節約家必見!みずほ不動産販売の仲介手数料割引は可能か?!

みずほ不動産販売では、中古マンション・一戸建て・土地・投資用・事業用などの仲介取引が可能です。みずほフィナンシャル・グループの全国規模で対応する不動産仲介会社です。今回はみずほ不動産販売の仲介手数料を値引きする方法を紹介していきます。

本記事の結論

残念ながらみずほ不動産販売の仲介手数料を割引する方法はありませんでした。そのため、仲介手数料は上限から、みずほ不動産販売が規定した仲介手数料を支払う必要があります。もし、仲介手数料を安くしたいなら、dエンジョイパスで仲介手数料が割引になる会社を探すか、仲介手数料が無料を謳っている下記の不動産会社に相談する必要があります。

仲介手数料とは

仲介手数料は不動産売買が取引成立したら支払うものです。そして、第一に抑えておくべきなのが、仲介手数料は不動産会社に支払う手数料です。物件探しや購入者探し、そして契約手続きに関わる様々な仕事をしてくれる不動産会社に支払うものだと認識しましょう!そして、それは不動産会社の売り上げになるので、原資となるものです。

じゃあ仲介手数料はいくらなの?といざ支払う時に認識するのでは資金計画が甘い証拠です。そうならないように、仲介手数料の金額を知っておきましょう!

仲介手数料の上限
(物件の取引価格×3%+6万)+消費税
驚きですが、5,000万円で不動産取引する場合は、約168万円もかかります!
売却して、次の家を購入する場合は2回仲介手数料がかかるケースもあるので、5000万年の物件だと約330万もかかることになります!
仲介手数料の割引ができない物件や不動産会社もあります。最初から仲介手数料を割引にしたい場合は、仲介手数料無料の不動産会社に最初から依頼がおススメ!!

売却向け業者紹介あり!仲介手数料無料のデメリットとメリットを徹底解説!

2018.04.21

みずほ不動産販売の仲介手数料はいくらか

みずほ不動産販売は居住用から投資用など様々な不動産仲介を行うことができます。そして、不動産仲介取引が成立したら仲介手数料の支払いが発生することになりますが、一体いくらになるのでしょうか。

通常、不動産会社が仲介手数料をいくらで請求することになるかというと、基本は上限いっぱいに請求されることが一般的です。

仲介手数料は、「売買取引価格×3%+6万+消費税」となっています。
ざっくり3,000万の物件なら約100万の仲介手数料がかかります。

みずほ不動産販売の場合でも同様で、「仲介手数料の上限金額」がMAXとして費用がかかることになるでしょう!

特別な事情が無い限りは、仲介手数料の上限金額が請求されると思った方が良いですよ!

みずほ不動産販売の仲介手数料の値引き方法

仲介手数料は高額なので、少しでも安くしたいと思う人は多いはずですが、多くは上限の仲介手数料を請求されることが多いです。そういった方のためにみずほ不動産販売の仲介手数料を値引きする方法を紹介します。

みずほ不動産販売の仲介手数料割引は見つかりませんでした。

みずほ不動産販売で仲介手数料を割引する方法は残念ながら調べた限りは見つかりませんでした。

何かしらのキャンペーンで仲介手数料割引になるかもしれませんが、現状ではわかりません。

もし、仲介手数料割引をしてくれる不動産会社を探しているなら、dエンジョイパスがおすすめです。dエンジョイパスに掲載されている不動産会社に申込むことで、仲介手数料割引など、様々な特典サービスが利用できますが、初回31日間お試しで無料利用ができます。

dエンジョイパスの不動産会社なら仲介手数料20%割引も

dエンジョイパスに掲載されている不動産会社なら仲介手数料20%割引が受けられます。仲介手数料の10%割引特典を受けると、仲介手数料150万円なら15万円の節約が可能です!

仲介手数料の交渉はいつ行うのか

残念ながらみずほ不動産販売の仲介手数料割引方法が見つからないかったので、仲介手数料を値引きするためには交渉が必要となります。

そして、仲介手数料は金額が多いだけに、交渉をいつ行えば良いのか?ということを不安に思う人もいるかもしれません。

では、いつがいいかというと特別有利なタイミングはありませんが、売却時の場合には事前に相談をしても良いかもしれません。

一方、購入物件を探す場合の仲介手数料は、住む物件が決まっていない状態で交渉をするのは不毛なので、物件が定まった時に相談をしてみるのがいいでしょう。

売買の仲介手数料を交渉で値切るタイミングはいつが効果的?そのテクニックとは?

2019.04.15

理由なき仲介手数料の交渉はモチベーションを下げる場合も

仲介手数料を頂くことは不動産会社にとって、大事な売上ですし、個人の担当者にとっても同様です。

そのため、特に理由がないのに仲介手数料の交渉をするとその後の活動のモチベーションが下がってしまうこともあるかもしれないのは、念頭に置いた上で交渉をする方がいいと思います。

ただ、通常の売買取引とは違って、特別に手間がかからないような取引の場合には、交渉してみても良いかもしれません。

購入物件がすでに決まっていて他の案内をしなくて良い状態で問い合わせ状態で、大和住販で契約を行ったことにより、一般の取引より手間が著しくかかっていない時など。

売却向け業者紹介あり!仲介手数料無料のデメリットとメリットを徹底解説!

2018.04.21

キャンペーンいらずで売買仲介手数料無料の不動産会社を紹介!!

2019.02.07

まとめ

みずほ不動産販売の仲介で仲介手数料を割引にしたい場合は、dエンジョイパスで仲介手数料が割引になる会社を探す方法がおススメです。もし、それ以上の仲介手数料値引きが必要なのであれば、仲介手数料無料の不動産会社に最初からお願いをするのがオススメです。

仲介手数料無料の関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

不動産のミカタ

元不動産会社の営業をやっていました。実情を知っているので、みなさんの不動産を活用する術をたくさん紹介したいです。不動産を売却するには会社に任せるだけではなく、あなたの知識を増やすことが必須です。是非不動産売却に役立つ知識や知恵を刮目してください!