頭金(自己資金)ゼロで住宅ローンを借りるメリット・デメリットについて




昨今の住宅ローン低金利を受けて、頭金を使わずにあえてフルローンで住宅ローン審査を申し込む人も増えていると言います。

だからと言って、頭金なしで住宅価格の借り入れ額を行うのを不安に思う人も多いはずです。

今回は住宅ローンの頭金を支払わずにフルローンで住宅ローンを申し込む場合のメリットとデメリットを紹介していきます。

頭金ゼロのフルローンとは

住宅ローンの場合でいう頭金ゼロとは、購入住宅価格の全額を全て住宅ローンを借り入れてしまうということです。

昨今は低金利でのため、いざという時にために預貯金などを手元に残しておきたい願望の人も多く、頭金ゼロで金融機関の審査を行い、住宅ローンをフルローンで借り入れる人も多いです。

自己資金があって頭金を支払える人でも、低金利だから借入額を多くする!ということがあるようです!

頭金ゼロでローンを借りるメリット

頭金ゼロで借りる場合には、借金の金額が多いことになります。そのため頭金ゼロでフルローンを選択する人が恩恵を受けられるメリットを説明していきます。

どうして、借金が増えるのに、メリットがあるのでしょうか!?

メリット1:住宅ローン控除の最大限生かすことができる

住宅価格や諸費用によって異なりますが、住宅ローンの控除を最大限受けるために、あえてフルローンで行う人がいます。

住宅ローン控除のポイント
  • 住宅ローン残高の1%を所得税から控除
  • 所得税で控除しきれない分は住民税から一部控除
住宅ローン控除は、その控除を受けるための適用要件があります。どういった適用要件かは国土交通省の「住宅ローン減税」から確認しましょう!

この住宅ローン控除を受けるポイントの「住宅ローン残高」があります。つまり、住宅ローン残高がないと、控除が受けられないので控除を最大限にするために借入額を多くする人もいます。

住宅ローン控除の金額は新築で最大400万円であり、その住宅ローン控除を最大限受けるために、住宅ローンの借入額を目一杯にする言う選択肢があります。

メリット2:手元に預貯金など資金を残せる

これは、元々住宅ローンに使える頭金があって、預貯金等がある人に限ります。

頭金に充てる費用があるにかかわらず、住宅ローンを頭金ゼロで借り入れると手元の預貯金などは手元に残ることになります。いざという時のために、預貯金を残しておきたいと考える人も多いはずです。そういった人には、フルローンの方が手元に資金を残すことができます。

いざという時の突発的な出費を考えると多少の預貯金がある方が良いですね!

メリット3:三大疾病など団信適用による住宅ローン返済免除はメリット

これは狙ってできるものではありません。

住宅ローン申込み時に三大疾病保障付き団信の保険を申し込んでいる場合は、死亡時や三大疾病にかかると住宅ローンの残額を返済免除してくれるメリットが受けられます。

この場合は、住宅ローンの残額を免除してくれるため住宅ローン借入額が多ければ多いほど、保険の恩恵を受けられることができます。

三大疾病とは
三大疾病とは、「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」の病気です。

つまり住宅ローンの返済免除は、その当時頭金の支払いを少なくすることで、保険返済額が多くなります。

頭金ゼロでローンを借りるデメリット

頭金ゼロで住宅ローンを借りることができてしまうのであればラッキー!と思う人もいるかもしれませんが、これはやはり借金であるため一概に良いことばかりではありません。

大事なのはフルローンのデメリットを把握することです!

デメリット1:銀行の適用金利が上がる

銀行は、頭金の有無もしくは頭金の多寡によって、ローン審査結果や融資金利が変わることがあります。

ある金融機関では、頭金ゼロの場合だとそもそものローン審査が不可となることもあります。また、頭金ゼロの場合だと融資金利が上がってしまう可能性もあります。

金融機関で異なりますが頭金の割合によって、割合多い方が最優遇金利を受けられる可能性が高いため、頭金を支払ったほうがいいことが多いです。

デメリット2:銀行の審査を断られるケースも

やはり銀行の審査は、頭金をどれぐらい支払えるかで銀行の審査結果が異なります。最悪の場合、銀行の審査を断られてしまうこともあり、自分のお願いしたい銀行から住宅ローンを借りることができなくなってしまうこともあります。

重要なのは融資金利を最優遇にすること

もし、頭金がゼロの選択肢しかないのであれば、それを選ぶことしか出来ません。

ただ、頭金を捻出することができる家庭の場合は「なるべく頭金を用意して、融資金利が再優遇金利」となるようにしましょう!住宅ローンの返済は35年など長きにわたって続きますので、金利の高い低いは重要なポイントです。

頭金ゼロで金融機関の審査承認を得ることができますが、そこにはメリットとデメリットが存在します。しっかりその特性を理解した上で頭金を決めるようにしましょう!

頭金で金利優遇の住宅ローン

新生銀行は自己資金10%以上で金利優遇
新生銀行の住宅ローンは「自己資金10%以上」で借入金利を年0.05%で優遇してくれます!オリコン顧客満足度ランキング:手数料・保証料部門1位の新生銀行住宅ローン

ちなみに頭金なしの場合、諸費用はどうする?

頭金なしとありで金利が優遇される場合とそうでない場合を説明してきましたが、頭金だけでなくマイホーム購入に関わる諸費用の用意はどうでしょうか?

諸費用とは、不動産購入に関わる費用を指し、融資事務手数料や火災保険、地震保険、土地家屋調査士や登録免許税、不動産会社への仲介手数料などが該当します。

マイホーム購入に関わる諸費用は、数十万から数百万になることもあり、バカにすることはできない金額の大きさです。そのため、頭金ばかりだと思わぬ金額に驚くかもしれません。諸費用の捻出が難しくても問題ありません。

なぜなら、最近ではマイホーム購入に関わる諸費用も含めて住宅ローンで借りることができるからです。

住宅ローンの借り換えで手数料や諸費用組み込みで借りる方法

2018.07.15

「auじぶん銀行」の諸費用込みで借りられる住宅ローンも忘れずに!

頭金なしのフルローンで借りる場合に気にしたいのが、そのほかの諸費用をどうするのかです。頭金なしで諸費用が払える野田であれば問題ありませんが、諸費用を捻出するのが難しい方もいるのではないでしょうか?そんな方にオススメなのが、諸費用も含めて住宅ローンで借りることができる「auじぶん銀行」です!!なぜなら「auじぶん銀行」は住宅ローン金利が低金利でありながら諸費用も込みで住宅ローンを借りることが可能だからです。ネット銀行ならではの魅力的な住宅ローン商品です。

auじぶん銀行の住宅ローン金利
変動金利 10年固定金利

当初期間引下げプラン0.41%

※2020年7月時点

当初期間引下げプラン0.550%

※2020年7月時点

変動金利も安いですが、auじぶん銀行の10年固定金利は一番安いです!
2020年6月時点の金利です。
auじぶん銀行の住宅ローンで諸費用に含められるもの

印紙税、登録免許税、司法書士、土地家屋調査士の手数料、火災保険、地震保険料、仲介手数料、引っ越し費用などがauじぶん銀行の住宅ローンの中に諸費用として含めることができます!

auじぶん銀行は価格コムの調査ランキングで人気第一位を獲得したこともありますよ!




あなたに最適な低金利住宅ローン探し

最新No.1金利 オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」


  • 最新版 No.1金利にて借り入れ
  • No.1金利がダメでも 次にベストなプランを提案
  • 人工知能(AI)を活用 35年間No.1金利をキープ


一括住宅ローンの審査申込「住宅ローン本舗」


  • 約80の銀行の中から最大6銀行に一括仮審査申し込で手間いらず
  • 金利・事務手数料・保障内容・総支払額で比較できる
  • 地元の銀行情報も掲載



ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!