を1人でどうにかしようとするのではなく、素晴らしいサービスを利用して解決する事をお勧めします!



ほとんどの方は、わが家同様に銀行からお金を借りて(ローン)家づくりを行うと思います。そんな住宅購入後の毎月の住宅ローン支払金額と今後の家計とのバランス…考えた事はありますか?

せっかく夢のマイホームを購入しても、購入後に生活が苦しくなり好きな事が出来ない…なんて本末転倒ですよね。

不動産のミカタ
実際に破産債務者となった方が、住宅購入が原因(きっかけ)で破産したと答えた方は全体の何割ぐらいいるかご存知ですか?
住宅王に俺はなる!
えっ!?住宅購入が破産のきっかけに??…う~ん、3%ぐらいかな?
不動産のミカタ
正解は約16%の割合です。
住宅王に俺はなる!
そんな…6人に1人って、想像以上に多い…

銀行から借りられる金額は返せる金額ではないのはご存知ですよね?【自分たちがどのくらいの金額を家づくりに使えるのか、適正金額はいくらか】を正確に把握していますか?

● 我が家の利用例
わが家は住宅購入後も無理のない生活をしたかったので、プロに適切な住宅購入の金額について確認してもらいました!
借りられるお金と返せるお金はまったく異なるという話に目から鱗でした。
また、非常に助かったのが【これからお金が必要になる時期やそれに対する備えをどうすべきか】アドバイスも頂けたこと。今後の見通しが立つなら、住宅購入後も安心ですよね!将来のお金はみんな不安なはず。だったら先に確認した方が、後で後悔する事もなくなります。
住宅王に俺はなる!
住宅購入のきっかけは、家族が増えたといった方も多いのではないでしょうか?家族が増えたという事は今まで以上に支出も増えるという事。住宅購入前に現在の家計についてプロに無料で相談してもらうと購入後の不安も解消されるし、自分たちにとって適切な住宅ローン金額も分かるのでオススメです!


住宅王に俺はなる!
うぅ…なんか背筋が凍るツイッターですね…。でも初めての家づくりで間取りを100%成功させる自信もないし…
不動産のミカタ
そうなんです。誰だって初めての家づくりなので失敗する事もあります。だから家づくりが初めてではない人に相談してみたら
失敗する可能性は非常に少なくなる
と思いませんか?
住宅王に俺はなる!
家づくりが初めてではない人に相談…?

間取図を作るのって、簡単のようで難しいですよね…。わが家ではネットで色々な間取図を見ても実際はどうなんだろう…って悩む事がありました。

また、大手ハウスメーカーの販売する住宅と最後まで迷った事もありました。施工実績が豊富だからこそ出来るアドバイスや、最新の技術を使った大手ハウスメーカーの住宅って、どんな間取り図なんだろうと思いませんか?

間取り図で悩んでいる方、他のハウスメーカーの間取り図も見て検討したい方におススメなのが、大手ハウスメーカーに所属する建築士からの注文住宅における間取り図を無料でもらえてしまうサービスです。

● 我が家の利用例
我が家は実際に希望する間取りの条件を伝えた上で、なぜそのような提案をして頂いたのか【提案頂いた間取り図の背景にある根拠】を聞く事で、実際に住んだ際の利便性を検討する事が出来ました。
自分たちが考えていた以上に、実際に生活した際の利便性から提案された間取りには非常に説得力がありました。この内容で無料というのも嬉しいですよね!
実は、我が家のルーバー扉の中には洗濯機があります!「生活感を出したくない」といった要望を出した際に、とあるハウスメーカーから生活感をなくす収納を含む間取り図を提案されました。間取り図自体は非常に良かったのですが、建築費用に折り合いが付かずゼロキューブでの建築に至った経緯があります。このように自分たちでは想像も出来なかった間取り図を提案してもらえるメリットは非常に大きいのではないでしょうか?
住宅王に俺はなる!
わが家は自分たちの最終的な間取り図に大手ハウスメーカーから提案された一部を取り入れましたよ。逆に最初は反映させようと思っていた間取りの一部をアドバイスをもらった事によって止めたものもありました。後から間取り図は変えられないもの。だからこそ最終的な図面を完成させるまでに多くの間取り図に出会う事が重要だと思いました。
不動産のミカタ
注文住宅に特化したハウスメーカーでなくても問題ない、という方はこちらのサービスをお試しくださいね!

お金・間取り・不明点・・・家づくりで悩んだら!プロに無料で聞いて解決!

2020.01.21


間取り図を無料で作成してくれるサービスを紹介した際にも記載しましたが、初めての家づくりで不安な事や疑問点を残したままにすると、後で後悔する原因になってしまいます。

わが家もゼロキューブ(マリブ)を購入するにあたり、いろいろと不安に思ったり疑問に感じた事がありました。

例えば…軒のない屋根。ゼロキューブは軒がない屋根を採用していますが、軒のない屋根ってネットで調べるとデメリットがこれでもかってぐらい見つける事が出来ます(笑)。では、なぜゼロキューブは軒のない屋根を採用するのか?疑問ですよね?

また、土地購入と建物購入が別々の場合のつなぎ融資。これも無駄なお金(金利)が発生してしまうので出来れば避けたい。

そんな不安におもった事や疑問に思う事を家づくりのプロに無料で相談できるサービスで解決した経験もあります。

● 我が家の利用例
我が家は「つなぎ融資」について無料相談させていただきました。
サービス自体は注文住宅メーカーを無料で紹介してくれるものですが、あらかじめ相談したい内容を記載する事で相談したい内容以外についてはそこまで話をしませんでした。
もちろん、注文住宅メーカーや土地探しに強い不動産企業を紹介してもらうのも1つの方法です。後から料金なども請求される事がないので、利用しないのは非常にもったいない!
分からない事は聞いてしまうのが一番早い事を忘れずに!
住宅王に俺はなる!
疑問点や不明点は後で後悔してしまう原因の1つ。分からない事やハウスメーカー以外にも第三者の立場としてアドバイスをもらえるのは嬉しいですよね?是非、皆さんも利用してみてはいかがでしょうか?

疑問点や不安に思う事を無料で相談できたり、家計から適切な住宅購入価格を教えてもらえるだけでなく、大手ハウスメーカーの建築士による間取り図まですべて無料で対応してもらえるサービスの詳細はこちらの記事にまとめています。

少しのアクション(行動)で取り返しのつかない失敗を避ける事が出来る、しかも無料でとなれば問い合わせをしない理由はありませんよね?

不動産のミカタ
今回紹介するタウンライフ注文住宅相談センターの累計利用者数は
32万人!
みんな言わないだけで使っているサービスなんです。
住宅王に俺はなる!
もしかしたら、知らなかったのは自分だけ…って事もありますね…。

お金・間取り・不明点・・・家づくりで悩んだら!プロに無料で聞いて解決!

2020.01.21

家づくりで失敗したくない!と思う方は、是非一度詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

ハウスメーカー注文住宅の値引き関連記事




ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!