デザイン(平面/壁面/フラット)アンテナのメリット・デメリット、設置に掛かる費用は?

新築戸建てを建築中の方が、意外と悩むのがテレビアンテナの種類です。

そんなテレビアンテナの種類で気になるのが「デザインアンテナ」です。平面アンテナや壁面アンテナ・フラットアンテナとも呼ばれるこのテレビアンテナについて

設置後のメリット・デメリット、また価格の相場などデザインアンテナにまつわる様々な話をご紹介します!

テレビアンテナをどの種類にするか?と決定するのは、実は建築中に行う事が多いんです。実際、我が家もデザイン(平面/壁面/フラット)アンテナを検討しました。その理由なども皆さんが「オラ、ワクワクすっぞ!」と思えるよう様々な観点から検討した内容をお伝えしますよ!
マンション・新築戸建購入者向け
アンケートに答えるだけで5,000円!
新築マンション・新築一戸建て購入者が対象、応募締め切り間近なので急げ!

デザインアンテナとは


デザインアンテナとはテレビアンテナの種類の1つで屋根ではなく住宅の壁面に取り付けるタイプを主に呼ぶ事が多いです。

通常のテレビアンテナは屋根の上に設置するタイプですが、デザインアンテナは住宅の側面でテレビ受信を行う仕組みとなっています。

ふむふむ…住宅の側面に取り付けるので「壁面アンテナ」、そのアンテナの形から「平面アンテナ」や「フラットアンテナ」と呼ばれるんですね!

デザイン(平面/壁面/フラット)アンテナの費用は?

今までの戸建て住宅の屋根に設置されているテレビアンテナに比べて格段にデザインが良いデザインアンテナですが価格はどうなんでしょうか?

アンテナ取り付け時に発生する、アンテナ自身の価格と取り付け費用についてまとめてみました。

実際に設置する際の価格が分からなければ具体的に検討ができないですよね。まずは価格を調べてみましたのでその内容をお伝えします。

デザイン(平面/壁面/フラット)本体価格の相場は?


実はデザイン(平面/壁面/フラット)アンテナ自体の金額は思ったほど高くないというのが現状です。

アマゾンでは10,000円以下で販売されているケースがほとんどです。

デザイン(平面/壁面/フラット)アンテナの取り付け費用について

取付費用は施工する業者さんで大きく分かれるところなので、一概にいくらという形でお伝えするのが難しいところです。

デザインアンテナ自体は屋根の上に設置する訳ではないので、ベランダから施工する事が多いようです。その分、工賃が安くなる傾向があるようです。

ただ、注意しなければいけない点としてデザインアンテナの受信方向を必ず電波状況が良い方面に向けるという事です。

実際にデザインアンテナは屋根の上に設置するタイプに比べてテレビ電波の受信が弱い傾向にあるので、きちんと電波が届く位置に設置しないと電波を受信できません。

屋根の上に設置する必要がない分、業者以外の人間でも設置が出来そうですが…電波状況などもきちんと把握する必要がある点に注意してください。

デザイン(平面/壁面/フラット)アンテナのメリット

デザイン(平面・壁面・フラット)アンテナを設置するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

実際にこれから設置しようとする方にとっては気になるところですよね?

メリットとデメリットは紙一重とはいいますが、やはりメリットは多い方が良いですよね!

デザイン(平面/壁面/フラット)アンテナのメリット①

メリット① デザイン性が高い

デザイン(平面/壁面/フラット)アンテナは非常に薄く、またお住まいの外壁に合わせた色なども選べるので、非常にデザイン性が高いのが特徴です。

外壁に合わせてアンテナの色を選べるなんて!世の中、本当に変わりましたね…

デザイン(平面/壁面/フラット)アンテナのメリット②

メリット① 屋根に設置しないことによる保守性が高い

屋根の上に設置するアンテナは雨や風の影響をダイレクトに受けやすいですが、

壁面等に設置する(種類によっては室内での設置も可能)デザインアンテナは、保守性が高く破損したとしても屋根に登る必要がないため

修復時の費用も安い傾向があるそうです。

家の中に設置するタイプであれば、工賃が要らないですよね。そうすると本体の価格だけで済むので非常にコストが安くテレビアンテナを設置する事が出来る事になります。

デザイン(平面/壁面/フラット)アンテナのデメリット

外壁の色に合わせる事ができ、かつデザイン性や保守性が高いデザインアンテナ。

もう良い事づくめなテレビアンテナですが、ふと考えると世の中すべてのテレビアンテナはデザイン(平面/壁面/フラット)アンテナではありませんよね。

今度はデザインアンテナのデメリットについて記載してみます。

デザイン(平面/壁面/フラット)アンテナのデメリット①

テレビ電波の受信が弱いケースがある

いきなり致命的なデメリット項目が…。そうなんです、デザイン(平面/壁面/フラット)アンテナは電波を受信できないケースがあるんです。

デザインアンテナ設置を考えている住居が電波が弱い地域の場合、屋根の上に設置しないデザインアンテナはどうしても電波を受信出来ない事があるので注意が必要です。


デザイン(平面/壁面/フラット)アンテナのまとめ

デザインアンテナについて、価格からメリット・デメリットまでと紹介してきましたがいかがでしょうか。

実際にデザインアンテナのデザイン性や保守性には大きな魅力があるのですが、いかんせん電波を受信できないとどうしようもないというのが実際の問題としてありそうですね。

でも、ちょっと待ってください。テレビアンテナも良いけれど…もう一つ重要な事を忘れていませんか?

そうです、インターネット回線はどうするかもうお決まりですか?テレビアンテナとインターネット回線…どのサービスの組み合わせが良いかまとめましたので、こちらも是非参考にしてみてくださいね!

テレビアンテナ・ケーブルテレビ・光テレビ…最も安いサービスを無料で紹介してくれるサービスは知ってる?

2018.05.09

オリコン顧客満足度が1位!不動産売却ならノムコム

ノムコムなら2018年オリコン顧客満足度調査(不動産売却仲介のマンション・戸建て)で1位を獲得!




【野村の仲介+(プラス)】不動産売却ノムコムの口コミや評判

2017.12.28

ABOUTこの記事をかいた人

住宅王に俺はなる!

つい最近一戸建てを購入。家を購入してからの口癖が、某有名海賊マンガを意識して「住宅王に俺はなるっ!」。家を建てるという事は、大海原に冒険に出るようなもの。その冒険にはいろいろと準備が必要ですよね?そのやり方を実際の経験を生かしてお伝えします。「オラ、ワクワクすっぞ~!」 あれっ!?それはまた別のキャラクターでは…